映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・『ジングル・オール・ザ・ウェイ』(1996)はアーノルド・シュワルツェネッガ主演のコメディ作品。
・『ジングル・オール・ザ・ウェイ』劇場公開時のキャッチコピーは「どうする!シュワ」。
・脚本のモチーフは、日本のスーパー戦隊シリーズ『パワーレンジャー』の英語版1作目『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』の大ヒットによるおもちゃが品切れ騒動になっていることから( ^ω^)・・・
・『ジングル・オール・ザ・ウェイ』続編はラリー・ザ・ケーブル・ガイ主演の『ジングル・オール・ザ・ウェイ2』。
・関連作:『三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟』(1947)『ポケット一杯の幸福』(1961)『ホーム・アローン』(1990)『ライアー ライアー』(1997)
目次

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』あらすじ・動画

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』あらすじ

~あらすじ~
仕事一筋、多忙の日々を過ごす父親ハワードは、いつも息子ジェイミーとの大切な約束を破ってしまう。父としての信頼を回復するため、クリスマスプレゼントにジェイミーが夢中になっている「ターボマン人形」を贈ることをと決意! ところが子供たちに大人気のターボマン人形は品切れ続出でどこに行っても手に入れることが出来ず途方に暮れる。
そんなハワードに「あるおもちゃ屋にターボマン人形が入荷した! 」との情報が入った。必死で手に入れようとするハワードだったが、ジェイミーと会う約束をしたパレード会場でターボマンに扮する役者と間違えられ、着ぐるみを着るはめに……果たして「ターボマン人形」を手に入れ、息子からの信頼を取り戻すことが出来るのか!?

出典:Amazon

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』予告動画

Jingle All the Way (1996) Trailer #1 | Movieclips Classic Trailers

\映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』無料視聴する方法と配信サービス

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』が見ることができます。

・ディズニープラス

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・Amazonプライム
・music.jp
・Leminoプレミアム
・TELASA
DMM TV

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信 
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル
1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
⇒ ⇒
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年11月20日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』監督・キャスト、原作紹介

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』基本情報

本作(タイトル)ジングル・オール・ザ・ウェイ/Jingle All the Way
公開年1996年
上映時間/再生時間1時間30分
監督ブライアン・レヴァント
キャストハワード・ラングストン・・・アーノルド・シュワルツェネッガー
マイロン・ララビー・・・シンバッド
リズ・ラングストン・・・リタ・ウィルソン
ジェイミー・ラングストン・・・ジェイク・ロイド
テッド・マルティン・・・フィル・ハートマン
ハンメル巡査・・・ロバート・コンラッド
ラジオのDJ・・・マーティン・マル
モールのサンタ・・・ジェームズ・ベルーシ
ジョニー・・・E・J・デ・ラ・ペーニャ
ターボマン・・・ダニエル・リオーダン
デメンター・・・リチャード・モール
モールのおもちゃ屋の店長・・・ジョン・ロスマン
エルフのトニー・・・ダニー・ウッドバーン
スパーキー・・・ピーター・ブライトメイヤー
ゲイル・フォース・・・フィル・モリス
ライザ・ティッシュ・・・エイミー・ピエッツ
パレードのブースター・・・カーティス・アームストロング
音楽
デヴィッド・ニューマン
主な受賞歴
制作会社/配給元クリス・コロンバス 、マイケル・バーナサン、マーク・ラドクリフ/20世紀フォックス

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』原作紹介

脚本:ランディ・コーフィールド、ハリー・エルフォント、デボラ・カプラン

『ジングル・オール・ザ・ウェイ』の脚本のモチーフは、日本のスーパー戦隊シリーズ『パワーレンジャー』の英語版1作目『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』の大ヒットによるおもちゃが品切れ騒動になった・・・というオチ。

具体的には、主人公・ハワード・ラングストン(アーノルド・シュワルツェネッガー)が息子にクリスマスプレゼントとして買うために必死に探し求める「ターボマン」のフィギュアが品薄で手に入らないというストーリーが描かれています( ´艸`)

『パワーレンジャー SAMURAI 』

~解説・あらすじ~
日本で今なお絶大なる人気を誇るこのスーパー戦隊シリーズをアメリカでリメイクしたのが、「パワーレンジャー(POWER RANGERS)」シリーズです。1993年の放送開始以来、全世界100か国以上で放送されており、現在も全米では、最新作『POWER RANGERS SUPER MEGAFORCE』を放送中

出典:Amazon

出演:遊佐浩二、小島幸子、羽多野渉、最上嗣生、下山田綾華

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』関連作品

今回はクリスマスに観たい映画を4本を取り上げます。
『三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟』(1947)『ポケット一杯の幸福』(1961)『ホーム・アローン』(1990)『ライアー ライアー』(1997)です。

