ヒッチコック映画『鳥』あらすじ、動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・『鳥』(1963)はダフニ・デュ・モーリエの短編小説をアルフレッド・ヒッチコックが映画化したサスペンス・スリラーの傑作。
アニマルパニックムービーの原点!作中、音楽を全く用いていないのも特徴。
・ヒッチコック監督は大の鳥嫌いなのだが、鳥料理は好物だった(夫人談)。
・ヒッチコック監督関連作:『裏窓』(1954) 『サイコ』(1960)
・『鳥』関連作:『異端の鳥』(2019) 『火の鳥』(2004)~手塚治~
世界に生息するカラスは約130種類。そのうち日本にいるのは7種で、ハシブトガラスとハシボソガラスが有名。
目次

映画『鳥』あらすじ・動画

映画『鳥』あらすじ

~解説・あらすじ~
鳥の大群が人間を襲う恐怖を描いたヒッチコック監督のパニックサスペンス
突然舞い降りてきた1羽のカモメが、メラニー・ダニエルズの額をつつき飛び去った。これが事件の発端だった。不吉な影がボデガ湾沿いの寒村を覆い、若い弁護士・ブレナーはただならぬ予感に襲われる。そして、程なくブレナーの予感は現実となり…。

出典:Rakuten TV

映画『鳥』予告動画

The Birds (1963) Trailer

Amazonプライム・ビデオ30日間無料!

映画『鳥』無料視聴する方法と配信サービス

映画『鳥』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『鳥』が見ることができます。

・Amazonプライム

は、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『鳥』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

・music.jp

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

映画『鳥』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信 
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,026円/14日間
※宅配レンタル「定額4プラン」の場合。
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:4,200円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×「スタンダードプラン」990円、「プレミアムプラン」1320円/無しディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
ぽすれんDVD・CDレンタル [ぽすれん]2,046円/1ヶ月
※「スタンダード8コース」の場合
⇒ ⇒
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年10月22日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

Amazonプライム・ビデオ30日間無料!

映画『鳥』監督・キャスト、原作紹介

映画『鳥』基本情報

本作(タイトル)鳥/The Birds
公開年1963年
上映時間/再生時間2時間
監督アルフレッド・ヒッチコック
キャストメラニー・ダニエルズ・・・ティッピー・ヘドレン
ミッチ・ブレナー・・・ロッド・テイラー
アニー・ヘイワース・・・スザンヌ・プレシェット
リディア・ブレナー・・・ジェシカ・タンディ
キャシー・ブレナー・・・ヴェロニカ・カートライト
ヘレン・カーター・・・エリザベス・ウィルソン
セバスチャン・・・チャールズ・マックグロー
店を出る男・・・アルフレッド・ヒッチコック
音楽
バーナード・ハーマン
主な受賞歴
制作会社/配給元アルフレッド・ヒッチコック、ユニバーサル・ピクチャー/ユニバーサル・ピクチャーズ

映画『鳥』原作紹介

原作:短編小説「鳥」ダフネ・デュ・モーリア
脚本:エヴァン・ハンター

映画『鳥』関連作品 ~ヒッチコック監督作品~

アルフレッド・ヒッチコック監督の『裏窓』(1954)と『サイコ』(1960)は、サスペンス映画の名作として世界中に知られています。
しかし、これらの作品にはどのような共通点や制作秘話があるのでしょうか?今回はこれらの作品の魅力や背景について解説します。

まず、『裏窓』と『サイコ』の共通点として挙げられるのは、**観客を主人公の視点に引き込む**という手法です。

『裏窓』では、足を骨折して車椅子に座ったカメラマンのジェフが、自宅の窓から隣人たちの生活を覗き見るという設定です。ジェフが見るものは、すべて映画スタジオで作られたセットであり、私たち観客もジェフと同じように窓から見える光景に目を奪われます。ジェフはやがて、向かいのアパートで殺人事件が起きたと疑うようになりますが、それは本当なのでしょうか?私たち観客はジェフと同じ疑問や不安を抱きながら、物語に入り込んでいきます。

一方、『サイコ』では、主人公が途中で殺されるという衝撃的な展開があります。この作品では、最初に登場するマリオンという女性が、会社から金を盗んで逃げるというストーリーが描かれます。観客はマリオンに同情したり非難したりしながら、彼女の運命を見守ります。
しかし、マリオンは途中で立ち寄ったモーテルで殺されてしまいます。この時点で観客は驚愕し、物語の主人公が誰なのか分からなくなります。その後、物語はマリオンの恋人や姉が彼女を探す展開に移りますが、観客は彼らよりもモーテルの主人ノーマンや彼の母親に興味を持ちます。ノーマンはどんな人物なのか?彼の母親はどんな関係なのか?観客はノーマンの視点に引き込まれていきます。

