この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

POINT:
・『ダウン・バイ・ロー』(1986)の原題はDown by Law。意味は刑務所のスラングで「親しい兄弟のような間柄」。ジム・ジャームッシュのアートフォームが確立された初期3部作のひとつだ。
・『ダウン・バイ・ロー』はシンガーソングライタートム・ウェイツの初主演映画。ウェイツの楽曲「ジョッキー・フル・オブ・バーボン」や「タンゴ」を提供している。
“ i scream,you scream,we scream for icecream!!! “
・関連作: 『パーマネント・バケーション』 (1980) 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』 (1984) 『ダウン・バイ・ロー』 (1986) 『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (2013)

映画『ダウン・バイ・ロー』

~あらすじ~
舞台はニューオリンズ。ザックとジャックが、それぞれ警察がらみの罠にひっかかってOPP刑務所の同じ房に入れられる。そこに不思議な仲間、イタリア人旅行者のロベルトが加わって、脱獄からどことも知れぬどこかへ、3人は地獄とも天国ともつかぬ冒険の旅を重ねてゆく……。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

\映画『ダウン・バイ・ロー』 を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ダウン・バイ・ロー』予告動画

Down by Law (1986) ORIGINAL TRAILER

映画『ダウン・バイ・ロー』配信状況

映画『ダウン・バイ・ロー』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ダウン・バイ・ロー』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ダウン・バイ・ロー』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、作品の確認ができませんでした。

・Amazonプライム

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム体験に申込む!
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年12月23日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『ダウン・バイ・ロー』 を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ダウン・バイ・ロー』監督・キャスト、原作紹介

映画『ダウン・バイ・ロー』基本情報

 

本作(タイトル)ダウン・バイ・ロー/Down by Law
公開年1986年
上映時間/再生時間1時間47分
監督ジム・ジャームッシュ
キャストザック・・・トム・ウェイツ
ジャック・・・ジョン・ルーリー
ロベルト・・・ロベルト・ベニーニ
ニコレッタ・・・ニコレッタ・ブラスキ
ローレット・・・エレン・バーキン
音楽
ジョン・ルーリー、リサ・クルーガー
挿入曲:"Jockey Full of Bourbon" トム・ウェイツ
主な受賞歴
制作会社/配給元ジム・スターク/フランス映画社

映画『ダウン・バイ・ロー』原作紹介

脚本:ジム・ジャームッシュ

映画『ダウン・バイ・ロー』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『都会のアリス』(1973)

~あらすじ~
旅行記の執筆のためアメリカを放浪していたドイツ人作家フィリップが、帰国のため立ち寄った空港で幼い少女アリスとその母に出会う。ひょんな事から少女をアムステルダムまで連れて行くこととなったフィリップ。しかし待ち合わせたアムステルダムに母の姿はなく、彼は少女の記憶を頼りに祖母の家を探す旅に出ることとなる……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督: ヴィム・ヴェンダース
出演: リュディガー・フォグラー、イエラ・ロットレンダー、リサ・クロイツァー

『さすらい』(1975)

~あらすじ~
ヴェンダースの“ロード・ムービー三部作”の最終作で、その集大成的作品。映画館を巡回して映写機を修理して廻り、観客のもとに映画を運び届ける男。その彼に不思議とつきまとうかつての恋人と、逃れようとする男の話を、実際にスタッフが旅する中で物語を形成して行く即興演出という方法を取り、見事なカメラワークでそれを映像化。そしてその旅の終着点は彼の敬愛する小津の世界に近づいてくのだった……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督: ヴィム・ヴェンダース
出演: リュディガー・フォグラー、ハンス・ツィッシュラー、リサ・クロイツァー

 

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)

~あらすじ~
ウィリーはニューヨークに10年住んでいる。ハンガリー出身で本名はベラ・モルナー。ある日彼のもとに、クリーブランドに住むおばさんから、16歳のいとこエヴァがアメリカでの新しい生活を始めるべくブタペストから来るが、自分が急に入院することになってしまった為、10日間ほど預かってほしいという電話がかかってくる……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督: ジム・ジャームッシュ
出演: ジョン・ルーリー、エスター・バリント、リチャード・エドソン、セシリア・スターク