これらの映画ですが、クリスマスを舞台にした作品であり、サンタクロースや家族の絆などが重要なテーマになっています。
また、これらの映画には制作秘話や役者秘話などもありまので、こちらも紹介していきます。

『三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟』(1947)は本物のサンタクロースを自称する老人が、裁判でその存在を証明しようとするという物語です。この映画は当時としては珍しく5月に公開されましたが、それはプロデューサーが夏場に観客が涼しさを求めて映画館に来ると考えたからだそうです。しかし実際には興行的に失敗しました

その後テレビ放送されるようになり、クリスマスの定番作品として認知されるようになりました。この映画ではサンタクロース役のエドマンド・グウェンがアカデミー助演男優賞を受賞しました。彼はこの役のために本物のひげを生やし、子供たちにサンタクロースだと信じ込ませました。

『ポケット一杯の幸福』(1961)は『34丁目の奇跡』と同じくジョージ・シートンが監督し、モーリン・オハラとジョン・ペインが出演した作品です。この映画は貧しいが幸せな家族が宝くじに当選して人生が変わるという物語です。

この映画は実は『34丁目の奇跡』の続編として企画されたもので、当初は同じキャラクター名で製作される予定でした。しかし、『34丁目の奇跡』の原作者であるヴァレンタイン・デイヴィスが権利を主張し、訴訟に発展しました。その結果、キャラクター名や設定を変更することになりました。この映画では宝くじに当選したシーンで本物のお金が使われました。

『ホーム・アローン』(1990)はクリスマス旅行に出かけた家族が一人取り残された少年が泥棒から家を守るという物語です。

この映画は大ヒットし、全世界で4億7600万ドルの興行収入を記録しました。また、アカデミー賞にも3部門でノミネートされました。この映画では少年役のマコーレー・カルキンが一躍スターになりましたが、彼は当初監督のクリス・コロンバスに気に入られていませんでした。

しかし、プロデューサーのジョン・ヒューズが彼を推薦し、オーディションで他の子役を圧倒したことで主役に決まりました。また、この映画では泥棒役のジョー・ペシがカルキンに本気で噛みついたことでカルキンの指に傷跡が残りました。

 

『ライアー ライアー』(1997)は、嘘つき弁護士の父親が息子の誕生日に「嘘がつけなくなる」という願いを叶えられてしまい、仕事や家庭に大混乱が起こるというストーリーです。

制作秘話ですが、主演のジム・キャリーが自分で考えた即興芝居を多く取り入れたことで知られています。エレベーターのシーンやペンのシーンなどは、キャリーのアドリブが際立っています。また、キャリーは嘘がつけない状態になった後の表情や仕草を作るために、自分の顔にテープを貼って練習したというエピソードもあります。

役者秘話ですが、ジム・キャリーと息子役のジャスティン・クーパーが仲良くなったことが伝えられています。キャリーはクーパーに対して父親のような愛情を持ち、撮影中にはよく遊んだり抱きしめたりしていたそうです。また、クーパーはこの映画でデビューした子役であり、当時6歳でしたが、台詞や演技を完璧にこなし、キャリーとも見事にやりとりできたと評価されました。

 

『アメリカン・ガール・ストーリー ~メリーエレン 1955年 最高のクリスマス~』は、ポリオを克服した10歳の少女がクリスマスに家族や友達と一緒にテレビ番組に出演する夢を追うというストーリーです。

制作秘話ですが、主演のアリヴィア・アリン・リンドが実際にポリオの生存者と会って話を聞いたり、ポリオの治療器具を着用してみたりして役作りをしたことが話題になりました。また、この映画はアメリカの人気人形ブランド「アメリカン・ガール」のキャラクターを基にしたシリーズの一つであり、メリーエレンという人形も実際に販売されています。

そして、アリヴィア・アリン・リンドと母親役のメアリー・マコーマックが親子のような関係になったことが明かされています。マコーマックは自分も娘を持つ母親であり、リンドに対して本当の娘のように接したそうです。また、リンドはこの映画で歌唱シーンも披露しており、その歌声も高く評価されました。

なお、『アメリカン・ガール・ストーリー ~メリーエレン 1955年 最高のクリスマス~』は2016年11月25日にAmazonプライムビデオで配信されました。日本では2018年12月1日から同サービスで配信されました。

 

どれも、サンタクロースや父親や母親、兄弟や姉妹など家族の絆や愛情が描かれており、笑いあり涙ありの感動作だと言えます。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟』(1947)

監督:ジョージ・シートン
出演:モーリン・オハラ、ジョン・ペイン、エドマンド・グウェン、ジーン・ロックハート、ナタリー・ウッド

・第20回アカデミー賞(1948年)助演男優賞/脚色賞
・第5回ゴールデングローブ賞(1948年)脚本賞/助演男優賞

『三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟』(1947)はこちらから

『ポケット一杯の幸福』(1961)

