この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

POINT:
・『HERO(英雄)』(2002)は、チャン・イーモウ監督による中国の武侠映画。
・『HERO(英雄)』の特筆すべきは、豪華なキャストに、広大な自然の風景。CGでも出すことができない人海戦術の迫力や色彩豊かな衣装映像の美しさ。ここにチャン・イーモウ監督のこだわりが見てとれる。
・『HERO(英雄)』は、第22回香港電影金像奨(2003年)では最優秀撮影賞などを7部門で受賞した。
・関連作:『レッドクリフ Part I』(2008)『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』(2009)『安市城 グレート・バトル』(2017)『イップ・マン 完結』(2019)

映画『HERO(英雄)』

~あらすじ~
紀元前200年、戦乱の世の中国。ある日、のちに始皇帝と呼ばれることになる秦王のもとに、無名と名乗る一人の男が拝謁する。彼は、最強と恐れられた趙国3人の刺客たちの名がそれぞれ刻まれた一本の槍と二本の剣を携えていた。無名は、十歩の距離まで近づけば如何なる相手も一撃で仕留める剣術“十歩必殺”を極めヽ人の刺客を討ち倒したという。暗殺者たちから身を守るため百歩以内に誰も近づけようとしない秦王だったが、無名の功績を認め特別に十歩の距離まで近づくことを許し、早速3人の刺客たちを討ち取った経緯を語るよう促すのだった…。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

 

\映画『HERO(英雄)』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『HERO(英雄)』予告動画

映画『英雄(HERO)』 日本版予告編1

映画『HERO(英雄)』配信状況

映画『HERO(英雄)』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『HERO(英雄)』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『HERO(英雄)』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・Amazonプライム
・music.jp

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×ベーシックプラン:1,017円/無しParavi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×3,000円/無しDAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年10月30日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『HERO(英雄)』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『HERO(英雄)』監督・キャスト、原作紹介

映画『HERO(英雄)』基本情報

 

本作(タイトル)HERO/英雄/Ying xiong
公開年2002年
上映時間/再生時間1時間39分
監督チャン・イーモウ
キャスト無名(ウーミン)・・・ジェット・リー
残剣(ツァンジェン)・・・トニー・レオン
飛雪(フェイシエ)・・・マギー・チャン
如月(ルーユエ)・・・チャン・ツィイー
秦王(チンワン)・・・チェン・ダオミン
長空(チャンコン)・・・ドニー・イェン
音楽
譚盾(タン・ドゥン)
主な受賞歴・第22回香港電影金像奨(2003年)/最佳攝影(Best Cinematography)/最佳美術指導(Best Art Direction/最佳服裝造型設計(Best Costume & Make Up Design)/最佳原創音樂(Best Original Film Score) /最佳音響效果(Best Sound Design)/最佳視覺效果(Best Visual Effects)
・ベルリン国際映画祭 (2003年)アルフレード・バウアー賞
・ NY批評家協会賞(2004年) 撮影賞
制作会社/配給元北京新画面影業有限公司、銀都機構有限公司、香港精英娯楽有限公司/ ワーナー・ブラザース

映画『HERO(英雄)』原作紹介

原作:チャン・イーモウ、リー・フェン、ワン・ビン

映画『HERO(英雄)』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『レッドクリフ Part I』(2008)

~解説・あらすじ~
私財10億円を投げ打ってジョン・ウー監督が完成させた未曾有の赤壁の戦い。

『M:I-2』のジョン・ウー監督が “三国志” の赤壁の戦いを壮大なスケールで描いた、歴史・アクション大作。時は後漢後期。 かつては栄華を誇った漢王朝も、まさにその役目を終えようとしていた混沌の時代。 ライバルたちを次々と撃破し、皇帝を凌駕する “力” を持った曹操。片や、曹操にライバル視され、追われ続ける劉備。 野望の塊と化した、曹操の次なるターゲットは、名将・周瑜が支える、新興勢力の呉。80万とも言われる曹操軍へ挑むべく、劉備軍の名軍師・諸葛孔明と、周瑜がタッグを組む。いままさに、“レッドクリフ”(赤壁)で、乾坤一擲の戦いが始まろうとしていた…。

出典:楽天TV

監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ

『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』(2009)

