この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

POINT:
・『アルジェの戦い』(1966)は、イタリア・アルジェリア合作の戦争歴史映画で、北アフリカにある「アルジェリア」のフランスからの独立までのアルジェリア戦争を描写している。
・『アルジェの戦い』は第27回ヴェネチア国際映画祭(1966年)で金獅子賞(最優秀作品賞)を受賞した。
・関連作: 『裁かるゝジャンヌ』(1928) 『無防備都市』(1945) 『灰とダイヤモンド』(1957) 『炎628』(1985) 『ビルマVJ 消された革命』(2008) 『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016)

映画『アルジェの戦い』

~あらすじ・解説~
50年代初頭のフランス統治下のアルジェリア。カスバのチンピラだったアリは、カデルが指揮する地下組織の独立運動に身を投じる。しかし、事態を憂慮したフランス政府は、57年に対テロ組織専門のマチュー将軍を派遣、徹底した抗ゲリラ作戦が展開する。やがて、組織の指導者となっていたアリも次第に追い詰められていき…。アルジェリアのフランスからの独立戦争を迫真の映像で描いた作品。

出典:Amazon「Oricon」データベースより

\映画『アルジェの戦い』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『アルジェの戦い』予告動画

アルジェの戦い【デジタル・リマスター】予告編

映画『アルジェの戦い』配信状況

映画『アルジェの戦い』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『アルジェの戦い』が見ることができます。

・Hulu
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『アルジェの戦い』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・Amazonプライム
・music.jp
・dTV

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × ベーシックプラン:1,017円/無し Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年3月14日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『アルジェの戦い』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『アルジェの戦い』監督・キャスト、原作紹介

映画『アルジェの戦い』基本情報

 

本作(タイトル) アルジェの戦い/The Battle of Algiers(La Battaglia Di Algeri)
公開年 1965年
上映時間/再生時間 2時間2分
監督 ジッロ・ポンテコルヴォ
キャスト ブラヒム・ハギアグ
ジャン・マルタン
ヤセフ・サーディ
トマソ・ネリ
ファウジア・エル・カデル
ミシェル・ケルバシュ
音楽
エンニオ・モリコーネ、ジロ・ポンテコルヴォ、マルチェロ・ガッティ
主な受賞歴 ・第27回ヴェネチア国際映画祭(1966年)金獅子賞(最優秀作品賞)
制作会社/配給元 アントニオ・ムーズ/松竹映配

映画『アルジェの戦い』原作紹介

脚本:フランコ・ソリナス、ジッロ・ポンテコルヴォ

映画『アルジェの戦い』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『裁かるゝジャンヌ』(1928)

~あらすじ~
フランスの王位継承と領土をめぐる百年戦争においてオルレアンの地を解放に導いたジャンヌ。ダルク。
1431年、戦いの中で捕えられた彼女は、イングランドに引き渡され、異端審問を受けることになる。
司教たちの悪意に満ちた尋問に追いつめられるが、彼女は信仰心を捨てず火刑に処せられてしまう。

出典:Amazon

監督:カール・Th・ドライヤー
出演:ルネ・ファルコネッティ、ウジェーヌ・シルヴァン、モーリス・シュッツ、ルイ・ラヴェ、アンドレ・ベルレイ

 

『無防備都市』(1945)

~あらすじ~
1942年、ローマ。
レジスタンスの指導者マンフレーディは、
資金調達のためローマにやってくるがゲシュタポに追われ、
恋人との結婚を控えた同志フランチェスコの家への身をひそめる。
そこで神父のドン・ピエトロに仲間との連絡を頼む。
しかしフランチェスコの結婚式の当日、ナチが踏み込んでくる。
マンフレーディはナチの追跡をかわし逃れたが、フランチェスコは捕らえられ、
彼の恋人射殺されてしまう。

出典:Amazon

監督:ロベルト・ロッセリーニ
出演:アルド・ファブリーツィ、アンナ・マニャーニ、マルチェロ・パリエロ、フランチェスコ・グランジャケット、ヴィート・アンニキアリコ

 

・第1回カンヌ国際映画祭(1946年)パルム・ドール

『灰とダイヤモンド』(1957)

