『東京ゴッドファーザーズ』あらすじ、動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・『東京ゴッドファーザーズ』は今敏(こん さとし)監督のアニメ映画。
・ミユキ役には、NHK連続テレビ小説『オードリー』で有名な岡本綾が声出演。
・街並みの背景美術やキャラクターの人間臭い芝居が国内外で評価された。クリスマス~年末に見るのがおススメ。
・今敏監督作品:劇場アニメ『PERFECT BLUE』(1997)『千年女優』(2001)『東京ゴッドファーザーズ』(2003)『パプリカ』(2006)
目次

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』あらすじ・動画

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』あらすじ

~あらすじ~
東京・新宿。元競輪選手のギンちゃん、元ドラッグ・クイーンのハナちゃん、家出少女のミユキのホームレス3人は、町の片隅で威勢よく生きていた。
そんな彼らはクリスマスの夜、ゴミ置き場の中からひとりの赤ん坊を見つける。ギンちゃんは、すぐに警察に届けるべきだと主張するが、ずっと赤ん坊を欲しがっていたハナちゃんは、勝手に“清子”と命名して大はしゃぎ。
結局、ハナちゃんに押し切られる形で3人は自分たちで清子の親探しをすることに。手掛かりはスナックの名刺と数枚の写真だけ。それでも3人は希望を抱いて奔走するのだが…。

出典:Yahoo!映画

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』予告動画

東京ゴッドファーザーズ – 予告編

\アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』を<U-NEXT>で見てみる!/

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』無料視聴する方法と配信サービス

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスでアニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルでアニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・Amazonプライム
・music.jp
・Leminoプレミアム
・Amazonプライム

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信 
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル
1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
⇒ ⇒
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年10月23日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

\アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』を<U-NEXT>で見てみる!/

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』監督・キャスト、原作紹介

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』基本情報

本作(タイトル)東京ゴッドファーザーズ/Tokyo Godfathers
公開年2003年
上映時間/再生時間1時間31分
監督今敏
キャスト/(声優)ギン・・・(江守徹)
ハナ・・・(梅垣義明)
ミユキ・・・(岡本綾)清子・・・(こおろぎさとみ)
太田・・・(飯塚昭三)
母さん・・・(加藤精三)
泰男・・・(石丸博也)
老人・・・(槐柳二)
ミユキの父・・・(屋良有作)
医者・・・(大塚明夫)
新郎・・・(小山力也)
胡桃沢・・・(犬山イヌコ)
猫ババ・・・(柴田理恵)
タクシー運転手・・・(山寺宏一)ほか
音楽/主題歌
「No.9」鈴木慶一
主な受賞歴
制作会社/配給元「東京ゴッドファーザーズ」製作委員会(マッドハウス、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント、電通、岩瀬安輝、遠谷信幸)/ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』原作紹介

原作:今敏(こん さとし)

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』関連作品

2010年。今敏監督は享年46才という若さでこの世を去りました。

今敏監督の作品ですが、人間心理や社会問題を深く掘り下げ、現実と虚構の境界を曖昧にする独自の演出法で、日本アニメ界の巨匠として名高い存在です。彼の作品は、観客に強烈な印象を残すだけでなく、海外でも高い評価を受けています。

今回は、今敏監督の劇場アニメ作品の中から、『PERFECT BLUE』(1997年)、『千年女優』(2001年)、『パプリカ』(2006年)の3作品について、それぞれのあらすじや制作秘話、役者秘話、データなどを紹介します。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『PERFECT BLUE』(1997)

声優:岩男潤子、松本梨香、辻親八 ほか

『PERFECT BLUE』は、今敏監督の劇場アニメデビュー作です。アイドルグループ「CHAM」から女優に転身した霧超未麻が、自分の過去や現在に苦悩し、精神的に追い詰められていく様子を描いたサスペンス・スリラーです。現実と幻影が入り混じるストーリー展開や衝撃的なラストシーンは、観客の心に強く刻まれました。

この作品は、日本だけでなく海外でも高い評価を受け、カナダのファンタジア国際映画祭でグランプリを受賞しました。また、ハリウッドの名監督ダーレン・アロノフスキーがこの作品に影響されたと言われており、彼の映画『ブラック・スワン』(2010年)との類似点が指摘されています。

