この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

POINT:
・『暗殺の森』(1970)は、イタリアの作家・アルベルト・モラヴィアの小説「孤独な青年」をベルナルド・ベルトルッチが脚本・監督を務めた作品。
・ときは1945年5月。少年時代に抱える恐怖の記憶からファシズムに傾倒するマルチェロのすがたを描く。
・『暗殺の森』に出演しているドミニク・サンダは本作によって知られることになる。美しくて、ファッションも素敵!
・関連作: 『灰とダイヤモンド』(1957) 『暗殺のオペラ』(1970)『悪魔』(1972) 『イノセント』(1975) 『ノスタルジア』(1983)『輝ける青春』(2003)

映画『暗殺の森』

~あらすじ~
1930年代後半のローマ。機能不全に陥った中流家庭で育ち、少年期に異常な出来事を体験した青年マルチェロは、「正常」な人生を送ること、すなわちファシズムへの同化を希求するようになっていた。彼は秘密警察の一員として、現在パリで亡命生活を送っているクアドリ教授の動向を探る役割を自ら、買って出る。クアドリはマルチェロの大学時代の恩師で、反ファシズム運動の精神的支柱の一人でもあった。マルチェロは結婚したばかりの娘ジュリアを伴い、パリへと赴くが……。

出典:Amazon

 

 

\映画『暗殺の森』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『暗殺の森』予告動画

『暗殺の森 デジタル・リマスター版』映画オリジナル予告編

映画『暗殺の森』配信状況

映画『暗殺の森』配信状況

映画『暗殺の森』は、動画配信サービスでは配信されていません。(2022年4月7日時点)

 

宅配レンタルで映画『暗殺の森』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
× 500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
× 1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT × 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年4月7日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『暗殺の森』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『暗殺の森』監督・キャスト、原作紹介

映画『暗殺の森』基本情報

 

本作(タイトル) 暗殺の森/Il conformista(The conformist)
公開年 1970年
上映時間/再生時間 1時間55分
監督 ベルナルド・ベルトルッチ
キャスト マルチェロ・・・ジャン=ルイ・トランティニャン
アンナ・・・ドミニク・サンダ
シセュリア・・・ステファニア・サンドレッリ
リノ・・・ピエール・クレマンティ
マンガニェーロ・・・ガストーネ・モスキン
音楽
ジョルジュ・ドルリュー
主な受賞歴
制作会社/配給元 マース・フィルム、Marianne Productions、Maran Film/パラマウント・フィルムズ、 CIC、パラマウント映画

映画『暗殺の森』原作紹介

原作:『孤独な青年』 アルベルト・モラヴィア

映画『暗殺の森』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『灰とダイヤモンド』(1957)

~あらすじ~
1945年5月。
ドイツ軍降伏後のポーランドが、ソ連の支援する労働党に統治されるのを、ロンドン亡命政府は阻止しようとしていた。
ロンドンの指令を受けた青年マチェクは、地区委員長暗殺を実行するが、誤って別人を殺害してしまう…。

出典:Amazon

監督:アンジェイ・ワイダ
出演:ズビグニエフ・チブルスキー、エヴァ・クジジェフスカ、バクラフ・サストルジンスキー

 

『暗殺のオペラ』(1970)

~あらすじ~
1960年代半ばの夏、青年アトス・マニャーニは北イタリアのタラという小さな町を訪れる。
彼は同地で1936年にムッソリーニを暗殺しようとしてファシストに殺され、その後町の英雄として崇められた男の息子であった。
父の死の真相を知るために、彼は町の人たちを尋ね歩くのだが……。

出典:Amazon

監督:ベルナルド・ベルトルッチ
出演:ジュリオ・ブロージ、アリダ・ヴァリ

 

『悪魔』(1972)

~あらすじ~
動乱の19世紀ポーランド。精神病院に入れられていた若者が、“悪魔”の手助けによって脱走する。悪魔にそそのかされた若者は家族をはじめとした人々に凶刃を振るっていく―。

出典:Amazon

監督:アンジェイ・ズラウスキー
出演:ヴォイチェフ・プショニャック、レシェック・テレシンスキ、イガ・マイエル、マウゴジャータ・ブラウネック

『イノセント』(1975)

