TBSテレビ「マツコの知らない世界」で、女優、歌手の吉永小百合さんが紹介されます。

 

マツコの知らない世界【新春SP今絶賛…昭和美女をIKKOと】
2023年1月3日(火) 21時00分~23時15分【放送】

 

令和世代が絶賛!吉永小百合・加賀まりこ銀幕スター達/聖子明菜ら伝説アイドル…貴重映像で昭和美女をIKKOと白熱振り返り美のカリスマIKKOが語る【昭和美女】銀幕スターからアイドル歌手まで続々…令和世代が絶賛!加賀まりこ/麻丘めぐみ/松田聖子

番組紹介

※この記事では、番組紹介等から予想される情報を事前予測し、まとめています。放送内容によっては異なる可能性もありますので、ご了承ください。

吉永小百合の歌<厳選18曲>

歌・シングル名DVD・レコード・備忘録
1吉永小百合「愛と死のテーマ」
映画『愛と死をみつめて』主題歌
2吉永小百合「伊豆の踊子」
映画『伊豆の踊子』主演・薫 役
1963年(昭和38年)第14回NHK紅白歌合戦に出場。「伊豆の踊子」を歌唱した。
3吉永小百合「美しい暦」
映画『美しい暦』(1963)主演・矢島貞子 役
4吉永小百合「組曲「おばあちゃん」 <挿入曲>天満の市は(子守唄)  ひいふの三吉(手毬唄)  おんごく(盆唄)」LP『おばあちゃん / 可愛い妹達のために』からA面のみ収録されているものです。
5吉永小百合「風と樹と空と」
映画「風と樹と空と」(1964年) 主演・沢田多喜子 役
6吉永小百合「キューポラのある街」
映画『キューポラのある街』(1962)では、主演・石黒ジュン 役で第13回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した。本作では、世間から熱い注目を集めた。
7吉永小百合「草を刈る娘」
映画『草を刈る娘』(1961)主演モヨ子 役
8吉永小百合「こんなに愛しているのに」1967年7月の曲。EP(レコード) 「ひとりの時も」のB面に入っている曲です。
9吉永小百合「十五夜お月さん」童謡誕生 ストーリーから。
10吉永小百合「太陽はいつも」1963年3月の曲。EP(レコード) 「雨の中に消えて」のB面に入っている曲です。
11吉永小百合「泥だらけの純情」
映画『泥だらけの純情』(1963年) 横山真美 役
12吉永小百合「奈良の春日野」1965年9月の曲。EP(レコード) 「天満橋から」のB面に入っている曲です。ここでしか書けませんが、「奈良の春日野」は、副題は『鹿のフン』という再発されたことがあったんですよ。
13吉永小百合「ねむの木の子守歌今ではふつう!?考えらえないのですが、吉永小百合さんと上皇后美智子さまが(昔は民間人でしたので、今で言えば)コラボしたビューティフルな1枚なんです!
14吉永小百合「光る海」
映画光る海(1963)主演・石田美枝子 役
15吉永小百合「みんなで行こう」1967年3月、EP(レコード) 「街のハト」のB面に入っている曲です。が、2011年3月11日に起こった東日本大震災の支援活動を目的とした、吉永小百合自身による企画盤にもなっています。
16吉永小百合「娘たちはいま」
出演:吉永小百合、八千草薫、尾崎奈々、石坂浩二
『娘たちはいま』は曽野綾子作の小説を原作とした、1967年にTBS系列で放送されたテレビドラマでした。
17吉永小百合「吉永小百合からの手紙/使用曲:セレナーデ」「書く、を支える。」がブランドメッセージを持つ株式会社パイロットコーポレーション創立100周年の際、企業CM『手紙を書きたくなる歌』篇に吉永小百合さんが出演されました。
18橋幸夫・吉永小百合「いつでも夢を」

映画『いつでも夢を』(1963) 三原ひかる 役

映画の主題歌にもなった橋幸夫と吉永小百合によるデュエット曲。吉永は3枚目のシングルにあたる。300万枚の大ヒットとなり、第4回日本レコード大賞受賞曲となった。

NHK朝ドラ『あまちゃん』(2013・TV)では、あまちゃんこと天野アキの祖母で春子の母親・天野 夏(通称「夏ばっぱ」)が、地方巡業で橋が来るということで、花束贈呈をするも急きょステージで一緒に歌うシーンがある。

 

※橋幸夫と吉永小百合によるデュエット曲の動画(現像)⇒

 


吉永小百合ベスト100~いつでも夢を、いつまでも夢を~

吉永小百合の本

夢の続き (集英社文庫)

吉永小百合 私の生き方(講談社)


吉永小百合 私の生き方

~解説~
今、出演する映画でつねに主役をはる俳優が、吉永小百合さんその人。
山田洋次監督は、「高倉健さん亡きあと、小百合さんは『最後のスター』になってしまった。素敵な女優さんはいるけど、小百合さんは別格の存在」と評します。

なぜ、密着取材を引き受けたのかと問われて、吉永さんは笑顔でこう答えました。
「いつ死ぬかわからないから、撮っていただいて幸せでした――」
121本目にあたる出演映画の制作現場に初めてカメラが入、そこで吉永さんが見せてくれたのは、他人を演じるという俳優の得がたい特権と、そのための挑戦。
今「自分に正直に生きたい。難しいことはありますけど、悔いはなくなりますね」と述べる吉永さんのその生き方は、豊かな人生に欠かせない秘訣でもあります。そんな名言も飛び出すインタビューでは、放送では紹介しきれなかった、樹木希林さんとの友情、年齢の受け止め方などなど、その素顔と潔い生き方が文字に鮮やかに刻まれています。

出典:Amazon

まとめ

吉永小百合さんは、作曲家である吉田正の門下生として、数多くのレコードを世に送り出してきました。
吉田正といっても、パっと思い出せないかもしれませんが、18/18選に選んだ橋幸夫・吉永小百合のデュエットによる「いつでも夢を」のほか、フランク永井の「有楽町で逢いましょう」(1957年)、尾和子&和田弘とマヒナスターズの「誰よりも君を愛す」(1959年)などの作曲で知られている方です。

童謡を歌い、愛を歌う。

「追憶 ~幼き日の想い出」というLP(レコード)には、なつかしの童謡集が収められてます。
十五夜お月さん、通りゃんせ、夕焼小焼、赤とんぼ、七つの子・・・。これだけでも知ってるいる曲ありますよね。
全23曲あって、すべて吉永小百合さんのヴォーカル収録されています。

 

 

\『半沢直樹』『ドラゴン桜』等ドラマ多数。
見逃し配信「マツコの知らない世界」を<Paravi>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事