この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

POINT:
・『アビス』は、キャメロン監督が高校生の時に、液体酸素で呼吸する実験映像を見て、短編小説「The Abyss」を書き上げたもので、肉付けして映画化した。深海モノのSF映画はなかなか見当たらない。
・『アビス』の水中撮影は困難を極めた。特殊撮影技術は、CG全面化前の映画技術の最高傑作!(第62回アカデミー賞(1990年)視覚効果賞を受賞した。)この技術は『ターミネーター2』(1991)に登場する液体金属の悪役:T-1000に繋がっていく。
・キャメロン監督関連作品:『エイリアン2』(1986) 『ターミネーター2』(1991) 『タイタニック』(1997) 『アバター』(2009)

映画『アビス』

~あらすじ~
遭難した米原潜救助に協力する民間深海作業チームを描いたアドベンチャー大作。中盤以降の未知の生命体の登場によって多少話の焦点が別な所に移ってしまうが、海底基地を始めとする巨費を投じた数々のメカニックやセットやSFXは素晴らしく、実際に水中で撮影された海底シーンのリアリティは充分。

出典:Yahoo!映画

 

\ジェームズ・キャメロン監督の映画『アビス』を<dTV>で見てみる!/

【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円で見放題!

映画『アビス』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アビス』予告動画

The Abyss | Trailer | 20th Century FOX

映画『アビス』配信状況

映画『アビス』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『アビス』が見ることができます。

・dTV

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『アビス』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、作品の確認ができませんでした。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×1,026円/30日間 ※動画配信「動画見放題」の場合。  TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年5月10日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\ジェームズ・キャメロン監督の映画『アビス』を<dTV>で見てみる!/

【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円で見放題!

映画『アビス』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アビス』監督・キャスト、原作紹介

映画『アビス』基本情報

 

本作(タイトル)アビス/THE ABYSS
公開年1989年
上映時間/再生時間2時間20分
監督ジェームズ・キャメロン
キャストバッド・ブリッグマン・・・エド・ハリス
リンジー・ブリッグマン・・・メアリー・エリザベス・マストラントニオ
コフィ大尉・・・マイケル・ビーン
アラン・”ヒッピー”・カーンズ・・・トッド・グラフ
デマルコ・・・J・ケネス・キャンベル
ドクター・バーグ・・・マイケル・チャップマン
アリス”ソニー”ドーソン・・・J・C・クイン
音楽
アラン・シルヴェストリ
主な受賞歴第62回アカデミー賞(1990年)視覚効果賞
制作会社/配給元20世紀フォックス

映画『アビス』原作紹介

脚本:ジェームズ・キャメロン

映画『アビス』関連作品

 

『エイリアン2』(1986)

~あらすじ~
2144年。57年間の冷凍催眠状態から救出されたリプリーは、音信不通となった殖民惑星・LV-426の調査の為、海兵隊員と共に旅立つ。そこでリプリーたちが遭遇したのは、卵を生んで繁殖し続けるエイリアン・クイーンの姿だった……!

出典:Amazon

出演 : シガーニー・ウィーバー、 キャリー・ヘン、マイケル・ビーン、ランス・ヘンリクセン

 

『ターミネーター2』(1991)

出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー、 リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング


↑『ターミネーター2』(1991)に登場する液体金属の悪役:T-1000

ターミネーター2はこちらから

 

『タイタニック』(1997)

出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン

タイタニックはこちらから

『アバター』(2009)

出演 : サム・ワーシントン、 ゾーイ・サルダナ、 シガーニー・ウィーバー、スティーヴン・ラング

アバターはこちらから

映画『アビス』口コミ(見どころ・感想)

映画『アビス』口コミ(見どころ・感想)

