この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

1998-idioterne

POINT:
・『イディオッツ』(1998)は、『奇跡の海』(1996)や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)で知られるラース・フォン・トリアー監督のコメディードラマ映画。「イディオット(Idiot)」は、「愚か者」「ばか者」の意味。
・『イディオッツ』は、デンマークにおける映画運動「ドグマ95(Dogme95)」(1995年以降~)下で製作された作品のひうとつ。「純潔の誓い」と呼ばれる製作上ん10個のルールがある。
・関連作: 『セレブレーション』(1998) 『オアシス』(2002) 『収容病棟』(2013)

映画『イディオッツ』

~あらすじ~
カレンは立ち寄ったレストランで奇妙な一団と出会う。口からよだれを垂らし、訳のわからない事を叫ぶ人々。レストランから追い出されそうになる彼らをかばうカレンだが、これはすべて白痴を真似たデモンストレーションだった……

出典:TSUTAYA DISCAS

 

\映画『イディオッツ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『イディオッツ』予告動画

The Idiots Official Trailer!

映画『イディオッツ』配信状況

映画『イディオッツ』配信状況

映画『イディオッツ』は動画配信サービスでは配信されていません。

 

宅配レンタルで映画『イディオッツ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
× 500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
× 1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT × 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年4月13日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『イディオッツ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『イディオッツ』監督・キャスト、原作紹介

映画『イディオッツ』基本情報

 

本作(タイトル) イディオッツ/Idioterne
公開年 1998年
上映時間/再生時間 1時間57分
監督 ラース・フォン・トリアー
キャスト ボディル・ヨルゲンセン、イェンス・アルビヌス、トレルス・ルビュー、ニコライ・リー・コース、アンヌ・ルイーセ・ハシング、ヘンリク・プリップ、ルイス・メソネオ
音楽/主題歌
主な受賞歴
制作会社/配給元

映画『イディオッツ』原作紹介

脚本:ラース・フォン・トリアー

映画『イディオッツ』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『セレブレーション』(1998)

~あらすじ・解説~
鉄鋼王ヘルゲの還暦を祝うパーティが催された日。長男クリスチャン、次男ミケルをはじめ、親戚の者たちが続々と広大な屋敷に集まった。やがて始まった晩餐会で、父の過去の秘密を暴くクリスチャン。それは、数ヵ月前に自殺した双子の妹リンダの復讐でもあった……。監督は「奇跡の海」のラース・フォン・トリアーらと共に結成した“ドグマ95”という映画監督集団のメンバーのひとりで、セットを使わず、カメラは手持ち、人工的な照明は禁止という条件で撮影された異色ドラマ。

出典:Yahoo!映画

監督:トマス・ヴィンターベア
出演:ヘニング・モリツェン、ウルリク・トムセン、トマス・ボー・ラーセン、パプリカ・スティーン

・第51回カンヌ国際映画祭(1998年)審査員賞(国際審査員賞)
・第24回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年)外国語映画賞
・第14回インディペンデント・スピリット賞(1999年)外国映画賞

 

『オアシス』(2002)

~あらすじ~
空想の世界で翼を広げていた私を あなたは 小さな冒険に誘い出す-- ひき逃げ事故で兄を助け刑務所から出たばかりの青年ジョンドゥは、家族のもとへ戻るものの、皆からけむたがられていた。ある日、被害者家族のアパートを訪れた彼は、寂しげな部屋で一人取り残された女性コンジュと出会う。脳性麻痺を持つコンジュは、部屋の中で空想の世界に生きていた。二人は互いに心惹かれ合い、純粋な愛を育んでいく

出典:Amazon

監督:イ・チャンドン
出演:ソル・ギョング、ムン・ソリアン・ネサン、チュ・グィジョン、リュ・スンワン

・第59回ヴェネチア国際映画祭(2002年)銀獅子賞(最優秀監督賞)/マルチェロ・マストロヤンニ賞

 

『収容病棟』(2013)

