フランス映画『ぼくの好きな先生』動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・映画『ぼくの好きな先生』(2002)はフランスのドキュメンタリー映画。フランスの小さな田舎町の学校。もうすぐ定年で優しい先生と「素」の子供たちとのふれあいの姿を見ることができる。これは演技ではない!
・フランスのドキュメンタリー映画、関連作:『今日から始まる』(1999) 『パリ20区、僕たちのクラス』(2008)
・関連作:『北の国から』(1981、1983~2002・TV)
目次

映画『ぼくの好きな先生』あらすじ・動画

映画『ぼくの好きな先生』あらすじ

~あらすじ~
フランス中部、オーベルニュ地方。小さな村の小さな小学校に、今日もまた生徒たちが登校してくる。ここは全学年で13人の生徒と1人の先生しかいないごくごく小規模な小学校。それでも校内は和やかな雰囲気に包まれている。子供たちをたった1人で教育するジョルジュ・ロペス先生は、この学校で20年に渡り教鞭を執ってきた。先生は午前中に一番年少の子供たちを教える間、上級生たちには自習をさせるなど、古風ながら心のこもった授業を進めている。そんなある日、ロペス先生はあと1年半で退職することを子供たちに告げた。

出典:TSUTAYA DISCAS

映画『ぼくの好きな先生』予告動画

tre et Avoir (2002) Trailer

\フランスのドキュメンタリー映画『ぼくの好きな先生』を
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ぼくの好きな先生』無料視聴する方法と配信サービス

映画『ぼくの好きな先生』無料視聴する方法

フランスの映画『ぼくの好きな先生』は、動画配信がされていません。(2023年11月5日時点)

 

宅配レンタルで映画『ぼくの好きな先生』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
TSUTAYA DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

映画『ぼくの好きな先生』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
×600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
×1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年11月5日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\フランスのドキュメンタリー映画『ぼくの好きな先生』を
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ぼくの好きな先生』監督・キャスト、原作紹介

映画『ぼくの好きな先生』基本情報

本作(タイトル)ぼくの好きな先生/Etre et avoir/TO BE AND TO HAVE
公開年2002年
上映時間/再生時間1時間44分
監督ニコラ・フィリベール
キャストニコラ・フィリベール
ジョルジュ・ロペス
音楽
フィリップ・エルサン
主な受賞歴
制作会社/配給元ミラクルヴォイス、東京テアトル

映画『ぼくの好きな先生』原作紹介

ニコラ・フィリベール監督による、リアル・ドキュメンタリーのため、原作は存在しない

映画『ぼくの好きな先生』関連作品 ~フランスの映画~

ここはフランス。映画『今日から始まる』(1999) や『パリ20区、僕たちのクラス』(2008)を紹介します。

『今日から始まる』では、フランスの田舎町を舞台に、教育問題や貧困、暴力などが描かれていて劣悪な環境で孤軍奮闘する園長や先生たちの熱意や、子供たちや親たちを考える姿勢に共感した方が多いようです。ドキュメンタリー風のタッチが好評でした。一方でフランス映画には口論する場面が多い!?という声も聞かれます。

『パリ20区、僕たちのクラス』』では、パリの20区にある一つの小学校で、多様な文化的背景を持つ子供たちがどのように学び、成長するかを描いたドラマとなっています。子供たちの日常生活や友情、家庭内での問題や対立、そして教師との関係を通して、人種、宗教、性別、階級などの問題を探求しています。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『今日から始まる』(1999)

1999-ca-commence-aujourd-hui

~解説・あらすじ~
「田舎の日曜日」「ラウンド・ミッドナイト」の名匠ベルトラン・タヴェルニエ監督が、幼稚園児を守るために社会の歪みと闘うひとりの園長の姿を描いた愛と勇気の物語。
フランス北部、かつて炭鉱で栄えた町エルナン。今は、炭鉱の閉鎖で、失業者があふれ貧困にあえぐ町となっていた。そんな町の幼稚園の園長ダニエルは子どもたちの教育に情熱をそそいでいた。が、不況のあおりは教育現場を直撃、切り詰められる予算に増加する園児数。スタッフの負担は限界に達しようとしていた……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ベルトラン・タヴェルニエ
出演:フィリップ・トレトン、マリア・ピタレシ、ナディア・カシ、ヴェロニク・アタリー

『パリ20区、僕たちのクラス』(2008)

監督:ローラン・カンテ
出演:フランソワ・ベゴドー

・第61回カンヌ国際映画祭(2008年)パルム・ドール
・第24回インディペンデント・スピリット賞(2009年)外国映画賞

『パリ20区、僕たちのクラス』(2008)はこちらから

映画『ぼくの好きな先生』関連作品 ~日本のドラマ~

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『北の国から』シリーズ(1981、1983~2002・TV)

