インディ・ジョーンズ/『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』動画を無料視聴する方法と配信サービス!

PR

POINT:
・『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)は、インディ・ジョーンズシリーズの記念すべき1作目!!実は、今日まで邦題はそのままであった(欧米ではビデオ化の際に改題された)。
・本作は、『ジョーズ』(1975)や『未知との遭遇』(1977)のスピルバーグと、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)のルーカスが手を組んだ作品である。
2023年に『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(『Indiana Jones and the Dial of Destiny(原題)』)が公開された。スピルバーグは、監督ではなくプロデューサーとして残留することになったが、作品を絶賛した。
関連作:『グーニーズ』(1985)『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』(1999)『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)『ナショナル・トレジャー』(2004)
目次

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』あらすじ・動画

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』あらすじ

~あらすじ・解説~
神秘的な力を宿していると言う十戒の破片を納めた聖櫃をめぐって、ナチスと対決する考古学者インディアナ・ジョーンズの冒険を描いた超娯楽作。スピルバーグとルーカスが初めて手を組んで作り上げた作品で、「ガンガ・ディン」を始め往年の冒険映画のエッセンスを全て注ぎ込んだその内容(ストーリー原案はフィリップ・カウフマン、脚本はローレンス・カスダン)とフォード扮するインディのキャラクター、息つく暇もない展開が絶品。

出典:TSUTAYA DISCAS

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』予告動画

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』

\映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』無料視聴する方法と配信サービス

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』が見ることができます。

・ディズニープラス
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・Amazonプライム
・music.jp

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
⇒ ⇒
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年10月1日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

\映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』監督・キャスト、原作紹介

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』基本情報

本作(タイトル)レイダース/失われたアーク《聖櫃》/Raiders of the Lost Ark
公開年1981年
上映時間/再生時間1時間55分
監督スティーヴン・スピルバーグ
キャストインディアナ・ジョーンズ博士・・・ハリソン・フォード
マリオン・レイヴンウッド・・・カレン・アレン
サラー・・・ジョン・リス=デイヴィス
トート・・・ロナルド・レイシー
マーカス・ブロディ・・・デンホルム・エリオット
サピト・・・アルフレッド・モリーナ
ゴブラー・・・アンソニー・ヒギンズ
イートン・・・ウィリアム・フットキンズ
パイロット・・・フランク・マーシャル
ドイツ人兵士・・・ロッキー・テイラー
ルネ・ベロック・・・ポール・フリーマン
音楽
ジョン・ウィリアムズ、ライオネル・ニューマン
主な受賞歴第54回アカデミー賞(1982年)美術賞/音響(録音賞)/編集賞/視覚効果賞/音響編集賞
制作会社/配給元フランク・マーシャル、パラマウント・ピクチャーズ、ロバート・ワッツ、東北新社/CIC

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』原作紹介

原作:ジョージ・ルーカス、フィリップ・カウフマン(原案)
脚本:ローレンス・カスダン

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』関連作品①

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』公開後、続編が制作されシリーズ化されてきました。

シリーズ毎のテーマも面白いですよ!

初の「~レイダース」は失われた歴史と燃えるような恋を、「~魔宮」では土着文化の風習について。


「~聖戦」では、今は亡き父親ヘンリーを演じたショーン・コネリーが登場。永遠の命と親子の絆を描いています。
「~クリスタル・スカルの王」では、27年ぶりに「~レイダース」のカレン・アレンがシリーズ再出演し、原点回帰と家族愛、そして裏切りをテーマに描かれています。。

直近2023年には『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(『Indiana Jones and the Dial of Destiny(原題)』)が公開されました。

これまでスティーヴン・スピルバーグが監督を務めていましたが、彼はプロデューサー残留し、『ニューヨークの恋人』(2001)や『“アイデンティティー”』 (2003)、『ナイト&デイ』(2010年))で知られるジェームズ・マンゴールドに監督が抜粋され、「~クリスタル・スカルの王国」を執筆していたデヴィッド・コープの離脱を受けて、彼が脚本作業をすすめてきたのです。

音楽は、『スター・ウオーズ』や『ジュラシック・パーク』などで作曲を手掛けてきた、ジョン・ウイリアムズが続投、担当しました。『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から続いていますから、素晴らしいですよね。

また、『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』正統な続編であるとのことですが、インディアナ・ジョーンズを演じるハリソン・フォードは、今作が最終作となる見込みとされています。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

インディ・ジョーンズシリーズ

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
タイトルDVDU-NEXTAmazonプライム 
『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)←本作品紹介
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)  ◎
『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)  ◎
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)  ◎
『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(2023) ××

本作品の配信情報は2023年10月1日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。

 

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』関連作品②

関連作として、『グーニーズ』(1985)『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』(1999)『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)『ナショナル・トレジャー』(2004)を取り上げます。

これらの映画は、冒険心をくすぐる宝探しものとして人気を博した作品です。どれも歴史的な謎や伝説に基づいており、魅力的なキャラクターやスペクタクルなアクションが満載です。しかし、それだけではありません。実は、これらの映画には共通する点や興味深い裏話が隠されているのです!!