このように、『裏窓』と『サイコ』では、**観客を主人公の視点に引き込む**という手法が使われています。これはヒッチコック独自の映像表現であり、「映画」という芸術でしかなしえない表現だと言えるでしょう。

次に、『裏窓』と『サイコ』の制作秘話や役者秘話について紹介します。

『裏窓』では、ジェフ役を演じたジェームズ・スチュワートとリサ役を演じたグレース・ケリーが共演しました。スチュワートはヒッチコック作品では『めまい』や『第3逃亡者』でも主演しており、ヒッチコックの信頼する俳優でした。ケリーはヒッチコックの理想の女性像であり、『知りすぎていた男』や『めまい』でもヒロインを演じました。しかし、『裏窓』の撮影後にモナコ公国のレーニエ3世と結婚し、女優を引退してしまいました。ヒッチコックはケリーの引退を惜しみ、その後も何度も映画出演を依頼しましたが、叶わなかったというエピソードがあります。

『サイコ』では、マリオン役を演じたジャネット・リーとノーマン役を演じたアンソニー・パーキンスが共演しました。リーは当時人気の女優であり、マリオンが途中で殺されるという展開は観客にとって衝撃的でした。リーはこの作品でゴールデングローブ賞を受賞しましたが、その後もサイコ・シャワーのシーンにトラウマを抱えていたと語っています。パーキンスはこの作品で一躍有名になりましたが、その反面、ノーマンという役柄に囚われてしまい、その後のキャリアに影響を受けたと言われています。パーキンスは『サイコ』の続編でもノーマン役を演じており、第3作では監督も務めました。

最後に、『裏窓』と『サイコ』のデータについて紹介します。
『裏窓』は1954年に公開され、製作費は100万ドル、興行収入は3600万ドルでした。アカデミー賞では監督賞、脚色賞、撮影賞、音響賞の4部門にノミネートされましたが、受賞はなりませんでした。しかし、批評家や観客から高く評価され、現在ではアメリカ国立フィルム登録簿に登録されています。

『サイコ』は1960年に公開され、製作費は80万ドル、興行収入は5000万ドルでした。アカデミー賞では監督賞、助演女優賞(ジャネット・リー)、撮影賞(白黒)、美術監督賞(白黒)の4部門にノミネートされましたが、受賞はなりませんでした。しかし、批評家や観客から絶賛され、現在ではアメリカ国立フィルム登録簿やAFI(アメリカ映画協会)の名作映画ランキングに登録されています。

以上が、アルフレッド・ヒッチコック監督の『裏窓』(1954)と『サイコ』(1960)についての解説でした。これらの作品はサスペンス映画の金字塔であり、今なお多くの映画ファンや映画監督に影響を与えています。ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『裏窓』(1954)

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ジェームズ・スチュワート、グレイス・ケリー、ウェンデル・コーリイ、セルマ・リッター

『裏窓』(1954)はこちら

『サイコ』(1960)

~あらすじ~
会社の金を横領した女が立ち寄ったベイツ・モーテル。そこには管理人の青年ノーマンと離れの一軒屋に住む年老いた“母”がいた……。伝説的ヒッチコック・スリラーにして全てのサイコ・サスペンスのルーツであり、その演出スタイルは恐怖感を煽るバーナード・ハーマンの音楽と共に数多くの模倣やパロディを生んだ。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:アンソニー・パーキンス、ヴェラ・マイルズ、ジョン・ギャヴィン、ジャネット・リー

映画『鳥』関連作品 ~鳥~

『異端の鳥』(2019)

~あらすじ~
東欧のどこか。ホロコーストを逃れて疎開した少年は、預かり先である一人暮らしの老婆が病死した上に火事で家が消失したことで、身寄りをなくし一人で旅に出ることになってしまう。行く先々で彼を異物とみなす周囲の人間たちの酷い仕打ちに遭いながらも、彼はなんとか生き延びようと必死でもがき続ける――。

出典:Amazon

監督 : ヴァーツラフ・マルホウル
出演 : ペトル・コトラール、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパー

映画『鳥』関連作品  ~手塚治~

『火の鳥』(2004)

~あらすじ~

長い間、多くの人々に愛され続けてきた手塚治虫の「火の鳥」には、わたしたちが深く考えるべき二つの大きなテーマが描かれています。 そのひとつは、「歴史」「宗教」「愛」「寿命」「生き様」といった人類に普遍的な「生」の問題です。もうひとつは、科学や文明の発達にともない提起され始めた、「環境」「遺伝子操作」「クローン技術」「ロボットと人間の関わり」という、わたしたち現代人が今まさに直面している、新しい問題なのです。50年も前に描き始められた作品にもかかわらず、「火の鳥」は21世紀を生きるわたしたちにとっても「人間とは、生命とは何か」を問い続けている物語です。