~解説・あらすじ~
富良野を舞台に家族の愛と絆をテーマにした、倉本聰原作による名作ドラマの第1シリーズ第1巻。妻が家を出てから半年、五郎は純と蛍を連れて富良野に移り住むが、純は田舎の暮らしに馴染めず…。

出典:TSUTAYA DISCAS

原作・脚本:倉本聰
出演:田中邦衛、吉岡秀隆、中嶋朋子、いしだあゆみ、竹下景子、地井武男、原田美枝子、大滝秀治、岩城滉一、大友柳太郎

田中邦衛『北の国から』ほか動画を無料視聴する方法

映画『ぼくの好きな先生』口コミ(見どころ・感想)

映画『ぼくの好きな先生』口コミ(見どころ・感想)

こんなにも素晴らしい14人の姿を作品に残してくれたニコラ・フィリベール監督には感謝したいです。

~見どころ~
一年に渡って密着し続けたカメラが映し出す子どもたちの表情、特にその眼差しは本作最大の見どころです。
序盤こそ授業中にカメラを気にするような素振りを見せますが、次第に彼らはありのままの姿を見せはじめます。
休み時間に楽しそうに遊ぶ姿や、真剣にロペス先生の話を聞く姿、時には喧嘩をして先生に叱られ涙ぐむ姿。
決して言葉では表されることのない彼らの感情を、瞳は雄弁に伝えてきます。
特に中盤、ロペス先生から退職を伝えられるシーンは本作のハイライトと言っても良いのではないでしょうか。
軽口のようなことを言いながらも、ショックを受け悲しみを見せる子どもたちの姿からは、先生への深い尊敬の念と愛情が伝わってきます。
またオリヴィエとジュリアン、ナタリーの最終学年の3人は思春期真っ只中の難しい年頃であり、家庭では自分自身ではどうしようもない問題を抱えている子もいます。

そんな3人に、常に愛情を持って穏やかに寄り添い続けるロペス先生の姿もぜひ見てほしいポイントです。

 

~感想~
ドキュメンタリーとはこんなにも面白いものだったのかと思いました。

 

カメラを通しているからこそ、何気ない日常に中にある13人の子ども達とロペス先生の魅力がはっきりと映し出されているのでしょう。
私自身にも子どもだった時があるにもかかわらず、子どもとは何を考えているか分からない騒々しい生き物だと思っていた自分が恥ずかしくなりました。
子どもたちはこんなにもはっきりと彼らの気持ちを周囲に伝えているのに。
またそんな子どもたちに辛抱強く語りかけるロペス先生の姿は、まさに30年後にこうでありたいと思わせてくれる成熟した大人でした。
叱る時も語気を強くすることはありませんし、笑う時も微笑むだけで声を立てることはない穏やかな人柄ですが、35年間も情熱を持って教師を続けてきただけあって、観ているだけの私でさえ彼からの暖かい愛情を感じ引き込まれました。
こんなにも素晴らしい14人の姿を作品に残してくれたニコラ・フィリベール監督には感謝したいです。

映画『ぼくの好きな先生』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.57.83.73.47
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年11月5日時点のものです。

映画『ぼくの好きな先生』まとめ

フランスの映画『ぼくの好きな先生』を紹介しました。

1980年代の日本。
東京じゃない、北海道を思い出させるのではないでしょうか。

そう、名作『北の国から』シリーズがあります。

『北の国から』(1981・TV)では、純と螢(吉岡秀隆、中嶋朋子)、正吉(中澤佳仁)が通う、中の沢分校の教師「凉子先生( 原田美枝子)」がいました。

凉子先生はもともと東京で教師していましたが、ある「理由」があって、富良野に赴任し教鞭を取っていたのです。

純と螢にとって、正吉は大事な友達。『北の国から』シリーズのなかでも、付き合いは続きます。

教師には異動はつきものなのですが、凉子先生は『北の国から』(1981・TV)でしっかりと見ておきたいです。
凉子先生も「’83冬」「2002 遺言」で、手紙や再会という形で、繋がっていました。


日本の教育はどうなの?

2020年度は「新学習指導要領」が適用される年度でした。

「英語教育改革」

小学校においては、英語の教科化が。具体的には、小学校3、4年に「外国語活動」を、5、6年生に「外国語科」として授業が行われることになりました。

また「プログラミングの導入」も行われ、プログラミング教育が必修化されました。

「大学入学共通テストの実施」

従来「センター試験」と呼ばれた大学入試の仕組みが変わり、2021年度から「大学入学共通テスト」が実施されました。一般試験において、志望理由書の提出や小論文や面接があるなど、大学によっても課される試験が、異なってきます。

時代とともに、国の教育方針が変化していくものですが、これから求められていくグローバル化情報化の面での急速な社会の変化に対応していく能力を身に着けていくという形の表れといえるでしょう。

映画『ぼくの好きな先生』エンタメのまとめ

・書籍はこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ぼくの好きな先生』動画が見れるサイトは?

 

\フランスのドキュメンタリー映画『ぼくの好きな先生』を
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次