この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

POINT:
『ジーザス・クライスト・スーパースター』(1973)は、イエス・キリストの受難を描いたロック・オペラ。
・『ジーザス・クライスト・スーパースター』の音楽には、『キャッツ』『オペラ座の怪人』等で知られる作曲アンドリュ・ロイド・ウェーバーにが担当し、彼にとっての処女作。
・公開時はキリスト教団体からの批判も根強かった一方で、映画の評価は高く、映画のほか、舞台版やブロードウエイ公演も行われてきた。
・関連作:『ジーザス・クライスト=スーパースター アリーナツアー』(2012) 『ジーザス・クライスト・スーパースター・ライブ・イン・コンサート』(2018)歌劇 『モーゼとアロン』(1975) 『プリシラ』(1994) 『レント ライヴ・オン・ブロードウェイ』(2008)

目次

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』

~解説・あらすじ~
ティム・ライスとアンドリュー・ロイド=ウェイバーによる歴史的ロック・ミュージカル、ジーザス・クライスト=スーパースターの1973年映画版!
《愛》の出発点…それはイエスに始まる!
ユダの〈愛〉の叫び! マリアの〈愛〉の美しさ! 12人の仲間の〈愛〉の契り!
爆発する若いエネルギー! ! 新しい衝撃! ! 〈愛の主題〉を描いて最高最美――
ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた、ノーマン・ジュイソン監督(「屋根の上のバイオリン弾き」)による幻のバージョン!

出典:Amazon

\映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』を<Amazon>で見てみる!/

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』予告動画

Jesus Christ Superstar 1973

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』配信状況

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』が見ることができます。

・Amazonプライム
・music.jp

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

宅配レンタルのTSUTAYA DISCASでは在庫がありませんでした。また、動画配信サービスのTSUTAYA TVでも、作品の確認ができませんでした。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
× 2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT × 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年1月17日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』を<Amazon>で見てみる!/

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』監督・キャスト、原作紹介

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』基本情報

 

本作(タイトル) ジーザス・クライスト・スーパースター/Jesus Christ Superstar
公開年 1973年
上映時間/再生時間 1時間46分
監督 ノーマン・ジュイソン
キャスト イエス・キリスト・・・テッド・ニーリー
マグダラのマリア・・・イヴォンヌ・エリマン
イスカリオテのユダ・・・カール・アンダーソン
ポンティアス・ピラト・・・バリー・デネン
ヘロデ王・・・ジョシュ・モステル
音楽
アンドレ・プレヴィン、ハーバート・W・スペンサー
ミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」 アンドリュー・ロイド・ウェバー
主な受賞歴
制作会社/配給元 ノーマン・ジュイソン/東映

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』原作紹介

原作:ティム・ライス
脚本:ノーマン・ジュイソン、メルヴィン・ブラッグ

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』関連作品 ~ジーザス・クライスト・スーパースター~

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『ジーザス・クライスト=スーパースター アリーナツアー』(2012)

監督: ローレンス・コナー
出演: ティム・ミンチン、メラニー・C、クリス・モイレス、ベン・フォースター

~解説~
『ジーザス・クライスト=スーパースター』
1969年、弱冠20代の若者だった二人が、聖書を題材にキリストの最後の7日間を赤裸々に描いた2枚組アルバムの製作をスタート。翌年の秋リリース後、若者を中心に各地で大変な話題となり、発売から4か月後にビルボード・チャートでNo.1を獲得(最終的に、ローリング・ストーンズの「Sticky Fingers」、「Led ZeppelinIV」、「SantanaIII」、ジョン・レノンの「Imagine」を抑えて1971年に全米で最も売れたアルバムに)。時を前後して、映画化と舞台化の契約がなされ、1971年に北米のアリーナツアーとして初演を迎え、10月にはブロードウェイで上演スタート。その後世界で続々と上演が広がり、1972年8月にイギリスで遂に初演を迎える。日本では劇団四季が1973年に初演を行い、以降42か国でプロの演劇集団により公演が行われている。また、1973年には映画化も実現し、アカデミー賞2部門・ゴールデン・グローブ6部門ノミネート、英国アカデミー賞楽曲賞受賞といった輝かしい記録も残している。

出典:Amazon

 

『ジーザス・クライスト・スーパースター・ライブ・イン・コンサート』(2018)

