この記事を読むのに必要な時間は約 31 分です。

POINT:
・『ウッドストック(邦題:愛と平和と音楽の三日間)』(1970)は、1969年8/15~8/17にニューヨーク州ベセルで開かれた野外コンサート「ウッドストック・フェスティバル」を記録したドキュメンタリー映画。
・第43回アカデミー賞(1971年)長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。また、1996年にはアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録された。
・2009年に編集・販売されたディレクターズ・カット版には、ザ・フー、サンタナ、ジミ・ヘンドリックス、ジョーン・バエズらの映像が入っている。
・関連作: 『キッズ・アー・オールライト』(1979) 『ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-』(2009) 『ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ』(2016) 『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』(2016) 『オアシス:ネブワース1996』(2021)

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』

人類が初めて月を歩いた。ニューヨーク・メッツがワールドシリーズで奇跡の優勝を果たした。
そしてニューヨーク郊外のベセルでは、3日間にわたり50万人もの若者が、彼らの世代を何よりも象徴するイベントに参加した――
それは規模においても影響力においても前代未聞のコンサート、平和と音楽という旗印の下にあらゆる階層の人々が集い、一つとなった瞬間だった。彼らはそれをウッドストックと呼んだ。
それから1年後、その音楽のエッセンスやしびれるようなパフォーマンス、それらを生で味わった人々の感動が、オスカー®を獲得した記念碑的ドキュメンタリーの中で甦る。

出典:Amazon

\『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』を
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』予告動画

Woodstock Three Days Of Peace And Music - trailer

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』配信状況

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』配信状況

TSUTAYA TVも含め、映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』は動画配信サービスでは配信されていません。

 

宅配レンタルで映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
× 500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
× 1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT × 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年2月10日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』を
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』監督・キャスト、原作紹介

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』基本情報

 

本作(タイトル) ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間/Woodstock
公開年 1970年
上映時間/再生時間 3時間4分
監督 マイケル・ウォドレー
キャスト ロジャー・ダルトリー
サンタナ
ジミ・ヘンドリックス
ザ・フー
ジャニス・ジョプリン
ジョーン・バエズ
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
テン・イヤーズ・アフター
リッチー・ヘヴンス
ジョー・コッカー
ジョン・エントウィッスル
キース・ムーン
音楽/主題歌
主な受賞歴 ・第43回アカデミー賞(1971年)長編ドキュメンタリー映画賞
制作会社/配給元 マイケル・ウォドレー、セルマ・スクーンメイカー、マーティン・スコセッシ/ワーナー・ブラザース

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』原作紹介

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『キッズ・アー・オールライト』(1979)

~解説~
ライブやTV映像で綴った、ザ・フーのドキュメンタリー映画。「マイ・ジェネレーション」「アイ・キャント・エクスプレイン」「ピンボール・ウィザード」ほか。

出典:Amazon

監督:ジェフ・スタイン
出演:ザ・フー、ロジャー・ダルトリー、ジョン・エントウィッスル、キース・ムーン、ピート・タウンゼント、リンゴ・スター、キース・リチャーズ、リック・ダンコ、スティーヴ・マーティン、ケン・ラッセル

 

『ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-』(2009)

伝説のロックンロールバンド“ミッシェル・ガン・エレファント”の軌跡を追ったドキュメンタリー
"最新の映像技術で2003年10月11日のラストライブとその舞台裏が、迫力の5.1chで蘇る!
彼らの激走の足取りを映す未公開映像を加え、最後の日のすべてを語り、ロックンロールの息遣いと鼓動を伝える!
90年代を駆け抜け、最後の瞬間までロックンロールを転がし続けたミッシェルは、あの日、魂を震わせてその終焉を奏でていた…。"

―世界を終わらせない。―
そのバンドと、そのライブは二度と見ることができない。
だからこそここに、永遠に体感できない狂乱のライブを焼き付けておく。
ミッシェルを心に永遠に刻みつける―。"

出典:Amazon

出演:ミッシェル・ガン・エレファント

 

『ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ』(2016)

出演:ザ・ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロニー・ウッド

 

 

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』(2016)

~解説~
アカデミー賞(R)受賞ロン・ハワード監督×ザ・ビートルズ!誰もが知っているバンドの知られざるストーリー。

出典:Amazon

監督:ロン・ハワード
出演:ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノン

ザ・ビートルズ関連作はこちら

 

『オアシス:ネブワース1996』(2021)