制作秘話としては、当初はOVAとして企画されていたことや、原作者である武本サブローが脚本に不満を持ち、クレジットから名前を外したことなどが挙げられます。また、声優陣も豪華で、主人公の霧超未麻役は岩男潤子が務めました。岩男はこの作品で初めて主演を務めたことや、過激な演技に挑戦したことで話題になりました。他にも松本梨香や辻新八などの有名声優が出演しています。

データとしては、興行収入は1億円弱であり 、観客動員数は約8万人でした 。

『千年女優』(2001)

声優:声優:荘司美代子、折笠富美子、小山茉美、飯塚昭三、佐藤政道 ほか

『千年女優』は、今敏監督の2作目の劇場アニメです。芸能界を引退して久しい戦前生まれ伝説の大女優・藤原千代子が、自分の半生を語りながら、映画の世界と現実の世界が入り混じっていく様子を描いた作品です。

この作品は、今敏監督の代表作として名高く、多くの賞を受賞しました。文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞や毎日映画コンクール大藤信郎賞などがその例です。また、海外でも高い評価を受け、カナダのファンタジア国際映画祭で最優秀アニメーション作品賞と芸術的革新賞を受賞しました。

制作秘話としては、主人公の藤原千代子役は荘司美代子が務めました。荘司はこの作品で声優デビューを果たしましたが、実は元々は女優であり、今敏監督が彼女のファンだったことから起用されたと言われています。また、この作品ではアニメーションの技法や表現方法に多様な工夫が凝らされており、時代や場面によって画風や色彩が変化するなど、視覚的にも楽しめる作品になっています。

データとしては、興行収入は約1億5000万円であり 、観客動員数は約10万人でした 。

『パプリカ』(2006)

~あらすじ~
医療研究所が開発した、他人の夢を共有できる画期的テクノロジー“DCミニ”が盗まれた。それを機に研究員たちが、次々と何者かに支配されるかのように奇怪な夢を見るようになる。
謎の解明に挑む美人セラピスト千葉敦子は、極秘のセラピーを行うため、性格も容易もまったく別人格の“夢探偵パプリカ”に姿を変え、クライアントの夢の中へと入り込む。ところが完全に操られた夢の中で、おぞましい罠がパプリカを待ち受けていた。

出典:Amazon

声優:林原めぐみ、古谷徹、江守徹 ほか

『パプリカ』は、今敏監督の遺作となったアニメ映画です。原作は筒井康隆の同名小説で、夢を共有できる装置「DCミニ」を巡るサイコサスペンスです。今敏監督の作品に共通する夢と現実の交錯や幻想的なビジュアルが魅力的に展開されます。

『パプリカ』は、筒井康隆からのラブコールで映画化が実現したと言われています。筒井康隆は、『時をかける少女』や『七瀬ふたたび』などのSF小説家で、夢や妄想を題材にした作品が多くあります。

『パプリカ』の主人公は、表の顔は精神医療研究所の研究者、裏の顔はパプリカというコードネームのセラピストの千葉敦子です。彼女は、「DCミニ」を使って他人の夢に入り込み治療を行いますが、その装置が盗まれて悪用されることで危機に陥ります。声優は林原めぐみが務めました。

『パプリカ』の制作秘話としては、音楽家の平沢進が音楽を担当したことが挙げられます。平沢進は、先に音楽を作ってもらいそこに絵を当てて仕上げたという手法を取りました。また、今敏監督は色彩にこだわり、夢と現実の境界を曖昧にするために色彩設計を自ら行ったと言われています。

『パプリカ』のデータとしては、興行収入は約3億円でした。国内外で高い評価を受けました。第80回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画第1位に選ばれました。また、第79回アカデミー賞の長編アニメーション映画賞の候補にもなりましたが、ノミネートは逃しました。

『パプリカ』は、今敏監督の集大成とも言える作品です。夢と現実の間を描く作風や緻密なストーリー展開、刺激的なビジュアルと音楽が見どころです。今敏監督のファンはもちろん、SFやサスペンスが好きな方にもおすすめです。

『パプリカ』(2006)はこちらから

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』口コミ(見どころ・感想)

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』口コミ(見どころ・感想)

クリスマス~年末の31日鑑賞が自分のオススメです!

