この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

POINT:
・『ロバと王女』(1970)は、フランスのミュージカル映画。「ペロー童話集」で知られるシャルル・ペローの童話『ロバの皮』が原作。
・ミュージカル映画『シェルブールの雨傘』(1963)で知られるカトリーヌ・ドヌーヴが出演している。
・『ロバと王女』はジャック・ドゥミ監督の最大のヒット作となった。
・カトリーヌ・ドヌーヴ主な出演映画: 『シェルブールの雨傘』(1964) 『ロシュフォールの恋人たち』(1967) 『終電車』(1980) 『インドシナ』(1992) 『ヴァンドーム広場』(1998) 『8人の女たち』(2002)

映画『ロバと王女』

~あらすじ~
宝石を生むロバのおかげで大変裕福な王がおりました。しかしお妃が「私より美しい女性と再婚して」と遺言を残し亡くなってしまいました。お妃より美しい女性はこの世にただ一人、王女だけ。王さまは王女に結婚を申し込みます。困った王女はロバの皮に身を隠し、姿を消してしまいます。家畜の世話係として暮らし始める王女。招待を知らずに、王女に一目惚れする王子。幸せをつかむために王女が考えた、恋の魔法とは…!?

出典:Amazon

\カトリーヌ・ドヌーヴの映画『ロバと王女』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ロバと王女』予告動画

Peau d'âne de Jacques Demy bande annonce

映画『ロバと王女』配信状況

映画『ロバと王女』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ロバと王女』が見ることができます。

・Hulu
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ロバと王女』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

・dTV

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
×2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
-1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年10月21日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\カトリーヌ・ドヌーヴの映画『ロバと王女』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ロバと王女』監督・キャスト、原作紹介

映画『ロバと王女』基本情報

 

本作(タイトル)ロバと王女/PEAU D'ANE
公開年1971年
上映時間/再生時間1時間30分
監督ジャック・ドゥミ
キャスト赤の国の王子・・・ジャック・ペラン
青の国の王・・・ジャン・マレー
青の国の王妃/王女・・・カトリーヌ・ドヌーヴ
赤の国の王妃・・・ミシュリーヌ・プレール
リラの妖精・・・デルフィーヌ・セイリグ
音楽/主題歌
ミシェル・ルグラン
主な受賞歴
制作会社/配給元パルク・フィルム、マリアンヌ・プロダクションズ/CIC

映画『ロバと王女』原作紹介

原作:童話『ロバの皮』 シャルル・ペロー

映画『ロバと王女』関連作品 ~カトリーヌ・ドヌーヴ出演の映画~

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『シェルブールの雨傘』(1964)

監督:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、マルク・ミシェル、アンヌ・ヴェルノン、エレン・ファルナー

・第17回カンヌ国際映画祭(1964年)パルム・ドール

『シェルブールの雨傘』(1964)はこちらから

『ロシュフォールの恋人たち』(1967)

~あらすじ~
軍港の町ロシュフォールにめぐってきたお祭りの季節。旅芸人のエチエンヌとビルのコンビが到着しショウの準備を始めた。美しい双子の姉妹ソランジュとデルフィーヌも、新しい恋の予感を感じ思わず歌い出す。町に駐屯している水兵マクサンス、彼が訪ねたカフェのマダムで姉妹の母であるイヴォンヌ、彼女のかつての恋人手シモン・ダム、その友達の著名な作曲家アンディ。
町中が沸き立つ週末の3日間に、彼等の出会いが交錯しては新たな恋が生まれ、かつての恋が再燃する―。

出典:Amazon

監督:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック、ジーン・ケリー、ジョージ・チャキリス、ジャック・ぺラン

姉フランソワーズ・ドルレアックとの共演作になります。

 

『終電車』(1980)

~あらすじ~
1942年、ナチス占領下のパリ。
モンマルトル劇場の支配人兼演出家のルカは、ユダヤ人であるがゆえに地下に身を隠していた。
妻で女優のマリオンは、地下の夫の指示を受けて劇場を切り盛りしていたが、次第に新人俳優のベルナールに心魅かれて行く…。

出典:Amazon

監督:フランソワ・トリュフォー
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、ジャン・ポワレ、ハインツ・ベンネント、アンドレア・フェレオール

・第6回セザール賞(1981年)作品賞

 

『インドシナ』(1992)

~あらすじ~
旧仏領インドシナの大地主の跡継ぎとして生まれた女性が、養女に迎えた現地人の娘を育てながら、恋に生き、独立運動の荒波にもまれて全てを失うまでを、娘の激動の人生にもじっくり焦点を当てながらダイナミックに描く。

出典:Yahoo!映画

監督:レジス・ヴァルニエ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ヴァンサン・ペレーズ、リン・ダン・ファン、ドミニク・ブラン、アンジェイ・セヴェリン

・第65回アカデミー賞(1993年)国際長編映画賞(外国語映画賞)
・第50回ゴールデングローブ賞(1993年)外国語映画賞

『ヴァンドーム広場』(1998)

~あらすじ~
パリ、ヴァンドーム広場。かつて腕利き宝石ディーラーだったマリアンヌは、愛した男バティステリに裏切られ、一時はアルコール依存症になっていた。ある日、高級宝石店を営む夫が、最高級のダイヤを残したまま事故死する。宝石ディーラーに復職した彼女は、自分でダイヤをさばこうとするが、それは盗まれたものであった。事件の背後には、昔、彼女を裏切ったあの男がいた……。