~解説~
UKロックバンド・オアシスが1996年8月10日、11日にネブワースパークで行った伝説的なパフォーマンスを収めたライブムービー。25万人以上の観客を集めたバンド史上最大規模にして最高のライブを映し出す。映画本編に加え、ライブ両日の映像を完全収録。

出典:Amazon

出演:オアシス

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』口コミ(見どころ・感想)

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』口コミ(見どころ・感想)

本作は独自の空気感、すなわちアングラ感や閉塞感を見事に捉えきっていると言えます。

~見どころ~
なんと言っても1960年代後半から1970年代初頭にかけての米国カウンターカルチャーのミュージックシーンのエッセンスがここに凝集しています。

ときは米国が泥沼のベトナム戦争から足を抜けなくなって社会的に閉塞感が漂い、米国民の大多数は厭戦気分に浸っていました。

そのとき、既存の社会秩序の地下から、まさにアンダーグランドに、生成してきたのがこの映画に登場するミュージシャンたちです。

「カウンターカルチャー」と称されるこの運動に関心を有するマニアやコアなファンならば、誰しもが酔い痴れる貴重な映像のクリップ集です。

1970年の劇場上映版は上映時間がなんと180分。

3時間の長尺ものは退屈というにはほど遠く、著名、当時はやや無名のアーティストが次から次へと姿を現すので作品を観ている者は飽きることがありません。

~感想~
1970年公開の映画なので今年で50年以上経つのですが、映像は古びるどころかますます新鮮で妖しい魅力を放っています。

一言で感想を言い表すならば、歴史の中で最も有名な音楽祭「ウッドストック」を映像に記録することで、本作はその時代(1960年代末期の「カウンターカルチャー」の時代)がはらんだ独自の空気感、すなわちアングラ感や閉塞感を見事に捉えきっている」ということに尽きます。

わたしの個人的な評価尺度では、この作品は米国で製作されたドキュメンタリー映画で最良の作品です。

少しばかり、詩的に感想を敷衍すれば、『ウッドストック』は美しく、感動的で、究極的には偉大なフィルムと言えます。

今となっては、混乱に満ち満ちたあの時代は「1920年代」や「1930年代」のような遥かな過去として物語られるのですが、1970年は若さと希望に満ち溢れたフラワームーブメントが隆盛をきわめた時代でもあったことを想起せてくれます。

オオトリの「ジミ・ヘンドリックス」は誰しも異論のないところでしょう。

~見どころ~
1969年という時代背景(ベトナム戦争とフラワーチルドレンの対立)の中で行われた、愛と平和と音楽の3日間を映し出すという、この企画だけでも驚異的です。

登場するバンドはとても多いので、視聴者の好き嫌いによって、見どころは変わると思いますが、オオトリの「ジミ・ヘンドリックス」は誰しも異論のないところでしょう。

このシーンだけを切り取って、テレビなどでもずいぶん紹介されているので、ギターのアーミングでベトナムの爆弾投下をイメージ付した驚愕のプレイは、人類として絶対に見ておいて損はないと思います。

あとは、個人的趣味になりますが、サンタナですね。

このとき、まだプロデビューしていなかったという事実は、これまた驚きです。最初は何の気なしに見ていた観客が、次第に興奮の坩堝になるさまは圧巻です。

~感想~
私がウッドストックをロードショウ映画館で見たのは中学生の頃でした。

おそらくこのとき初めて、アメリカの若者(フラワームーブメントのヒッピー系)のライフスタイルや文化に触れたので衝撃的でしたね。

日本とアメリカの違い。自分の価値観を大事にするとか、自由であることを愛し、束縛を嫌う、そういった文化にのめり込んでいくきっかけになった映画と言えます。

音楽の側面では、ビートルズが解散の方向にあり、世界各地でのロックの台頭ということで、子どもから一気に大人になった感がありました。

一般的な見どころとしては、ジミヘンやサンタナということになりますが、個人的にはジョン・セバスチャンという人にとても惹かれました。

一人でギターを抱えて、アメリカのフォークソングのような歌をやったのですが、これぞアメリカ!という開放感を覚えました。

あとになって、この人は、フェスに遅れたバンドの代打で急遽出たということを知り、さらに興味がわき、以来、フェイバリットミュージシャンの一人です。

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 7.42 8.2 3.9 4.2
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年2月10日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』動画が見れるサイトは?

 


\『ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 』を
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事