~解説・あらすじ~
ジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編。ついに迎えた歴史的大戦“赤壁の戦い”が空前のスケールで展開していく。

孔明、周瑜の活躍のおかげで、80万の曹操軍をわずか5万で撃退することに成功した劉備・孫権連合軍。しかし、思わぬ大敗にも依然圧倒的な勢力を誇る曹操は、2000隻の戦艦を率いて赤壁へと進軍する。そんな中、曹操軍には疫病が蔓延してしまうが、非情な曹操は死体を船に積み、連合軍のいる対岸へと流す。これにより連合軍にも疫病が拡がり、ついに劉備は自軍の兵と民のため撤退を決断する。孔明はただひとり戦地に残り、周瑜とともに戦う道を選ぶのだったが…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城 武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、フー・ジュン

 

『安市城 グレート・バトル』(2017)

~あらすじ~
西暦645年、唐の皇帝・太宗は朝鮮半島全土をも支配下に置くべく、自ら20万人を超える大群を率い高麗軍の都へと進撃を続けた。
高麗軍の城主が次々と降伏、敗走する中、安市城の城主ヤン・マンチュンは国を守るため、高麗軍の民を守るため、たった5000人の兵を率い、
無謀とも言える孤立無援の戦いを挑むことを決意する。

出典:Amazon

監督:キム・グァンシク
出演:チョ・インソン、ナム・ジュヒョク、パク・ソンウン

 

『イップ・マン 完結』(2019)

~あらすじ~
1964年、サンフランシスコに渡った詠春拳の達人イップ・マン。
彼は、弟子ブルース・リーとの再会や太極拳の達人ワンとの対立を経て、アメリカという異郷に生きる人々が直面する厳しい現実を知る。
やがて中国武術を敵視する海兵隊軍曹バートンとの激闘の果てにワンが倒れた時、イップ・マンは、宣告された病を隠し、人々の誇り、未来のために立ち上がる。
香港に残して来た息子にある思いを伝えた彼は、ただ一人、最後の闘いへ進みゆく・・・。

出典:Amazon

監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、ウー・ユエ、ヴァネス・ウー、スコット・アドキンス、チャン・クォックワン

 

映画『イップ・マン 序章』動画を無料視聴する方法

 

映画『HERO(英雄)』口コミ(見どころ・感想)

映画『HERO(英雄)』口コミ(見どころ・感想)

中国の碁石って、日本の碁石に比べて大きく丸っこくて可愛いんですよね。色も天然石の様な色合いで綺麗でした。

見どころ~
映画『HERO(英雄)』は色彩がとても美しく、特に朱色が鮮やかで印象に残ります。
他にも衣装だったり、景色だったり、些細なところまで美しく、美しくないところが無い映画です。

個人的な見どころは、おびただしい数の矢が一斉に放たれるシーンと、ジェットリーがその飛んできた沢山の矢を布で払うシーン、ドニ-イェンが雨の中、碁を打つシーンです。

中国の碁石って、日本の碁石に比べて大きく丸っこくて可愛いんですよね。色も天然石の様な色合いで綺麗でした。

碁を打つシーンが中々幻想的で、しかもそこからドニ-イェンとジェットリーの戦いが始まるので、この展開に一瞬で引き込まれます。

ストーリーの展開上、話が2転3転しますが、どのストーリーも筋書きがしっかりしていて見応えがあるので、1つの映画を見ただけで3つの映画を見たような充実感があります。

感想~
ストーリー構成は斬新な作りになっていると思います。

最後まで「どれが真実なの!?」という感じなので、真剣に見ると少し頭を使うかも?

戦いの見せ方も他の映画にはあまりない、意識の中で戦うというか、お互いの気?意念?の中で戦うという様なシーンがあり、インパクトがあります。

ジェットリーとドニ-イェンは直接関係しませんが、ストーリー展開上、恋愛シーンや男女の愛憎劇が入ってくるので、そういった描写に抵抗がある方は同じくジェットリー(当時はリーリンチェイ名義)とドニ-イェンが共演した『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』(1992)をお勧めします。

しかし、ジェットリーとドニ-イェンの共演&映像の美しさは一見の価値ありです。

映画『HERO(英雄)』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.147.93.43.7
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年10月30日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『HERO(英雄)』動画が見れるサイトは?

 

\映画『HERO(英雄)』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事