 

『バグダッド・カフェ』(1987)

~あらすじ~
アメリカの片田舎の砂漠にあるさびれたモーテル“バグダッド・カフェ”を、夫婦喧嘩の末に訪れた太ったドイツ女ジャスミンが、そこで暮らす人々の心の扉を開いて回りながら“砂漠のオアシス”に変えていくまでを描いた逸品。主題歌の“Calling You”はアカデミー賞最優秀主題歌賞にノミネートされただけあり、微妙にくすんだ空の青と併せて、セリフが少ないこの作品の行間に秘められた切なさをより際だたせている。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督: パーシー・アドロン
出演: マリアンネ・ゼーゲブレヒト、ジャック・パランス、CCH・パウンダー

『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(1989)

~あらすじ~
カチカチに固めたとんがりリーゼントに、同じように爪先のとがった靴をはき、旧ソ連の軍服でR&Rを唄いまくる怪しの集団、レニングラード・カウボーイズを主役に、ロシアを思わせるツンドラ地帯の故郷を後にした民俗音楽バンドが、ひと山あてようと企むマネージャーにそそのかされ、アメリカへ渡ると言う、カウリスマキの名を一躍世界に広めたおとぼけロード・ムービー。

出典:Yahoo!映画

監督: アキ・カウリスマキ
出演: マッティ・ペロンパー、ザ・レニングラード・カウボーイズ、サカリ・クオスマネン

『ナイト・オン・ザ・プラネット』(1991)

監督:ジム・ジャームッシュ
出演: ウィノナ・ライダー、ジム・ジャームッシュ、ジーナ・ローランズ

『ナイト・オン・ザ・プラネット』(1991)はこちらから

 

映画『ダウン・バイ・ロー』口コミ(見どころ・感想)

映画『ダウン・バイ・ロー』口コミ(見どころ・感想)

インディーズ映画入門編としてもオススメ。

~見どころ~
米国インディーズ映画の巨匠、ジム・ジャームッシュ監督の初期白黒3部作のラストを飾る作品。最新作『デッド・ドント・ダイ 』にも通じるオフビートなユーモアセンスの原点ともいえます。うだつの上がらない男どもにこんなに愛情を注いだ視線でカメラを向け、こんなにも魅力を引きずり出す、監督の才気の迸りが隅々まで溢れていて、自身もきっと金脈を掘り上げた手ごたえを本作で掴んだと感じたのではないでしょうか?無声映画の古典のような親しみやすさ、分かりやすさとインディーズのトンガリが奇跡の無敵合体を果たしていて、メジャー映画しか見たことがない方でも、違和感なく楽しむことができるという、インディーズ映画入門編としてもオススメ。~感想~
前作までにあった「青春の痛々しさ」がほぼ無くなり、古典的な無声映画のような親しみやすい分かりやすさが占めるようになり、いわゆるインディーズ臭い「トンガリ」だけではない映画作家としての幅が広がったことを感じさせます。「食えないやつ」なトム・ウェイツ、「頑固でいけず」なジョン・ルーリー、そして「素直で陽気」なロベルト・ベニーニというめっちゃ個性的な3人が顔を突き合わせているだけでも絵になるんですよね。

台詞がなくても佇まいだけでなんとなく考えていることがわかる、その演出とキャスティングが素晴らしい。

冷たいジャングルクルーズという趣のロケーションのチョイスも流石。

ロベルト・ベニーニとニコレッタ・ブラスキの運命的な出会いをみつめるジョンとトムのシーンが凄く印象的です。

映画『ダウン・バイ・ロー』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.317.74.03.81
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年12月23日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ダウン・バイ・ロー』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ダウン・バイ・ロー』 を<U-NEXT>で見てみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事