出典:Amazon

『火の鳥』は、手塚治虫が原作を手掛けた2004年のアニメーション映画です。物語は、火の鳥という不死鳥を巡り、人々が繰り広げる愛と戦いを描いています。主人公のロミは、火の鳥を追い求める旅を続けながら、自分自身と向き合うことになります。『火の鳥』は、手塚治虫が描く「命」をテーマにした壮大な物語であり、人間の生と死について深く考えさせられます。

内容は、NHKBSハイビジョンTV版『火の鳥』で、エピソードは「黎明編」「復活編」「異形編」「太陽編」「未来編」です。OVA版「ヤマト編」「宇宙編」、劇場版「鳳凰編」「火の鳥2772 愛のコスモゾーン」はここには含まれません。

【黎明編】
3世紀を舞台に、「永遠の命」を求める人間の愚かしさと悲しさを描きます。火の鳥の住む火の山のふもと、ヒの国に暮らす少年ナギ。ナギの姉・ヒナクは、海の向こうから 流れ着いた薬師(くすし)グズリの治療で命を救われ、やがて二人は恋に落ちる。しかし、二人 の婚礼の夜、グズリはひそかに宴(うたげ)を抜け出し、海岸で仲間とおちあう。そこへ現れた のは、ヤマタイ国の女王・ヒミコから命令を受けた将軍・猿田彦のひきいる大船団だった……。

【復活編】
25世紀の月面を舞台に、医療と「永遠の命」を描きます。研究施設の爆発に巻き込まれ瀕死の重傷をおったレオナは、最新の医療技術でよみがえる。しか し手術の影響か、爆発以前の記憶をなくし、まわりの人間たちがガラクタに見えるようになってしまった。レオナの旧友・ランプは、なんとかしてレオナの記憶を取り戻し、彼だけが知っている 「フェニックスの秘密」を手に入れようとする。そんなとき、レオナは、ただ一人だけ人間の姿に 見える女性・チヒロと出会う。

【異形編】
時間の檻の中に閉じ込められ「永遠の命」を得た女性の姿を描きます。男として育てられた左近介は、非道の父を助けようとする八百比丘尼を斬りに出かける。比丘尼 を斬ったあと、寺から帰れなくなった左近介は、自分たちが時間の輪の中に閉じこめられてしまっ たことを知る。実は比丘尼こそは、未来の自分自身だった!?

【太陽編】
7世紀を舞台に、「権力」と「宗教」を描きます。戦いに敗れたハリマは、顔の皮をはがれ狼の皮をかぶせられる。一命をとりとめ、倭(日本)へやって来た彼は、小さな村の長に推挙され「犬上」と名乗る。時の朝廷では、仏教を国家宗教と して保護し、古くから続く土地の神々への信仰を止めさせることで、その権力を強めようとしてい た。偶然、土地神の娘を助けたことがきっかけとなり、犬上は村人に対する責任と土地神への信仰 を守るため、大王(おおきみ)の弟に助力を求めて大津京へ向かう……。

【未来編】
遠い未来、人類文明の末期を舞台に、手塚治虫独自の時間・輪廻・生命観を描きます。地上は荒廃し、人類は地下都市で暮らすようになっていた。恋人の地球外生命ムーピーをかくまったことで自分が住む地下都を追われたマサトは、地上で隠遁している猿田博士のもとへたどり 着く。その時、地下都市を管理するコンピュータ同士が最終戦争を起こし、全都市が壊滅。猿田 博士らも放射能障害で死亡し、火の鳥の血を飲んでいたマサト唯一人を残し人類は滅亡した……

出典:HMV&BOOKS online

 

映画『鳥』口コミ(見どころ・感想)

映画『鳥』口コミ(見どころ・感想)

多くの鳥(カモメ?)が人を襲うシーンなど迫力満点です。

~見どころ~
今から60年近く前の作品ながら、いったいどうやって撮影したのか何か映像を加工したものなのか不明ながら、多くの鳥(カモメ?)が人を襲うシーンなど迫力満点です。
あまり映像に詳しくない私にはよくわかりませんが、もし現在この映画を撮影するならば、ブルーバックやグリーンバックの前に人が立ち、多くの鳥を被せて…と言う方法になるのでしょうか。
あたかもそこにあるように何かにおびえるような表情で逃げ惑うのでしょう。
この映画では映像がモノクロであるのもその要因かも知れませんが、まるでカモメに意思があるように人を襲う様子がとにかく恐ろしく、鳥嫌いの人には耐えられないかもしれません。
鳥の表情から感情が読み取れたことは無いのですが、ここに登場するカモメたちからは、人に対する憎悪が感じられました。

