スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

POINT:
・本タイトルは、『34丁目の奇蹟』『三十四丁目の奇跡』として発売されている。
・本作はモノクロ映画である。が、『三十四丁目の奇蹟 スペシャル・カラー・バージョン』としてカラーライズ化された。
・1994年には、本作のリメイク版(出演:リチャード・アッテンボロー)も製作された。

映画『34丁目の奇跡』

ニューヨークのデパートで、サンタクロースとして雇われた白ヒゲの老人クリス・クリングル。クリングルのサンタは評判を呼ぶが、彼は「自分は本物のサンタだ」と主張し、ついには裁判が開かれる――

出典:Amazon

 

\映画『34丁目の奇跡』を見てみる!
おもちゃ・フィギュアも<Amazon>でチェック!/

 

映画『34丁目の奇跡』予告動画

Miracle on 34th Street (1947) Trailer

映画『34丁目の奇跡』配信状況

映画『34丁目の奇跡』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『34丁目の奇跡』が見ることができます。

・Amazonプライム

では、白黒(カラー・バージョンではない)ですが、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『34丁目の奇跡』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV1,026円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTERASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:880円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年12月24日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『34丁目の奇跡』を見てみる!
おもちゃ・フィギュアも<Amazon>でチェック!/

映画『34丁目の奇跡』監督・キャスト、原作紹介

映画『34丁目の奇跡』基本情報

 

本作(タイトル)34丁目の奇蹟/三十四丁目の奇跡/Miracle on 34th Street
公開年1947年
上映時間/再生時間1時間36分
監督ジョージ・シートン
キャストドリス・ウォーカー・・・モーリン・オハラ
弁護士 フレッド・ゲイリー・・・ジョン・ペイン
クリス・クリングル(サンタクロース)・・・エドマンド・グウェン
ハーパー判事・・・ジーン・ロックハート
ドリスの娘 スーザン・ウォーカー・・・ナタリー・ウッド 

精神科医師 グランヴィル・ソーヤー・・・ポーター・ホール
チャーリー・・・ウィリアム・フローリー
郵便局員・・・ジャック・アルバートソン
レポーター・・・ジェフ・コーリイ
酔っぱらいサンタクロース・・・パーシー・ヘルトン
レポーター・・・リチャード・アーヴィング

音楽
アルフレッド・ニューマン、シリル・J・モックリッジ
主な受賞歴・第20回アカデミー賞(1948年)助演男優(エドマンド・グウェン)、脚色賞
・第5回ゴールデングローブ賞(1948年)脚本賞、助演男優賞(エドマンド・グウェン)
制作会社/配給元ウィリアム・パールバーグ、20世紀フォックス/セントラル

映画『34丁目の奇跡』原作紹介

原作:バレンタイン・デイビス 脚本:ジョージ・シートン

映画『34丁目の奇跡』関連作品①

『34丁目の奇跡』(1994)

映画『34丁目の奇跡』(1947)公開のあと、幾度かリメイクが行われています。

TVドラマでは、トーマス・ミッチェル主演(1955年)、エド・ウィン主演(1959年)、デヴィッド・ハートマン(1973年)があります。

 

1994年には、映画『34丁目の奇蹟』(『三十四丁目の奇跡』とも)リメイク版が製作されました。出演:リチャード・アッテンボローです。

監督:レス・メイフィールド  出演:リチャード・アッテンボロー、 マラ・ウィルソン

映画『34丁目の奇跡』関連作品②

『素晴らしき哉、人生!』(1946)

~あらすじ~
人生に絶望し河に身を投げようとした男の元に200歳になっても翼をもらえない二流の老天使が現れる。
天使は彼が存在しない世界がいかに悲惨なものになるかを見せ、男は自分の生きる意味と人生の素晴らしさに気づいていくが…。

出典:Amazon

 

この時期に観たい映画のひとつに挙げられるのは、コレですよね!