~解説・あらすじ~
ダヌンツィオの原作を仰ぎ、ヴィスコンティが幼少期に映画的洗礼を授かった、イタリア・サイレント期のロマン主義的傾向の恋愛劇へのオマージュとしての、典雅にして不気味な貴族の愛憎物語。未亡人の愛人にうつつを抜かし、盲目的な愛国主義に溺れる嫉妬深い男。失われゆく19世紀の栄華、そして新しい世紀への不安は彼を、その不実に悩み苦しみ抜いたL・アントネッリが密通し出来た赤児を殺すという狂気へ駆り立てる。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ、ジェニファー・オニール、ディディエ・オードパン、マルク・ポレル

『ノスタルジア』(1983)

~あらすじ~
ロシアの詩人アンドレイは、通訳のエウジェニアを連れてモスクワからイタリア・トスカーナ地方の田園にやって来る。2人は18世紀のロシアの音楽家パヴェル・サスノフスキーの足跡を追って旅を続けてきた。だが、アンドレイが不治の病に冒されたことで、その旅も終わりを告げようとしている。ある朝、アンドレイは周囲から狂人扱いされているドメニコという男と出会った。やがてドメニコはアンドレイに“ロウソクの火を消さずに広場を渡る”という、自分が成し得なかった願いを託す。それが“世界の救済”に結びつくと言うのだが…。

出典:Yahoo!映画

監督:アンドレイ・タルコフスキー
出演:オレーグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン、ドミツィアナ・ジョルダーノ

・第36回カンヌ国際映画祭(1983年)監督賞

 

『輝ける青春』(2003)

~あらすじ~
イタリアのある家族が辿る喜びと哀しみの37年間を、イタリア社会の歩みに重ねて描くドラマの後編。ローマに住むある兄弟が、フィレンツェの大洪水やトリノの学生運動、「赤い旅団」テロ事件を体験しながら、激動の時代を生き抜いていく姿を描く。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演:ルイジ・ロ・カーショ、アレッシオ・ボーニ、アドリアーナ・アスティ、マヤ・サンサ

・カンヌ国際映画祭ある視点部門 グランプリ
・ダヴィッド・デイ・ドナテッロ賞(=イタリア・アカデミー賞)(2004年) 最優秀作品賞ほか6部門受賞
・ロッテルダム国際映画祭(2004年) 観客賞
・シアトル国際映画祭(2004年) 監督賞

映画『暗殺の森』口コミ(見どころ・感想)

映画『暗殺の森』口コミ(見どころ・感想)

演出手腕に思わず「脱帽!」

~見どころ~
『暗殺の森』は1970年に公開された政治劇映画であり、監督はベルナルト・ベルトリッチで、ベルトリッチによる脚本はアルベルト・モラヴィアが1951年に発表した同名の諸説に基づいています。

映画の全編を貫くのはベルトリッチのスタイリッシュな美学。イタリア現代美術の洗練された様式美を連想させるエッジの利いた切れ味のある映像が構築されています。

また、監督は原作の持ち味も十分に咀嚼していて、モラヴィアの気怠いアンニュイな作品世界がベルトリッチの映像美に美学に巧みに翻訳されているところが本作の隠れた見どころにもなっています。

ハリウッドの映画資本を交えていないところが、この作品が純粋な様式美に彩られている根本的な原因かもしれません。伊・仏・西独の合作映画なのです。

~感想~
ベルトリッチの監督としての演出手腕に思わず「脱帽!」というのが、映画を観ての第一の感想です。

豊かで、詩的で、バロック的でもあるのはベルトリッチの映像様式です。

映画のキャスティングは完璧であり、若きマルチェロに演奏を捧げる不道徳な若者を演じるピエール・クレメンティにもそれは当てはまると思いました。

ベルトリッチにとっては本作が最初の大衆向けの商業映画であったせいか、知性的な中産上流階級向けの洗練された映像美を鼻につくまで堪能することができるとのだとも思います。

細密の味わいを求めるファンに対して、この映画の贅を凝らした細部の作り込みは大いなる感動をもたらしてくれるに相違ありません。

原作者モラヴィアの筋書きが少しばかり変更されているのも粋な味わいで、純粋に心理学的な意味合いで、マルチェロの物語はフロイトの典型的な症例研究へと変貌しているのです。

その意味でベルトリッチらしい知的な操作だといえます。

映画『暗殺の森』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 7.06 7.9 4.0 3.9
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年4月7日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『暗殺の森』動画が見れるサイトは?

 

\映画『暗殺の森』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事