スポンサーリンク

この記事は約 6 分で読めます。

DAZNテレビ見るには

 

動画配信サービスDAZNをふだん、どのようなデバイス(端末)で視聴していますか。

ほとんどの方がスマホやタブレットではないでしょうか?
パソコンで見ている方もいるでしょう。

今回はDAZNをより大きな画面で楽しむ方法として、テレビでの視聴について紹介していきます。 

 

DAZNとスマートテレビを組み合わせてみよう

 

まず、「スマートテレビとは何だろう?」となる方が多いかと思います。

スマートテレビとは、インターネットに接続できるテレビです。

 

テレビ本体にダウンロードされたアプリを使ってインターネットブラウジングや、Hulu(フール) Netflix (ネットフリックス)などの動画配信サービスを利用したりすることができます。

また、スマホやタブレットとアプリを用いて接続することで、離れたところからの操作や番組録画の登録ができるようになったりします。

 

スマートテレビは、LGエレクトロニクス・パナソニック・ソニー・フィリップス・サムスン・シャープ・東芝が、対応するテレビを発売しています。

 この、スマートテレビを使ってDAZNを視聴するには、テレビをインターネットに接続をしましょう。

 

接続方法は、無線でも有線でも構いません。

テレビリモコンに「アプリ」や「インターネット」もしくは、それ以外のボタンがあればそちらを開くと、利用できるサービスが出てきます。

 

そのなかから「DAZN」のロゴを選択しましょう。

ログイン画面が表示されますので、ログインをしましょう。これだけでDAZNをテレビの大画面で楽しむことが出来るようになりました!

 

もし、スマートテレビに対応しているにも関わらず、「DAZN」のアイコンが見つからない場合は残念ながらスマートテレビのバージョンが対応しておらず「DAZN」のアプリがダウンロードされていません。

その場合は、Fire TV stickやChromecastなどのSTB(セットトップボックス)を別途購入し、テレビと接続することでテレビでの視聴が可能になります。

 

もしくはPS4のようなインターネットに接続できるゲーム機に同様の機能があるものでも、利用することができます。

 

 

テレビでDAZNを視聴する場合、スマホは利用できた時系列の番組表の表示ができなくなります。

DAZNが進めるコンテンツが画面に表示されるかたちになりますので、目的のコンテンツを探す場合は、「スポーツ一覧」から目的のスポーツやリーグ、チームを選択して探すようになります。

 

また、一部でサービスがリリースされている「ダウンロード」機能には対応はしていません。

 ですが、テレビでのDAZN視聴ができると、ふだんはスマホやタブレットなどの画面で楽しむことしかできなかったスポーツを、大画面で、また大勢で楽しむことが可能になります。

 

今まで以上のスポーツを楽しむことができるようになるでしょう!


 

DAZNの視聴環境はどうなのか?

 

インターネット環境の良し悪しは、目に見える通信速度の数値のほかにも関係する要素が多いため、どのような環境であれば正しいのかは、一概に述べることが難しいです。

DAZNの推奨しているインターネット回線の速度である(標準画質(720p)で接続スピードは、5.0MbpsHD画質(1080p)接続スピードは、9.0Mbps)環境であれば、ほぼ不満なく視聴は可能です。

 

ただ、この環境はDAZN側の環境も考慮しなければならないため、人気のライブ中継が重なってしまうとどうしても、画像が荒くなってしまう傾向が強いように感じます。

DAZNは、他の動画配信サービスのようにユーザー側が環境に適した画質を選択することができません。

 

そのため、DAZNの推奨する画質で配信されてしまうために、ユーザー側の視聴しようとしている機器の性能が追い付かない場合や、ライブ中継を視聴しようとした際に回線が混雑してしまうと画像の粗さが目立つようになってしまいます。

また、固定回線以外でWi-Fiを利用する場合はデータ通信量の消費が大きくなるため、契約しているデータ量も考慮しなくてはいけません。

 

光通信を導入している場合は、固定通信になるのでデータ通信量に上限はありませんから、そこまで気にする必要はありません。

どうしても、テレビで安定した通信環境を保ち視聴をしたい場合は、インターネット環境の見直しも視野に入れたほうが良さそうですね。

 


 

ここまで、DAZNをスマートテレビで視聴する方法や視聴環境についてご紹介しました。

低価格でスポーツを自宅に居ながら楽しむことができるのが、DAZNのテレビ視聴です!
ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事