監督:フランク・キャプラ  出演:ジェームズ・スチュワート、ドナ・リード

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993)

『サンタクローズ』(1994)

~あらすじ~
離婚し、息子と離れて暮らすエリート・サラリーマンの男が、イブの夜、屋根から落ちて来たサンタと、サンタ業を受け継ぐ契約をしてしまった事により巻き起る騒動を描く。

出典:Yahoo!映画

ディズニーによるファンタスティック・コメディ。

監督:ジョン・パスキン  出演:ティム・アレン 、ジャッジ・ラインホールド

『ジングル・オール・ザ・ウェイ』(1996)

~あらすじ~
仕事人間のハワードは、息子の機嫌を取るために、ハワードはクリスマス・プレゼントにターボマン人形を約束する。イヴの朝、ハワードは人形を買いに行くが、どこも品切れ状態になっている。郵便配達人のマイロンも同様に人形を探していた。八方手を手を尽くしたが、手に入れられないハワードは隣の主人と妻の仲を誤解する。ショックを受けた彼は、ターボマンのパレードに紛れ込んでしまい……。

出典:Yahoo!映画

『ターミネーター』『プレデター』だけじゃ無いんですよ。1990年代に出たコメディー!シュワちゃんは何でもこなしますね、コメディも。文句なしに楽しめる映画だと思います。

『ポーラー・エクスプレス』(2004)

~あらすじ~
クリスマスイブの夜、サンタを信じなくなっていた少年は、サンタの鳴らす鈴の音はもう自分には聞こえないと思い込み、ベッドで眠りにつこうとしていた。そして、時計が11時55分を指した時、突然、ごう音とともに巨大な蒸気機関車が近づいて来た。

出典:Yahoo!映画

 

『34丁目の奇跡』で出てくる、ドリス・ウォーカーの娘・スーザンもまた、親の教育方針やしつけによって、とても「現実的」な女の子で、サンタのことも信じていませんでした。

監督:ロバート・ゼメキス  声:トム・ハンクス、ノーナ・ゲイ

『アーサー・クリスマスの大冒険』(2011)

12月24日はクリスマス・イブ。

サンタクロースは全ての子どもたちにプレゼントを配り終えた!はずだった。


サンタクロース一家の末っ子であるアーサーが、配達漏れしてしまったプレゼントを、送り届ける冒険アニメとなっています。彼の途中もどかしくも成長していく姿が、とても良いです。

『クロース』(2019) <Netflix限定>

『クロース』はNetflix限定で配信している、サンタクロースの誕生秘話を全く新しい伝説を描いた作品となっています。(そのため、DVDやブルーレイはありません。)

 

『クロース』予告編 - Netflix

 

声の出演(英語): ジェイソン・シュワルツマン、J・K・シモンズ、ラシダ・ジョーンズほか
声の出演(日本語)ジェスパー:内山昂輝、クロース・・・玄田哲章、アルバ・・・中村千絵、
モーゲンス・・・斉藤次郎、ミセス・クラム・・・塩田朋子

 

映画『34丁目の奇跡』口コミ(見どころ・感想)

映画『34丁目の奇跡』口コミ(見どころ・感想)

誰もがYES!と言いたくなり、心温まる映画でおススメです。

~見どころ~
サンタクロースは本当にいるのか?で、裁判になってしまう話で、裁判のシーンが見どころで、誰もがYES!と言いたくなり、心温まる映画でおススメです。
クリスマスの時期に見るとより、リアルに感じてサンタクロースの良さや、信じる事が素敵に感じられます。
また、アメリカならではのクリスマス時期のデパートの力の入れようや、主人公の女の子の母親がデパートで働いている為、女の子はあまりクリスマスが好きでないという事も見てるとわかります。
本当に欲しい物は何かがわかるのと同時に、サンタクロースを信じる子供から大人まで、いるという実感がすごくよくわかり、見終わったあとは、すごく心地良い気持ちになります。

みんなのサンタクロースはずっとしっかりいるのが伝わってくる映画です。

 

~感想~
大人になるとサンタクロースなんてと誰もが思うと思います。

でも、この映画を見てると、自分までYES!と叫びたくなります。
私は子供の頃、一回でいいから枕元にプレゼントが置いてあったらいいなと思ってました。それは一回もなかったのですが夢でした。
この映画を見ながら、サンタクロースに欲しい物を言う子供達が羨ましく思えました。
やっぱりお国柄が違うと違うんだなと改めて思いました。
あとこの映画の中で好きなシーンは、最後の裁判のシーンです。女の子がある事をして、サンタクロースは認められます。
そのシーンが、国中が見守る中、サンタクロースと認めると言われた時の全員の喜びがすごく伝わってきて、私も嬉しくなりました。
また、たった一つの事で、みんなが信じる!のプラカードみたいなのを上げて喜んでるのが最高で、大好きな映画です。

映画『34丁目の奇跡』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.537.93.94.21
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年12月24日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『34丁目の奇跡』動画が見れるサイトは?

 

\映画『34丁目の奇跡』を見てみる!
おもちゃ・フィギュアも<Amazon>でチェック!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事