この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

POINT:
『ダーティハリー』(1971)公開時、ベトナム戦争で上手く行かず、反戦運動も盛んになり、伝統的な価値観を拒否する若者も増えて・・・。劇中の事件も含め、当時のアメリカ社会の世相が反映されている。
『ダーティハリー』はクリント・イーストウッドのヒット作となり、ダーティー・ヒーローものの典型とされる。
『ダーティハリー』シリーズは、本作以後、4作品が製作されている。
・関連作:『許されざる者』(1992) 『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)

映画『ダーティハリー』

~あらすじ~
サンフランシスコ。屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃されるという事件が発生した。捜査にあたるのは、いつも汚い仕事をまかされることから“ダーティハリー”なる異名をつけられたハリー・キャラハン刑事。
やがて“さそり”と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫が届いた。予告通り、次々に無差別殺人を繰り返す“さそり”だったが、ハリーと相棒のチコはついに犯人の正体に迫る……。

出典:Yahoo!映画

\若き日クリント・イーストウッド主演映画『ダーティハリー』シリーズを<U-NEXT>で見る!/

映画『ダーティハリー』予告動画

ダーティハリー(プレビュー)

映画『ダーティハリー』配信状況

映画『ダーティハリー』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ダーティハリー』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ダーティハリー』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

また、動画配信サービスTSUTAYA TVではでは、見放題です。

 

・Amazonプライム
・dTV
・TELASA

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年9月13日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\若き日クリント・イーストウッド主演映画『ダーティハリー』シリーズを<U-NEXT>で見る!/

映画『ダーティハリー』監督・キャスト、原作紹介

映画『ダーティハリー』基本情報

本作(タイトル)ダーティハリー/Dirty Harry
公開年1971年
上映時間/再生時間1時間42分
監督ドン・シーゲル
キャスト“ダーティ”・ハリー・キャラハン・・・クリント・イーストウッド
殺人鬼“さそり”・・・アンディ・ロビンソン
チコ・・・レニ・サントーニブレスラー・・・ハリー・ガーディノ
ロスコー・・・ジョセフ・ソマー
フランク・ディジョージオ・・・ジョン・ミッチャム
市長・・・ジョン・ヴァーノン
通りを走っている男・・・ドン・シーゲル
銀行強盗・・・アルバート・ポップウェル
音楽
ラロ・シフリン
主な受賞歴
制作会社/配給元ドン・シーゲル、カール・ピンジトア/ワーナー・ブラザース

映画『ダーティハリー』原作紹介

ハリー・ジュリアン・フィンク 、リタ・M・フィンク「デッドライト」(共同執筆)

映画『ダーティハリー』関連作品

クリント・イーストウッドは今や映画監督として知られています。
が、映画俳優としても活躍はもちろんのこと、映画プロデューサー作曲家政治活動家としても幅広く活躍されています

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
作品名U-NEXTAmazonプライム
『ダーティハリー』シリーズ1(1971)
↑本作品
2(1976)
3(1976)
4 (1983)
5 (1988)
『許されざる者』(1992)
『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)

※本作品の配信情報は2021年9月13日時点のものです。

 

以下では、映画監督として、アカデミー賞・監督賞を受賞した2作品を紹介します。

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『許されざる者』(1992)

~あらすじ~
荒事からは足を洗っていたウィリアム・マニーの元へ若いガンマンが訪れる。娼婦に傷を負わせ賞金をかけられた無法者を追うためだ。マニーのかつての相棒ネッドを加えた3人は追跡行に出かけるが、その頃、町の実力者の保安官ビルは疎ましい賞金稼ぎたちを袋叩きにしているところだった。やがてビルの暴力が黒人であるネッドにも及んだ……。

出典:Yahoo!映画

第65回アカデミー賞監督賞および作品賞を受賞。第50回ゴールデングローブ賞監督賞も受賞した。

出演:クリント・イーストウッド、 ジーン・ハックマン

 

『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)


出演:ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン

2度目のアカデミー作品賞、アカデミー監督賞のダブル受賞した。また、クリント・イーストウッドは74歳という、最高齢での受賞記録を樹立した作品となった。

なお、アカデミー賞・助演男優賞を2年連続を輩出した作品が存在する。それが、本作の『ミリオンダラー・ベイビー』のモーガン・フリーマン(第77回・2004年)と、『ミスティック・リバー』のティム・ロビンス(第76回・2003年)である。