まず共通する点ですが、**スティーヴン・スピルバーグ**の関与です。

彼は『グーニーズ』では製作総指揮と原案を担当し、『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』では製作会社アンブリン・エンターテインメントの創設者として名を連ねています。また、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』では当初監督候補として考えられていましたが、スケジュールの都合で断念しました。そして『ナショナル・トレジャー』では製作総指揮として参加する予定でしたが、ディズニーとの契約上の問題で降板しました。このように、彼の影響力はこれらの映画に大きく反映されています。

次に制作秘話ですが、、**ロケ地**が挙げられます。

『グーニーズ』ではオレゴン州アストリアで撮影されましたが、現在でもファンが多く訪れる観光地となっています。特にミッキーの家は有名で、毎年5月5日には「グーニー・デー」というイベントが開催されます。

『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』ではモロッコやイギリスで撮影されましたが、エジプト政府から許可が下りなかったため、ピラミッドやスフィンクスなどはCGで作られました。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』ではカリブ海やメキシコ湾で撮影されましたが、ハリケーンや船の故障などで苦労したそうです。

『ナショナル・トレジャー』ではワシントンD.C.やニューヨークで撮影されましたが、実際にはホワイトハウスや自由の女神像などには近づけなかったため、セットやCGで再現されました。

最後に役者秘話です。**キャスティング**が面白いです。

『グーニーズ』では子役たちがオーディションで選ばれましたが、その際にスピルバーグが仕掛けたドッキリが話題になりました。

『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』では主役のリック・オコーネル役には当初トム・クルーズが検討されていましたが、彼が『マグノリア』に出演するために断ったため、ブレンダン・フレイザーに決まりました。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』ではジャック・スパロウ役には当初ジム・キャリーが候補でしたが、彼が『エターナル・サンシャイン』に出演するために断ったため、ジョニー・デップに決まりました。

『ナショナル・トレジャー』ではベン・ゲイツ役には当初ニコラス・ケイジ以外の候補はなかったそうですが、彼は当初この映画に興味を持っていなかったそうです。しかし、スクリプトを読んで感動したということで出演を決めました。

これらの映画は宝探しものとしてだけでなく、裏側の物語も楽しめる作品です。ぜひ一度観てみてください。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『グーニーズ』(1985)


監督:リチャード・ドナー
出演:ショーン・アスティン、ジョシュ・ブローリン、ジェフ・B・コーエン、コリー・フェルドマン

1980年代アドベンチャー映画を風靡した『グーニーズ』はこちら

『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』(1999)

~あらすじ~
サハラ砂漠に伝わる幻の都をめぐり、壮大なアドベンチャーとバトルが展開!

1923年。サハラ砂漠の奥地にあるとされる伝説の都ハムナプトラに隠された財宝を求め、エジプトを訪れた冒険家リックは考古学者エヴリンとその兄ジョナサンと出会う。彼女らとハムナプトラを目指すなか、3000年ぶりに蘇った悪僧イムホテップが立ちはだかる。

出典:Rakuten TV

監督・脚本:スティーヴン・ソマーズ
出演:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、アーノルド・ヴォスルー、ジョン・ハナー

シリーズとして、『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』があります。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)

~あらすじ~
ブラックパール号を率いる冷酷な海賊の船長バルボッサが町を襲撃し、総督の娘エリザベスがさらわれる。密かにエリザベスに恋心を抱いていたウィルは、一匹狼の海賊ジャックと手を組み、彼女を救い出すことに。呪いによって生きた屍と化していたバルボッサと船員たちの狙いは、エリザベスが身に付けている黄金のメダル。そしてその最後の持ち主だったウィルこそが、死よりも苦しい地獄のような呪いを解く鍵となる。ブラックパール号を奪われた過去を持つジャックは、復讐として一発の銃弾をバルボッサに撃ち込むが―。

出典:Amazon

監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』(2011)
『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』(2017)

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)はこちらから

『ナショナル・トレジャー』(2004)

~あらすじ~
天才歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツは、一族に語り継がれている、アメリカの歴史の中で姿を消した伝説の「秘宝」の手がかりがアメリカ合衆国独立宣言書に隠されていることを突き止める。果たして、「秘宝」の正体とは?そこに封印された驚愕の真実とは?巨大な敵から秘宝を守るため、FBIの追跡をもかわし、ベンの命をかけたトレジャーハントが今、始まる!