出典:Yahoo!映画

監督・脚本: ニコール・ガルシア
出演: カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・セニエ、ジャン=ピエール・バクリ、ジャック・デュトロン

・55回ヴェネチア国際映画祭(1998年)ヴォルピ杯 (最優秀女優賞)

『8人の女たち』(2002)

~あらすじ~
1950年代のフランス。クリスマスを祝うため、雪に閉ざされた大邸宅に家族が集うこととなった。ちょうどその日の朝、メイドのルイーズが、一家の主マルセルの部屋へ朝食を持っていくと、彼はナイフで背中を刺され死んでいた。外から何者かが侵入した形跡はない。電話線は切られ、雪で外部との連絡を完全に絶たれた8人の女たち。祝祭気分は一転、彼女たちは疑心暗鬼を募らせていく。やがて、互いの詮索が始まる。そして、次々と彼女たち一人ひとりの思惑や秘密が暴露されていく…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:フランソワ・オゾン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、イザベル・ユペール、ファニー・アルダン、ダニエル・ダリュー

第52回ベルリン国際映画祭(2002年)銀熊賞(芸術貢献賞)、ヨーロッパ映画賞 女優賞

 

映画『ロバと王女』関連作品

『花嫁人形』(1919)

~あらすじ~
病に伏せった大金持ちのシャントレル男爵(マックス・クローネルト)は、後継者に甥のランスロ(ヘルマン・ティミヒ)を選び結婚を条件に財産をゆずることにした。花嫁募集の告知に大勢の娘たちが押し寄せるが、内気なランスロは結婚を嫌がり修道院に逃げ込んでしまう。ところがランスロのために男爵が多額の持参金を出すことを知った修道院長(ヤーコプ・ティートケ)は金をせしめようとたくらみ、功名な人形師のヒラリウス(ヴィクトル・ヤンゾン)が作った人形と偽装結婚することを提案。人形師は注文に応じ自分の娘オッシー(オッシー・オスヴァルダ)をモデルに花嫁用の人形を作るのだが・・・。

監督:エルンスト・ルビッチ
出演:マックス・クロネルト、ヘルマン・ティーミッヒ、ヴィクトル・ヤンソン、マルガ・ケーラー、オッシ・オスヴァルダ、ゲルハルト・リッターバント、ヨゼフィーネ・ドラ、ヤコブ・ティートケ、エルンスト・ルビッチ

『ほら男爵の冒険』(1961)

~あらすじ~
宇宙飛行士のトニークは、ついに人類最初の一歩を月面に印す快挙を成し遂げ感無量の様子。ところが、そこにはすでに別の足跡が。やがて古風なロケットも見つかる。機体には“ジュール・ヴェルヌ、月世界旅行1865”の文字。結局トニークは、シラノ・ド・ベルジュラックとほら男爵ことミュンヒハウゼン男爵に熱い歓迎を受けるのだった。男爵の案内で地球へ向かったトニークは、トルコの宮殿で囚われの美女ビアンカ姫と出会う。男爵とトニークの活躍で、なんとかビアンカ姫の救出に成功するが…。

出典:Yahoo!映画

監督:カレル・ゼマン
出演:ミロシュ・コペルツキー、ヤナ・ブレイホヴァー、ルドルフ・イェリーネク

 

映画『ロバと王女』口コミ(見どころ・感想)

映画『ロバと王女』口コミ(見どころ・感想)

女優・カトリーヌドヌーブに、原作者のシャルルペロー・・・。

~見どころ~
この作品はシャルルペロー作の童話が原作となっているので、大人から子どもまで楽しめる作品になっています。そして、この作品の見どころは、カトリーヌドヌーヴ演じる王女がお菓子を作るシーンです。彼女は歌いながらある人のためにお菓子を作っているのが印象的でした。そして、童話が原作となっているので、出演者の衣装も可愛らしく、馬にも色がついていて見応えがありました。

最初に言ったように大人から子どもまで楽しめる作品になっているので、親子で一緒に観ることができると思います。

親子で見るような作品になると、現代の映画やアニメーション作品が多くなると思いますが、たまには少し昔の作品を観ても、いつもと違う雰囲気が味わえると思います。

~感想~
カトリーヌドヌーブ演じる王女が、ロバの皮を羽織っているシーンがあるのですが、あんなに綺麗なドレスを着ていた彼女が顔を汚してロバの皮を羽織っているので、とても印象に残っています。

この作品はミュージカル映画なので、出演者が歌っているシーンが多く、楽しみながら観ることができました。

また、この映画では妖精が出てくるのですが、その妖精と王女のシーンはとても気に入っています。妖精はピンク色のドレスを着ていて衣装がとても綺麗でした。

私はこの作品で初めてカトリーヌドヌーブを観たのですが、品があってとても綺麗な女優さんだと思いました。

この作品の原作者のシャルルペローは、シンデレラや眠れる森の美女なども書いた人なので、この2つの作品が好きな人におすすめしたいです。

映画『ロバと王女』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.067.03.73.58
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年10月21日時点のものです。

まとめ

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ロバと王女』動画が見れるサイトは?

 

\カトリーヌ・ドヌーヴの映画『ロバと王女』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事