登場する未知の生物が、エイリアンなのかどうかも定かでない、その部分で少し見る人の評価が分かれるかもしれませんが・・・

~見どころ~
この作品は、ジェームズ・キャメロン監督の数多くの作品と比べると、少し地味な印象を受けるかもしれません。
しかし、当時最新の撮影技術を使った映像は見事です。
内容は海洋ドラマの要素ありで、当時のキャメロン監督の好きな目が覚めるような青い画面が劇中の大部分をを占めています。
映像の美しさは、本当に素晴らしいです。登場する未知の生物が、エイリアンなのかどうかも定かでない、その部分で少し見る人の評価が分かれるかもしれませんが、個人的には、ハッキリしないことで、崇高な神秘性を感じれて良かったと思います。
何度も息の詰まるようなシーンが出てきますですが、テンポ良く一気に見せてくれ、キャメロン家督の映画の中では大好きな作品の一つです。

この作品は、彼のまた違った一面を垣間見れる貴重な作品として位置づけられると思います。

 

~感想~
さすがジェームズ・キャメロン監督が制作の映画だけあって、面白さは言うまでもありません。

見る前は、何となく最初、パニックアクション的印象をもっていましたが、実際に見てみると夫婦愛等の要素も入っていて、立派なドラマが成立していて奥深い作りになっています。
そして、やはり当時最新の技術で撮影した映像が、今見ても素晴らしいです。
この頃は、まだCGも初期段階で、撮影には現在と違って本当に様々な工夫がされているようです。
特にキャメロン監督のSFは、規模も大きく、本作品は撮影のほとんどが水中だったということもあり、その撮影は難航したようです。
例えば、通常の海中とは違う深海の暗さの演出なんかも見ていて「凄いなー」と、今見ても本当に関心しました。
そして、映画の中には、何度も息の詰まるようなシーンも出てきますので、長尺の映画ですが、見ていてドキドキハラハラで飽きさせません。
実は個人的に驚いた場面があって、エド・ハリスが液体酸素に顔をつける場面は、本当に液体の中で呼吸をしているんじゃかと思い驚かされました。
この映画は、通常版と完全版があって、どちらかというと、完全版の方が、ラストはまとまっている感はあります。
しかし、見る人によっても受け止め方は違うと思うので、両方を見比べてみるのも面白いかもしれません。

CGの技術は、その後、『ターミネーター2』で、液体金属型の新型ターミネーターの表現に使われました。

~見どころ~
1989年公開のアメリカ映画です。
監督はジェームズ・キャメロン、出演はエド・ハリス、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、深海油田の掘削基地のバッド(エド・ハリス)たち職員は、深海で行方不明になった米軍の原子力潜水艦の救助を要請されます。
米軍の深海救助チームも参加するために基地に来ますが、そこにはバッドの元妻で採掘基地の設計者のリンジー(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)もいました。

そして、探索中に深海で光る謎の物体を目撃します。救助のため来たコフィ大尉(マイケル・ビーン)は核弾頭を回収します。そうしている中、天候が悪化して、海上との通信が途絶えます。

そこに、また謎の物体が現れて、水を操りコミュニケーションを取ろうとします。

それを警戒したコフィ大尉は潜水艇に乗り、核弾頭を海溝の底に沈め、爆破しようとしますが、周囲がコフィ大尉を阻止します。

しかし核弾頭は海溝に落下したので、バッドが新型の潜水服でそこまで単身で潜り、起爆装置を解除することになります。

 

~感想~
深海が舞台なため、狭い基地内で物語が展開するので、見ていて圧迫感が凄いです。監督のジェームズ・キャメロンは船の映画やSF映画が好きのようですが、これは両方足したような映画になっています。

謎の物体が水を使いコミュニケーションを取ろうとするシーンのCGの技術は、その後、『ターミネーター2』で、液体金属型の新型ターミネーターの表現に使われました。

本作はキャメロン監督の映画の中ではあまり目立ちませんが、撮影技術の凄さはトップクラスのものです。

『ターミネーター2』にせよ、この映画にせよ、未知のモノの描かれ方が子供じみた設定になっていると、当時はかなり批判する人もいました。

ソ連のペレストロイカからベルリンの壁の崩壊という冷戦の終結が影響していたのでしょう。

映画『アビス』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.617.53.53.63
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年5月10日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『アビス』動画が見れるサイトは?

 

\ジェームズ・キャメロン監督の映画『アビス』を<dTV>で見てみる!/

【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円で見放題!

映画『アビス』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事