~見どころ~
日本アニメを代表する映画監督になりながら急逝してしまった、今敏監督のオリジナルストーリーアニメです。

元競輪選手のギン、オカマのハナ、家出少女ミユキは、新宿の公園でホームレスとして暮らしていいました。

クリスマスの日、3人はゴミ捨て場で赤ん坊を拾います。

ハナは赤ちゃんにキヨコと名付け、自分で育てると言い始めます。ギンとミユキは警察に届けようと提案するも、ハナは聞き入れず、3人はキヨコの両親を探すことになります。

キヨコのカゴの中に入っていたコインロッカーのカギを手掛かりに、夜の町を彷徨うホームレスたち。行く先々でトラブルや奇跡の出会いに翻弄される事になります。

ヤクザの結婚式に出席することになり、ギンは自分がホームレスになるキッカケを作った因縁の男に出くわし、ミユキはヤクザの銃撃戦にまきこまれ連れ去られてしまいます。二人とはぐれたハナは自分が、かつて働いていた店で恩人のママに再開する事に。

 

トラブルの果てに、遂にキヨコの母親に出会うミユキとハナ。

だがその頃、ギンはキヨコが実の親から誘拐された赤ん坊だと知らされるのです。

~感想~
毎年クリスマスから年末年始にかけて観たくなる映画です。

同じ今監督の『PERFECT BLUE』や『パプリカ』に比べると、ストーリーのエッジや独特の幻想と現実の入り混じる演出は少ない分、街並みの背景美術、キャラクターの人間臭い芝居が素晴らしい出来です。

出演キャストも面白く、ギンの江守徹さん、ハナの梅垣義明さんが良い味出してます。特に梅垣さんは、ハナのスナックで活躍していた若い頃のシーンなんか、そのまんまですね。

キレイどころのヒロイン・ミユキには、NHK朝ドラ『オードリー』で有名な岡本綾さんが何故か出演。多分アニメ出演はこれだけです。

クリスマス映画と思って見ると、むしろ年末年始で締めなので、「アレっ」となってしまうかもしれません。31日鑑賞が自分のオススメです。

色々深く考えてしまうと悲しい事や嫌な話も多い作品なのですが、ラストの第九に乗って気持ちよくラストが飾られます。

音楽からストーリー展開まで、全てが非常にテンポ良い!

~見どころ~
毎年12月になり、クリスマスが近づくと、いつも観たくなって、必ず観てしまう大好きな作品です。

音楽からストーリー展開まで、全てが非常にテンポ良く進み、主人公のホームレス三人組たちのキャラクターもとてもユニークで、観ていて目が離せません。

アニメならではの、表情豊かな描写に、アニメならではの、微妙なリアルな描写の、全てが観ていて楽しいです。

でも、ただ、面白い楽しいだけのアニメではなく、それぞれの複雑な過去の人生が混じりあって進む物語、そして、ラストのラストの展開まで見所がたくさんあります。

意外な役者さんたちが演じている、メインの三人組の声の吹き替えもハマっていて聞き逃せないところです。

私は紅白ではなく、この映画を観て、一年の終わりを実感しています。

 

~感想~
おじさん、おネエ、女子高生と言う、何の共通点もないバラバラのホームレス。

三人組のキャラクターがとても面白くて、三人が全くの赤の他人なのに、奇妙な家族のような、何とも言えない不思議な関係性と、いつもケンカ。

でも、お互いを思いやっている事がわかるやり取りに、ハラハラしつつもホッコリします。

年末年始の寒い冬空の下で、あっちに行ったり、こっちに行ったりしつつも進む、たくさんの親子の人間模様、愛していたり憎んでいたり、複雑な心境を抱えつつ進む物語は最後まで必見です。

ホームレスでありながらも、仲間たちと賑やかに暮らす様子は一見楽しそうですが、本当の家族や愛と言うモノはどれなのか何なのか、ふと考えてしまう、そんな映画です。

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.397.83.94.15
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年10月23日時点のものです。

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』まとめ

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』エンタメのまとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』動画が見れるサイトは?

 

\アニメ映画『東京ゴッドファーザーズ』を<U-NEXT>で見てみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次