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ニコラス・ケイジ、ダイアン・クルーガー、ハーヴェイ・カイテル

『ルパン三世 THE FIRST』(2019)

~あらすじ~
「ブレッソン・ダイアリーを戴きに参上します ルパン三世」その謎を解き明かしたものは莫大な財宝を手にするとされ、かのアルセーヌ・ルパンが唯一盗むことに失敗したといわれている秘宝・ブレッソン・ダイアリー。そんな伝説のターゲットを狙うルパンは考古学を愛する少女レティシアと出会い、2人で協力して謎を解くことに。しかし、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者ランベールと、組織を操る謎の男ゲラルトが2人の前に立ちはだかる・・・。ブレッソン・ダイアリーに隠された驚愕の真実とは一体!?天下の大泥棒による史上最大のお宝争奪戦が幕を開ける!!

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:山崎貴
原作:モンキー・パンチ
声優:ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、石川五ェ門(浪川大輔)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、レティシア(広瀬すず )ランベール(吉田鋼太郎)、ゲラルト(藤原竜也)、ブレッソン(伊藤和晃 )

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』口コミ(見どころ・感想)

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』口コミ(見どころ・感想)

アメリカ人であるインディとナチスとの攻防も面白く、飽きることなく見ることができるかと思います。

~見どころ~
インディージョーンズシリーズの第一作目。最大のみどころは、なんといってもテンポのよさです。
ご存じの通り主人公・インディは考古学者。考古学というのは、本来はとても地味なものです。そこのところを軽快、かつ痛快な展開で魅せていくところが本作の魅力です。
インディは普段は大学で考古学を教える学者。
その一方で鞭を持って戦う二面性をもち、大変魅力的なキャラクターになっています。
本作でのテーマは「聖櫃」。キリスト教文化を大きく反映したものです。
舞台はナチスが台頭してきたころの時代です。
アメリカ人であるインディとナチスとの攻防も面白く、飽きることなく見ることができるかと思います。
某テーマパークにあるインディジョーンズのアトラクションに出てくるものもたくさん出てきますので、そのアトラクションが好きな方にもおすすめです。

 

~感想~
子どもの頃から大好きな作品です。

 

今改めて観てみると、現実の考古学との差異を感じてしまいますが、それでも面白いです。
なんといってもインディがかっこいい!知と勇を兼ね備えた主人公はやっぱりいいですね。
シリアスな展開の中に、少し笑える要素を持ち込んだり退屈しないところはエンターテインメントとして優れています。
冒頭のとある遺跡に忍び込むシーンも、トラップを警戒して進んだりしてるのが面白いです。
本来は考古学者がトラップを警戒して発掘することはないですし、そもそも遺跡にそれがあることもありません。
しかし「あり得ない」というのを、「あり得る」という説得力で描写するところがうまいです。
観終わった後、なんだか爽快な気分になる、今でもやっぱり大好きなシリーズです。

見どころはトラックに乗り移って走っているトラックの下に潜り込むシーンは、スタントなしのハリソン・フォードのアクション。

~見どころ~
スターウォーズのハンソロ役で一流スターに仲間入りしたハリソン・フォードを主役にした冒険活劇を作りたいとスティーブンスピルバーグとジョージルーカスがタッグを組んで作りあげた映画です。
最初から最後まで前編アクション活劇となり理屈抜きで楽しめます。
見どころは随所にありますが、一番すごいのはハリソンフォードのスタントなしのアクションです。
今では老練俳優となってますが当時はバリバリの若手俳優です。
ナチスからアークを取り戻すためにトラックに乗り移って走っているトラックの下に潜り込むシーンはスタントなしの本人のアクションでした。
撮影時は鉄板をしのばせていたそうですが、撮影終了後はボロボロになってたそうで、一歩間違えたらの凄絶なシーンで迫力が凄いです。

~感想~
最初っから最後まで通して面白い。それにつきます。

 

アクションも凄いですが、随所に笑わせるシーンやユーモアが織り混ぜられていて、一辺倒でないところも魅力があります。
またナチスが敵役で戦時中の話ですが、当時の世界情勢やヒトラーがオカルトに傾倒していたという話も、伏線として絡んでいて楽しめます。
後にいろんなところでパロディとなりましたが、冒頭の大学で講義をしている時に女聖徒が自分のまぶたにハリソンフォードにメッセージを書いて、目を閉じると本人に伝えられるというシーンが非常に印象に残っています。
初めてみたい時は大笑いしました。
聖書に記載されていたモーゼが運んだアークとは何なのか?それがキリスト教信者にとってどれだけ重要なものかというのが無神論者には非常に衝撃を受けました。

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.498.43.74.2
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年10月1日時点のものです。

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』まとめ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』エンタメのまとめ

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』動画が見れるサイトは?

 

\映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》を<U-NEXT>で見てみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次