映画『サンゲリア』動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・『サンゲリア』(1979)は、ゾンビ物のホラー映画で、邦題では流血を意味する。ジョージ・A・ロメロ監督作『ゾンビ』(1978)を受けて製作された。
・『サンゲリア』では、『ゾンビ』以上に数々のグロテスクなシーンが多い。
・関連作:『ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版』(1978)
・ルチオ・フルチ監督作品:『地獄の門』(1978)『ビヨンド』(1980)
目次

映画『サンゲリア』あらすじ・動画

映画『サンゲリア』あらすじ

~あらすじ~
カリブ海に浮かぶ島で、発生した疫病によって死者が蘇り人肉を喰う。ゾンビがマンハッタンへ進撃するラストシーンまで正統派怪奇映画の定石を踏まえた造りで、数多ある「ゾンビ」の亜流の中では間違い無しの傑作。海中で人喰い鮫と死闘を繰り広げるゾンビというとんでもないシーンもある。ただしイタリア仕込みの残酷描写も過激で、辟易するかも。

出典:TSUTAYA DISCAS

映画『サンゲリア』予告動画

「サンゲリア」1979年日本劇場公開バージョン

映画『サンゲリア』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『サンゲリア』無料視聴する方法と配信サービス

映画『サンゲリア』無料視聴する方法

動画配信サービスで映画『サンゲリア』は配信されていません。(2023年10月29日時点)

宅配レンタルで映画『サンゲリア』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

映画『サンゲリア』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信 
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
×600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
×1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル
1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
⇒ ⇒
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年10月29日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

映画『サンゲリア』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『サンゲリア』監督・キャスト、原作紹介

映画『サンゲリア』基本情報

本作(タイトル)サンゲリア/ZOMBIESanguelia
公開年1979年
上映時間/再生時間1時間31分
監督ルチオ・フルチ
キャストピーター・ウェスト・・・イアン・マカロック
アン・ボウルズ・・・ティサ・ファロー
デヴィッド・メナード・・・リチャード・ジョンソン
パオラ・メナード・・・オルガ・カルラトス
編集長・・・ルチオ・フルチ
音楽
ファビオ・フリッツィ、ジョルジョ・トゥッチ
主な受賞歴
制作会社/配給元ファブリッツィオ・デ・アンジェリス/東宝東和

映画『サンゲリア』原作紹介

脚本:エリザ・ブリガンティ

映画『サンゲリア』関連作品

1970年代から1980年代にかけて製作された3本のホラー映画について紹介します。『ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版』(1978)『地獄の門』(1978)『ビヨンド』(1980)という作品で、いずれもゾンビや死者が登場する血みどろのスプラッター映画です。

しかし、それだけではなく、それぞれに独自の世界観やメッセージが込められており、ホラー映画史に残る名作となっています。この3本の映画には共通する点や制作秘話、役者秘話などがありますので、それらをご紹介しながら、その魅力をお伝えしたいと思います。

まず共通する点としては、この3本の映画はすべてジョージ・A・ロメロ監督の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)という作品に影響を受けています。この作品は黒人主人公が白人ゾンビと戦うという社会的な意味合いを持ちながらも、ゾンビ映画の原型となる恐怖とグロテスクさを描きました。この作品に感銘を受けたダリオ・アルジェント監督はロメロ監督に協力を申し出て、続編『ゾンビ』(1978)の脚本執筆や製作費の半分を提供しました。その代わりにアメリカ以外の国での配給権を得て、自分で編集したバージョンを公開しました。これが『ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版』です。この作品はロメロ監督のバージョンよりもアクションやゴアシーンを強調し、ゴブリンというバンドの音楽を多用しました。日本でもこのバージョンが劇場公開され、大ヒットしました。

一方、ルチオ・フルチ監督は『ゾンビ』に便乗して続編を名乗って作った『サンゲリア』(1979)が世界的に大ヒットした後、『地獄の門』(1980)『ビヨンド』(1981)という2本のゾンビ映画を製作しました。これらは『サンゲリア』とともに「血みどろ3部作」と呼ばれています。フルチ監督はロメロ監督やアルジェント監督とは違って、ゾンビの起源や目的などをあまり説明せず、不条理な恐怖や残酷な描写に重点を置きました。また、クトゥルフ神話に登場する架空の魔術書『エイボンの書』や地獄の門などの要素を取り入れて、ラヴクラフト作品へのオマージュを表現しました。

次に制作秘話についてですが、この3本の映画はいずれも低予算で製作されたため、さまざまな苦労や工夫がありました。

『ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版』では、ロメロ監督が撮影した素材からアルジェント監督が自分で編集したため、シーンの順番や長さが異なります。また、アルジェント監督は自分の音楽プロデューサーであるクラウディオ・シモネッティ率いるゴブリンというバンドにオリジナル音楽を作曲させています。この音楽はロメロ監督も気に入って一部使用していますが、アルジェント監督はロメロ監督が選んだ音楽や効果音をすべて差し替えています。

『地獄の門』では、主人公のジョージ役にクリストファー・ジョージという俳優を起用しましたが、彼は撮影中に心臓発作で倒れてしまい、彼の出演シーンは最小限に抑えられています。また、彼の妻であるリンダ・デイ・ジョージも同じく心臓発作で倒れてしまいましたが、回復して撮影を続けることができました。