私もこの映画を見てからは神社の境内に沢山いるハト船に乗っていると近寄ってくるカモメを恐ろしく思うようになってしまいました。

 

~感想~
最初はカモメが凶暴化して主人公の女性を襲います。

 

これがまるで何かにとりつかれたようで、けたたましく鳴く声もバサバサと音を立てて飛んでくる様子もとにかく恐怖です。
よくパニック映画の傑作、と冠が付きますがまさにパニックを起こしそうです。
鳥が何故急に人を襲うようになったのか、島の人達も始めは半信半疑だし鳥たちの様子を見た鳥類学者も原因が解らず頭をひねります。
初めはカモメだけだったのがそのうち大きなカラスまでが凶暴化。
自らガラス窓に激突して死んでしまっても、次々と攻撃をはじめ、一体主人公の女性の何が鳥を攻撃的にしたのか全く分からないし、鳥の目的も解らないまま被害は拡大します。
一般の人までが襲撃されるようになり、やがてこの女性は人々から追い立てられ憎しみの目を向けられるようになり、まるで魔女のように扱われてしまいます。
現代に置き換えたらSNS上で大いに炎上しそうですし、襲われる理由も結末もが解らない恐怖は、何だか今の疫病におびえ続ける我々の様子と重なるようにも思えます。
ヒッチコックが何を訴えたくてこの映画を撮ったのかわかりませんが、多くの人に見て欲しい傑作だと思います。

一変、一気にパニック映画へと姿を変える様はさすがヒッチコック!

~見どころ~
この作品の見どころは、普段襲ってくるはずがないと思い込んでいる鳥が容赦なく襲ってくるところです。冒頭での主人公メラニーがインコを恋の駆け引きに利用するあたりからは、全くもって鳥への恐怖心や緊張感は感じられません。

そんな恐怖の対象からはかけ離れた鳥がなんの前触れもなく、唐突に襲ってくるのです。

メラニーの恋の行方を見守るラブストーリーから一変、一気にパニック映画へと姿を変える様はさすがヒッチコック!と思わずにはいられませんでした。高画質・CG技術当たり前の現代ですが、1960年代の荒い画質・音声も注目したい部分の一つです。逃げ惑う人間たちのパニックぶりを伝えるには、あの解像度の低さと画面の暗さが最適です。

襲ってくる鳥たちの鳴き声は荒く、元の音声も大きいためうるさく感じますが、それが視聴者に恐怖を与える材料のひとつなのかもしれません。

その時代にある技術で最大の恐怖を描く。それもこの映画の見どころです。

~感想~
観終わった後、電線にとまっている鳥にびくっとしてしまう人が多いのではないのかな、と思う作品です。

ホラー映画のド定番『サイコ』を作り出したアルフレッド・ヒッチコックが監督です。「ホラーが苦手だけど、興味がある。」という方には入門編としておすすめです。

霊的なものは出てこないですし、衝撃的なシーンはありますが、そこまでグロテスクでもありません。そこまで構えず観ることができます。

そうは言っても、巨匠が作ったホラー映画です。しっかり鳥に対する恐怖心を植え付けられます。理由もなくただただ人間を集団で襲ってくる鳥達。理解が出来ないことに対する恐怖は絶大です。

鳥の恐怖と同じくラストも唐突にやってくるので、視聴後にはネット上にあるいろいろな人の考察を読むことをおすすめします。

映画『鳥』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.267.73.63.76
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年10月22日時点のものです。

映画『鳥』まとめ

世界に生息するカラスは、約130種類。
そのうち日本にいるのは7種のカラスだそう。

有名なハシブトガラスとハシボソガラス。ほかに、ミヤマガラス、コクマルガラス、ホシガラスワタリガラス、カチガラス。

カラスで思い出すのは、世界各地で神話に登場するということ。
まずは北海道。昔はアイヌと呼ばれていましたが、そのアイヌ神話ではカラスが太陽を救うとされてきました。

お隣の中国などの東アジアに目を移すと、太陽に棲むとされる「三足烏(さんそくう)」と呼ばれるカラスが登場します。エジプト神話の壁画には、三本足の鳥が描かれています。また、ギリシャ神話では、カラスが太陽神アポロンに仕えていたりもします。

ちなみに、日本サッカー協会のシンボルに八咫烏(ヤタガラス)が使われており、3本の足を持つカラスが描かれています。

映画『鳥』エンタメのまとめ

・書籍はこちら


・アートポスターはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『鳥』動画が見れるサイトは?

 

Amazonプライム・ビデオ30日間無料!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次