~あらすじ~
1945年5月。
ドイツ軍降伏後のポーランドが、ソ連の支援する労働党に統治されるのを、ロンドン亡命政府は阻止しようとしていた。
ロンドンの指令を受けた青年マチェクは、地区委員長暗殺を実行するが、誤って別人を殺害してしまう…。

出典:Amazon

監督:アンジェイ・ワイダ
出演:ズビグニエフ・チブルスキー、エヴァ・クジジェフスカ、バクラフ・サストルジンスキー

 

1959年ヴェネツィア国際映画祭:批評家連盟賞

 

『炎628』(1985)

監督:エレム・クリモフ
出演:アレクセイ・クラフチェンコ、オリガ・ミローノワ、リュボミラス・ラウツァヴィチュス、ウラダス・バグドナス

『炎628』(1985)はこちらから

 

『ビルマVJ 消された革命』(2008)

~解説~
苛烈な情報統制によって外国人ジャーナリストの入国が制限されているビルマ。拷問や投獄のリスクを顧みず情報を発信し続けるビデオ・ジャーナリスト“VJ”が撮影した映像素材を再構成し、ビルマの現状を明らかにしたドキュメンタリー。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督 ‏ : ‎ アンダース・オステルガルド

 

 

『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016)

~あらすじ~
第2次世界大戦下、ナチスの実力者ラインハルト・ハイドリヒは、“金髪の野獣”と恐れられていた。彼の暗殺を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府の指令を受け、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)やヤン(ジェイミー・ドーナン)ら7人の暗殺部隊がチェコ領内に潜入する。現地のレジスタンスの協力を得て襲撃計画は実行されるが、ナチスは壮絶な報復に乗り出し……。

出典:Yahoo!映画

監督:ショーン・エリス
出演:キリアン・マーフィー、ジェイミー・ドーナン

 

映画『アルジェの戦い』口コミ(見どころ・感想)

映画『アルジェの戦い』口コミ(見どころ・感想)

米国の映画監督スタンリー・キューブリックもこの映画を賞賛しています。

~見どころ~
『アルジェの戦い』は1966年に製作されたイタリア・アルジェリア合作の戦争歴史映画で、共同脚本と監督がジロ・ポンテコルヴォ、出演はジャン・マルティンとサーディ・ヤチェフ。

この映画の見どころは北アフリカのフランス植民地に対するアルジェリア戦争(1954-62)中に反乱者によって企てられた事件をセミドキュメンタリータッチで描いている点です。

舞台になるのはアルジェリアの首都アルジェでの叛乱蜂起です。

映像はまさにイタリアネオリアリズモの巨匠ロベルト・ロセリーニが得意とするニュース記録映画風の画面となっています。

モノクロで、映画のところどころにドキュメンタリーを思わせる文字が挿入されて、歴史的な真実感を醸し出しています。もちろん、筋書きはフィクションではあるのですが。

~感想~
本作の監督であるポンテコルヴォは登場するフランス政府軍と叛乱ゲリラを美化して描きたいという誘惑に抗しているのが観て取れます

。監督はFLN(叛乱軍)とフランス政府軍の両方が行った攻撃の苛酷さを描き出しているのです。

『アルジェの戦い』は偉大な作品なのですが、とても冷笑的で、とても真実を射抜いており、しかもとても心が折れるような体験を強いられる映画です。

本作で取り上げられているのはアルジェリア戦争ですが、アルジェリアに関心を持たない者にとっては別な戦争の代わりになります。

すなわち『アルジェの戦い』は普遍性を持った作品であり、戦争の実相を余すところなく克明に描き出しているのです。

米国の映画監督スタンリー・キューブリックもこの映画を賞賛しています。

「すべての映画は、ある意味で、偽造のドキュメンタリーだ。できる限り現実にアプローチしようと試みるが、どこまで行っても現実ではない。わたしを完璧に魅惑してだまくらかせてしまうことをするきわめて賢明な奴がいる。たとえば、『アルジェの戦い』の監督だ。」

映画『アルジェの戦い』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 8.06 8.1 4.1 4.3
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年3月14日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『アルジェの戦い』動画が見れるサイトは?

 

 

\映画『アルジェの戦い』を<U-NEXT>で見てみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事