~あらすじ~
雲南省の精神病院。男性患者の収容病棟。中庭を囲む回廊。病室のいくつものドア。
カメラが患者たちの日常を映し始める。誰かと一緒に眠りたがる唖者のヤーパ、
ひたすら家を恋しがる青年マー、騒ぎをおこして手錠をかけられるインらに目を奪われる。

出典:Amazon

監督 ‏ : ‎ ワン・ビン

第70回ヴェネチア国際映画祭特別招待作品
・第35回ナント三大陸映画祭銀の気球賞受賞

 

映画『イディオッツ』関連作品 ~ラース・フォン・トリアー監督作品~

『奇跡の海』(1996)

~あらすじ~
1970年代初頭のスコットランド。戒律が厳しく、排他的な村に育ったベスは、油田の労働者ヤンと結婚する。幸せな結婚かと思われていたが、厳格なプロテスタント信仰が根強い排他的な土地では、誰もが祝ってくれるものではなかった。ある日ヤンは油田の事故で全身麻痺の障害を負ってします。回復の見込みのないヤンを献身的に世話をするベス。そんな彼女に、ヤンはあえて愛人をつくるように説得する。苦悩するベスが選んだ道は…。

出典:Amazon

監督:ラース・フォン・トリアー
出演:エミリー・ワトソン、ステラン・スカルスガルド

・第49回カンヌ国際映画祭(1996年)グランプリ(審査員特別グランプリ・審査員特別賞)
・第22回セザール賞(1997年)外国映画賞
・第9回ヨーロッパ映画賞(1996年)作品賞

 

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)

監督:ラース・フォン・トリアー
出演:ビョーク、カトリーヌ・ドヌーブ、デビット・モース、ピーター・ストーメア、ジョエル・グレイ

・第24回日本アカデミー賞(2001年)最優秀外国作品賞
・第53回カンヌ国際映画祭(2000年)パルム・ドール女優賞
・第16回インディペンデント・スピリット賞(2001年)外国映画賞
・第43回ブルーリボン賞(2001年)外国映画賞
・第13回ヨーロッパ映画賞(2000年)作品賞

 

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)はこちらから


映画『イディオッツ』口コミ(見どころ・感想)

映画『イディオッツ』口コミ(見どころ・感想)

ドキュメントタッチで描かれているのでかなり描写が生々しい・・・。

~見どころ~
「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアー監督の社会への挑発と受け止められる野心作。デンマークの映画運動で手持ちカメラによるロケ撮影のみ許される技術的な映画製作のルールを定めたプロジェクト「ドグマ95」の下で放った問題作。正常な人間であるのに知的障害者のふりをして、社会を挑発する団体の生態を過激な性表現で描かれた作品です。

「イディオッツ」と呼ばれる反社会的集団の伝説と言われるようになる異常な乱★パーティーは、本作の見どころになっています。

イェンス・アルビヌス、ボディル・ヨルゲンセン、アンヌ・ルイーセ・ハシングなど、デンマークでは名の知れた俳優が出演しています。またその過激な性表現のため、R15に指定された作品です。

~感想~
まずこの作品を観る前にとても気になったのが、「ドグマ95」のもとで撮影されたとういうことでした。

これは、デンマークの映画運動で、決められた映画撮影のルールというもので、「カメラは手持ち」「撮影はロケのみ」「映像と無関係な場所で作られた音を乗せない」「合成やフィルター禁止」など細かい内容になっています。

その内容からより生しい臨場感のある描写にする印象がします。そしてその細かいルールにのっとって撮影されたのが本作です。

作品自体の内容は、大きな家に住み込む男女が知的障害者のふりをして生活する集団のお話になっています。

ドキュメントタッチで描かれているのでかなり描写が生々しいので、観る方によってはシーンにより嫌悪感を抱くかもしれません。

しかし、通常のエンターテイメント映画にはない、この作品の持つパワーに圧倒されるのは間違いありません。本作の見どころになっている、乱★パーティーのシーンは本当に衝撃的の一言でした。

しかしながら、単なる乱痴気騒ぎでは終わっておらず、社会批判などしっかりしたテーマある映画なので見応えもありました。

映画『イディオッツ』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 5.57 6.8 3.4 3.0
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年4月13日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『イディオッツ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『イディオッツ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事