スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

POINT:
・『トレマーズ』はアメリカのネバダ州の砂漠の町パーフェクションが舞台。
『トレマーズ』シリーズに共通して登場する生物は「グラボイズ/グラボイド」。体長10mにも達する巨大地底生物である。
『トレマーズ』シリーズは『トレマーズ2』『トレマーズ3』・・・と続くが、「グラボイズ/グラボイド」が変態した「シュリーカー」「アスブラスター」を見ることができる。「エル・ブランコ」は「グラボイズ/グラボイド」が突然変異が起きたもの。

映画『トレマーズ』

ケヴィン・ベーコンとフレッド・ウォードが住民たちを危険から救う田舎の便利屋役で主演するSFコメディ。

ネバダ州の町を離れようと決心したバル・マッキー(ベーコン)とアール・バセット(ウォード)。しかし波立つ地面が彼らの出発を防ぐこととなる。地震学を研究している学生(フィン・カーター)の助けを借り、砂漠の小さな町の地面下には人食いモンスターが群がっていることを発見する。そしてモンスターがついに地上に出てきた。モンスターから住民を救うことができるか!?

出典:Rakuten TV

 

 

\映画『トレマーズ』を<U-NEXT>で見る!/

 

 

映画『トレマーズ』予告動画

映画】トレマーズ(字幕)【予告】

映画『トレマーズ』配信状況

映画『トレマーズ』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『トレマーズ』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『トレマーズ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、見放題です。

 

・Amazonプライム
では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPへ無料登録する
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×500円/31日間dTV
terasaTERASA×562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi
huluHulu×933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×790円~/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年11月12日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

\映画『トレマーズ』を<U-NEXT>で見る!/

 

映画『トレマーズ』監督・キャスト、原作紹介

映画『トレマーズ』基本情報

本作(タイトル)トレマーズ/Tremors1
公開年1990年
上映時間/再生時間1時間36分
監督ロン・アンダーウッド
キャストバレンタイン・マッキー・・・ケヴィン・ベーコン
アール・バセット・・・フレッド・ウォードロンダ・ルヴェック・・・フィン・カーター
バート・ガンマー・・・マイケル・グロス
ミンディ・スタングッド・・・アリアナ・リチャーズ
ウォルター・・・ヴィクター・ウォンほか
音楽アーネスト・トルースト、ロバート・フォーク
主な受賞歴
制作会社/配給元 S・S・ウィルソン、ブレント・マドック、ユニバーサル・ピクチャーズ/UIP

映画『トレマーズ』原作紹介

原案:S・S・ウィルソン、ブレント・マドック、ロン・アンダーウッド

映画『トレマーズ』関連作品

『トレマーズ』(1990年)の劇場公開後、これまでに映画やTVでシリーズが公開されてきています。
また、『トレマーズ・ザ・シリーズ』は全13話のテレビシリーズです。

 

『トレマーズ2』(1996年)/メキシコの油田が舞台
『トレマーズ3』(2001年)/ネバダ州の砂漠の町パーフェクションが舞台
↑再び、舞台は『トレマーズ』に戻って・・・。

『トレマーズ4』(2004年)/西部時代の町リジェクションが舞台
『トレマーズ ブラッドライン』(2015年)/南アフリカが舞台
『トレマーズ コールドヘル』(2018年)/カナダ・ヌナブト準州が舞台

 

『トレマーズ』シリーズに共通して登場する生物は「グラボイズ/グラボイド」と呼ばれるもので、体長10mにも達する巨大地底生物です。

シリーズは『トレマーズ2』『トレマーズ3』・・・と続くのですが、「グラボイズ/グラボイド」が変態した「シュリーカー」「アスブラスター」と見ることができます。また、「エル・ブランコ」は「グラボイズ/グラボイド」が突然変異が起きたものです。

 

 

『トレマーズ』は「グラボイズ/グラボイド」という謎の生物ですが、以下、未知な生物を扱った作品たちを、いくつか紹介します。

 

『モスラ』(1961)

日本からは『モスラ』を!怪獣映画に登場する架空の怪獣ではありますが、蝶っぽい部分もありますが、蛾(が)です。ちなみに、ゴジラやラドンと並んで、東宝三大怪獣と呼ばれています。

 

『ジョーズ』(1984)

元祖サメ映画ともいえる衝撃のパニックスリラー、そのまま巨大人食い鮫です。
とはいえ、最近日本でも、温暖化や海面温度が高くなっていることもあってか、鮫による事故が増加傾向にあります。