『ビヨンド』では、主人公のライザ役にカトリオーナ・マッコールという女優を起用しましたが、彼女はフルチ監督と仲が悪く、撮影中に何度も衝突しました。特に有名なエピソードとしては、ライザが地下室で死体と遭遇するシーンで、フルチ監督はマッコールに「死体から目を離すな」と指示しましたが、マッコールはそれが不自然だと思って目をそらしてしまいました。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版』(1978)

~あらすじ~
突如、死者が生き返り、生きている人間を襲い始めた。甦った死者=ゾンビは生者の肉を喰らい、喰われた者も彼らの仲間として甦る。世界は地獄と化した。
TV局勤務のフランシーン、パイロットのスティーブン、SWAT隊員のピーターとロジャーは、ゾンビビが増え続ける中、ヘリで都市からの脱出を試みる。
ようやくたどり着いた郊外の巨大なショッピングセンターで束の間の平和を得るが、ロジャーがゾンビに噛まれてしまう。
やがてロジャーは死に、ゾンビとなって生き返った。ピーターの銃弾が、彼を永遠の眠りにつかせた。
同じ毎日の繰り返しで、倦怠感を感じ、しだいに生きがいを失ってゆく三人。そこに、狂乱の世界を生き延びてきた暴走族が、物資を求めて乱入してきた。
バリケードが破られ、大量のゾンビたちもなだれ込む。ピーターたちと暴走族、そしてゾンビの三つ巴の戦争が始まった。

出典:Amazon

監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:ゲイラン・ロス、デヴィッド・クロフォード、ケン・フォリー、スコット・H・ライニガー、デヴィッド・エムゲ

『地獄の門』(1978)

~あらすじ~
神父の自殺という背徳行為によって、呪われた地ダンウィッチでは“地獄の門”が開かれようとしていた。事件を知った記者と女霊媒師は彼の地へ赴くが……。美女の口から吐き出される内臓、頭骸を貫通する電動ドリル、暴風雨のごとく降り注ぐ蛆虫、納骨所で蠢く死者の群れと、これでもかといわんばかりにショック・シーンがひたすら繰り広げられる。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ルチオ・フルチ
出演:クリストファー・ジョージ、カトリオーナ・マッコール

『ビヨンド』(1980)

~あらすじ~
1928年、ルイジアナ。冥界と現世をつなぐ七つの扉を開けようとした画家が町民のリンチにあって壁に埋め込まれた。
50数年後、その屋敷に引っ越してきたリザ(C・マッコール)のまわりでは無気味な事件が続出する。
惨殺された画家の怨念が再び七つの門を開けようとしていたのだ…!

出典:Amazon

監督:ルチオ・フルチ
出演:カトリオーナ・マッコール、デヴィッド・ウォーベック、サラ・ケラー

映画『サンゲリア』口コミ(見どころ・感想)

映画『サンゲリア』口コミ(見どころ・感想)

『サンゲリア』は、別次元の傑作としてゾンビ映画史上に輝き続ける巨星かもしれません。

~見どころ~
好きな人は好き!イタリアのグロホラーを代表するルチオ・フルチ監督の代表作です。

もろにロメロ監督の「ゾンビ」大ヒットを受けて作られたのであろう亜流映画トップバッターでありながらも、ベクトルを異にした別次元の傑作としてゾンビ映画史上に輝き続ける巨星かもしれません。

とにかくお話は何でもいいから、ショッキング描写を盛り込みたいのがフルチ監督流。

 

他の作品(『ビヨンド』『地獄の門』など)では悪ノリが行き過ぎて、もはやどの映画がどれだったか…的な状態になっていますが、この「サンゲリア」は印象に残る名シーンが目白押しです!必然性は感じられないもののインパクト抜群の「サメVSゾンビ」という異種格闘海中戦!

DVDパッケージでもお馴染みの目玉グサーッ(痛い痛い!)イタリア製ゾンビ映画の定番みたいにされてしまったミミズうじゃうじゃのビジュアル!

そして一片の救いようもない終わり方!!音楽の効果もあって終末感が半端ないです。B級監督フルチの作品でしかないのに出来栄えはS級です。

~感想~
ゾンビ映画に求めるものって何でしょうか。

恐怖とグロとそれに伴うワクワク感。歪んだ受け取り方かもしれませんが言ってしまえばそこに行き着くのでは?

ゲテモノ目当てで観たはずが強烈なメッセージ性を突きつけてきてガツンと衝撃を与えてきたのが名匠ロメロ監督のゾンビ映画ならば、ある意味でこの上なくストレートな「成功法」ゲテモノ路線の王道がフルチ監督の本作。

もう序盤から最後まで理屈ぬきのワクワクぶっ続けです。

社会的テーマとかメッセージ性とか関係なし。アッと言わせる描写を矢継ぎ早に繰り出し、観る側を楽しませる娯楽精神たっぷり。

…と言ってもサービス心でやっているのではなく、たぶん監督自身が楽しんでるだけなんですけど、それが観ている方も楽しめてしまう!

フルチ監督、他の映画では自身の楽しみが独走してしまってますが…、この「サンゲリア」は、絶妙なバランスの上に成り立った奇跡の作品です。

映画『サンゲリア』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.326.83.53.6
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年10月29日時点のものです。

映画『サンゲリア』まとめ

映画『サンゲリア』エンタメのまとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『サンゲリア』動画が見れるサイトは?

 

\映画『サンゲリア』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次