『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)はこちらから

映画『ダーティハリー』口コミ(見どころ・感想)

映画『ダーティハリー』口コミ(見どころ・感想)

アンディ・ロビンソンの演技に強烈な印象を受けました。

~見どころ~
『ダーティハリー』は、数多く作られることとなる刑事もの映画の原型を作ったともいえる作品です。

正義のためなら手段を選ばない破天荒な刑事。

自動車のエンジンを破壊するとも言われるマグナム44。実際にはそんなことはありませんが。

当時、アメリカ中を震撼させていたゾディアック事件の影響を受けていたとも言われ、犯人が映画を観に来るかもということで、刑事が張り込んでいたとも言われています。

一番の見どころは、犯人スコルピオを演じたアンディ・ロビンソン。

狂気じみているとも思える演技で、主人公クリントイーストウッドよりも強烈な印象を残しています。

そのために、役柄の印象が強く、その後の仕事が似たような役ばかりになってしまったという、熱演が俳優としての活躍の場を狭めてしまったという後日談まであります。

~感想~
アンディ・ロビンソンの演技に強烈な印象を受けました。狂っているとも思えるような演技です。

スクールバスを乗っ取ってハリーと対決するシーンにおいて、子どもたちに無理やり歌わせるところは圧巻です。

まさに狂った目をしてます。そして、アメリカ社会の姿も見えてしまいます。

殺人事件が多発しているにもかかわらず、訴訟社会であるがゆえ、法は容疑者にも平等であり、正当な手続きを踏まなければなりません。

このことはすばらしいことなのですが、それゆえ、犯罪の解決に時間がかかってしまい、ダーティー・ハリーのような手段を選ばない存在の出現が望まれているのかな、と思ってしまいました。

このシリーズは5作ほど作られるのですが、最初の作品が一番強烈な印象に残るものとなりました。

ベトナム戦争で上手く行かず、反戦運動も盛んになり、伝統的な価値観を拒否する若者も増えて・・・。

~見どころ~
1971年の作品で監督はドン・シーゲル、出演はクリント・イーストウッドです。

サンフランシスコ市警察の刑事ダーティ・ハリーことハリー・キャラハンを主人公としたシリーズの第一作です。

プールで泳いでいた女性が射殺され、スコルピオと名乗る犯人から10万ドルが市警察に要求されます。

要求を拒みつつも、市警察は各地に警官を配置して備えますが、さらに子供も射殺されます。

‘60年代に西部劇でブレイクしたクリント・イーストウッドですが、このシリーズで刑事役でも成功しました。

当時は、主人公が使う拳銃の44マグナムというのが話題になっていました。

勧善懲悪をワイルドに行う主人公ですが、当時のアメリカは犯罪が急増していて、さらに伝統的な価値観も崩れて行っていた時代ですので、解りやすい悪者をやっつける強い刑事が受けたのでしょう。

~感想~
悪役が漫画的ですが、当時は悪人や異常者について、この映画のようなイメージを持っている人が多かったのでしょう。

時代としては、ベトナム戦争で上手く行かず、反戦運動も盛んになり、伝統的な価値観を拒否する若者も増えたので、普通の多くの人にはいろいろとフラストレーションが溜まっていたことも、ヒットした要因でしょう。

 

44マグナムが話題になっていましたが、いくら弾薬が強力とはいえ、6連発のピストルですので、現在、沢山弾倉に弾が入り、弾倉交換も簡単な自動拳銃が使われている事と比べると、何かと時代を感じさせます。

それにしても、西部劇時代からのクリント・イーストウッドの絵になる様は、際立っています。

最近の映画と比べるとプロットが単純な分、ワンシーンごとの画面の構成がしっかりした映画です。

映画『ダーティハリー』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.557.73.74.01
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年9月13日時点のものです。

まとめ

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ダーティハリー』動画が見れるサイトは?

 

\若き日クリント・イーストウッド主演映画『ダーティハリー』シリーズを<U-NEXT>で見る!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事