 

『グレムリン 』(1984)

いたずら好きで、不思議な生き物モグワイ!
珍しいペットとして飼ってみたものの・・・。
1980年代に流行った懐かしい映画『グレムリン』。

 

『アビス』(1989)

『深海+知的生命体』​がテーマ!
興行的には負けだったものの、ジェームズ・​キャメロン監督の深海SF大作となっています。
舞台は未知の海溝・アビス。

 

映画『トレマーズ』口コミ(見どころ・感想)

映画『トレマーズ』口コミ(見どころ・感想)

怪物退治も毎回場所を変え、手段を変え、いろいろな手法で見せてくれる!!

~見どころ~
ジャンルとしてはSFやホラーでもありますが、主人公たちが怪物相手に奮闘する姿はアクション要素もあり、展開が早いので見やすいと思います。

また今作は主人公が2人おり、ちょっと口うるさいけど相棒想いのおじさんと、度胸と行動力のある若者というバランスの取れたバディものでもあります。

 

未知の怪物だけではなく、登場人物もみんなキャラクターがしっかりと立っているのが、この映画の魅力です。

怪物退治も毎回場所を変え、手段を変え、いろいろな手法で見せてくれるので、最後まで楽しめます。

 

ただ銃を乱射して皆殺しにするというようなものではなく、主人公たちが知恵を絞って戦う姿は、本当にハラハラドキドキします!

ストーリー自体は難しいものではないので、気楽に映画を楽しみたいというときにオススメです。

 

~感想~
未知の怪物はまず見た目が大事だと思いますが、今作はその不気味さ、迫力、地中に住むという特性を生かした設定といい、すべてが丁度良いと思います。

舞台となったアメリカの片田舎に出没してもおかしくないような怪物の姿や能力が、ただのSF映画ではない雰囲気を醸し出しています。

 

また主人公コンビが魅力的なのも、この映画の魅力のひとつです。

おじさんと若者、思考派と行動派と、外面と内面は正反対でありながら、お互いを気にかけ常に助け合って怪物に挑んでいく姿は、バディものとしても見応えじゅうぶん!

 

物語の前半はホラー要素もあり、後半からは銃火器を使った戦闘シーンもあり、本当にいろいろな顔を持った面白い映画です。

ヒロインと主人公コンビの関係も絶妙にバランスが取れていて、ラストが気持ちの良いお気に入りの一作です。

 

『トレマーズ』は全体的に明るく、とても楽しく観ることができます。

~見どころ~
カテゴライズするとすれば、アンダーグラウンド系のパニックホラーですが、現代のよくある真面目な、暗い雰囲気のホラーではありません。

アメリカの田舎で起こるモンスター出現に、ケヴィンベーコンや仲間達が奮闘するのですが、仲間のキャラクターが個性的でとても面白く、笑いあり、少しのロマンスあり、スカッとするような退治シーンも全てが痛快で、たまに懐かしくてみたくなります。(因みに私自身、4.5年に一度は観ています。)

 

暗いジメジメした雰囲気が全くなく、90年代の映画の黄金期らしい、全体的に明るいストーリーです。『トレマーズ2』等、後に何本か作品が出ていますが、やはりこの最初の作品が秀逸で、他はあまり観なくてもよいかな!?と思います。

歳を重ねた渋い演技も素敵ですが、若い頃のケヴィンベーコンも初々しく、パートナーのフレッドウォードとのコミカルなやりとりもお楽しみください。

 

~感想~
最近のモンスターパニック映画のイメージは、若い女性のセクシーシーンや、下品な映像が多くて約2時間観続けるのは辛いと感じてしまいますが、この作品は全体的に明るく、とても楽しく観ることができます。

登場人物のキャラクターが全員確立されており、ユーモラスに難を乗り越えていく度に笑いが出てしまいます。

 

特にお勧めは、やけに武器を大量に保持している夫婦です。夫婦の息の合ったコンビネーションや、絶対に笑わないヒール役がツボにハマってしまいます。

この夫婦がいなければ映画の面白味に欠けてしまうかもしれません。
モンスターは少しチープですが、CGを使用しないモンスターは逆にリアルで違和感はあまり感じません。

 

楽しい気分になりたい時にお勧めの映画と言えます。

映画『トレマーズ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.387.13.63.88
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年11月12日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

 

映画『トレマーズ』動画が見れるサイトは?

 

 

\映画『トレマーズ』を<U-NEXT>で見る!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事