~あらすじ~
30年代初頭のNY。若くして暗黒街のボスにのしあがったデイブにはある秘密があった。りんご売りの婆さんアニーからりんごを買うとどんな危険なことも必ずうまくいく。そのアニーが今窮地に立たされている。赤ん坊の時にスペインの学校に預けた愛娘が伯爵のフィアンセを連れて帰ってくるという。社交界の貴婦人と偽って娘に仕送りしてきた彼女、本当の姿を見せれば娘の幸せがふいになってしまう。そこでデイブはアニーを1日だけの貴婦人に仕立てようと、一世一代の大芝居を用意するが……。

出典:Amazon

監督:ジョージ・シートン
出演:モーリン・オハラ、ジョン・ペイン、エドマンド・グウェン、ジーン・ロックハート、ナタリー・ウッド

『ホーム・アローン』(1990)

監督:クリス・コロンバス
出演:マコーレー・カルキン、ジョー・ペシ、ダニエル・スターン

『ホーム・アローン』(1990)はこちらから

『ライアー ライアー』(1997)

~あらすじ~
フレッチャーは一流の弁護士だが、それは得意な“嘘”のおかげ。どんな依頼でも、その口先で無罪を勝ち取ってしまうのだ。そんな彼は私生活でも、別れた妻に引き取られた息子マックスとの面会日をすっぽかす始末だった。ところが誕生日のパーティをすっぽかされたマックスが、パパが嘘をつきませんようにとお願いすると奇蹟が起きる。フレッチャーは絶対に嘘をつけないようになってしまったのだ。しかし彼には大事な裁判があって……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督 ‏ : ‎ トム・シャドヤック
出演 ‏ : ‎ ジム・キャリー, モーラ・ティアニー, ジャスティン・クーパー

『アメリカン・ガール・ストーリー ~メリーエレン 1955年 最高のクリスマス~』(2016)

~あらすじ~
1955年、フロリダ州デイトナビーチのクリスマス。真ん中の子であるメリーエレンは、バタバタと忙しい大家族の中で、何とか目立ちたいと思っている。そんな中、ポリオウイルス感染による麻痺で悩むベンジーが、メリーエレンの家で休暇を過ごしにやって来た。メリーエレンは特別な休暇にしようと決心する。盛大なパーティーをしようという計画は失敗に終わるが、シンプルでも友達を思う優しい気持ちこそが最高の贈り物であると気がつく。

出典:Amazon

監督:バレリー・ウェイス、ジェイミー・パチーノ
出演:アリヴィア・アリン・リンド、メアリー・マコーマック、マディソン・ロウラー

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』口コミ(見どころ・感想)

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』口コミ(見どころ・感想)

「お願いだからプレゼントが見つかりますように!」

~見どころ~
クリスマスなのにこどもへのプレゼントがまだ準備できてない!!

こんな状況、焦るしパニックになりますよね。『ジングル・オール・ザ・ウェイ』は息子が欲しがっているクリスマスプレゼントのためにシュワルツェネッガー父さんがひたすら頑張っちゃうコメディ映画です。

シュワルツェネッガー演じるハワードは、息子のことも妻のことも後回しにしがちなビジネスマンです。

息子の空手の習い事を見に行く約束を破ってしまったので、息子は不機嫌になってしまいます。

挽回するべく息子の欲しがっている「ターボマン」のフィギュアをプレゼントすると約束しますが、「ターボマン」は子供たちに大人気のおもちゃのためすでに品薄状態です。

愛する息子のプレゼントのために、ハワードは「ターボマン」フィギュアを探し求め奮闘します。

~感想~
息子へのプレゼントのために頑張るお父さんは素敵です。

ぎりぎりまで何の準備もしていないところも、彼が仕事に没頭して家庭を顧みていなかった結果なので自業自得ではありますが、「お願いだからプレゼントが見つかりますように!」と観ているこちら側が応援したくなります。

アーノルド・シュワルツェネッガーといえば筋肉もりもりで強い男の代表格の俳優ですが、そんな彼がフィギュア一つのために一生懸命になる姿は、なんともギャップがあってそれだけで笑いがこみ上げてきます。

アメリカのクリスマスの雰囲気も見ていてわくわくするもので、飽きることなく家族で楽しく鑑賞できる映画です。

最後のオチでもうひと笑いさせるエンディングにも注目です。

「人気のものはクリスマスシーズンには売り切れるからちゃんと予約しましょう、イブでは間に合いません」という教訓も与えてくれます。

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.025.73.63.6
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年11月20日時点のものです。

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』まとめ

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』エンタメのまとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次