~解説~
ジョン・レジェンドがジーザス・クライスト役で主演し、特別番組として生中継された名作ロックオペラ。

出典:Amazon

監督:デヴィッド・ルヴォー
出演:サラ・バレリス、アリス・クーパー、ベン・ダニエルズ、ブランドン・ビクター・ディクソン

 

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』関連作品

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

歌劇 『モーゼとアロン』(1975)

~解説~
旧約聖書「出エジプト記」に基づき、シェ-ンベルク自身が書き上げたこのオペラの台本は、モーゼと兄のアロンの思想的・宗教的対立を民衆の信仰の変遷や乱交・殺人といった狂乱騒動を交えて描いたものとなっています。しかし肝心の作曲の方が残念ながら第二幕までで、第三幕は未完に終わっているため、実際の上演では、台詞が朗読されてエンディングを迎えるのですが、このストローブ=ユイレの作品は映画なので、アロンの死という劇的な場面も不自然にならないのがポイント。

HMV&BOOKS

監督:ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ
出演:ギュンター・ライヒ、ルイ・ドヴォス、エヴァ・チャボス、ミヒャエル・ギーレン、リチャード・ソルター

 

『プリシラ』(1994)

~あらすじ~
世代も生き方も違う3人のドラァグ・クイーン(女装のゲイ)。オーストラリアの砂漠の真ん中にあるリゾートでショー出演をするために『プリシラ』と命名されたバスで旅に出た。それぞれヘビーな問題を抱えた3人、毒舌の喧嘩が始まったり、遭難しそうになったりの大爆笑の珍道中。小さな町での偏見で、信じられないくらいひどい目に遭いながらボロボロになる彼等。でも決してめげることなく、3人は夢をひとつひとつ実現してゆく──。

出典:Amazon

監督:ステファン・エリオット
出演:テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ガイ・ピアース、ビル・ハンター

 

『レント ライヴ・オン・ブロードウェイ』(2008)

~あらすじ~
1989年ニューヨーク─イースト・ヴィレッジで毎月の家賃(レント)も払えないような生活をおくる若きアーティストたち。
彼らは犯罪、エイズ、ドラッグ、同性愛、友の死など、様々な問題に直面しながらも、愛と友情を信じ、夢に向かって今日という日を懸命に生き抜くのだった・・・。

出典:Amazon

監督:マイケル・ジョン・ウォーレン
出演:レネー・エリス・ゴルズベリー、ロドニー・ヒックス、ジャスティン・ジョンストン

 

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』口コミ(見どころ・感想)

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』口コミ(見どころ・感想)

この映画は「キリストは神様でも何でもない。ただの男である。」ということを、センセーショナルに表現したミュージカル映画です。

~見どころ~
「キリストとは本当に神様だったのか?」キリスト教を根本から覆すかもしれない、熱心な信者から見ればこれは異端映画と言えるでしょう。日本人は宗教に不信感を持つ人が多く、キリストが救世主として崇められている逸話は沢山ありますが、どれも眉唾物のように感じている人もいるのではないでしょうか。この映画は「キリストは神様でも何でもない。ただの男である。」ということを、センセーショナルに表現したミュージカル映画です。

全編を通してセリフは歌唱として表現されており、その奇怪な音階は一度聴いたら耳から離れない強烈な印象を残します。

のちに天才作曲家となるアンドリュー・ロイドウェバーが、若干22歳で作曲したという若さ溢れる情熱が込められたロックオペラです。

~感想~
この映画はミュージカル作品としても名高く、世界各地で上演されています。

劇団四季の浅利慶太が感銘を受けて、日本でも定期的に上演されている作品です。

キリスト教という重いテーマを扱っているにも関わらず、内容はロックオペラとして激しく赤裸々で非常に人間的です。

ひとりの男が神様として祭り上げられて、やがて磔になるまでを全編、力強い歌唱で描いています。

一人の人間を持ち上げてこき下ろす、という現代のSNS社会にも通じる、人間の恐ろしさを描いた作品でもあります。

オペラ座の怪人』や『CATS』などで大成功を収めているアンドリュー・ロイドウェバーの処女作でもあり、何十年たっても楽曲が色褪せることはなく、今でも新鮮な衝撃を与えてくれます。

人間の怒り、悲しみ、喜び、すべての感情がMAXで訴えかけてくるので観終わった後は心地良い倦怠感があります。

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 7.28 7.4 3.9 4.2
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年1月17日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ジーザス・クライスト・スーパースター』を<Amazon>で見てみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事