POINT:
・『ファイト・クラブ』(1999)は、チャック・パラニュークのの同名小説を映画化した作品。
・「ファイト・クラブ規則第一条、ファイト・クラブについて口にしてはならない。」
・『ファイト・クラブ』は、小説、映画とも主人公の一人称視点で進行する。かつ主人公の名前は終盤まで明らかにされない。とは言え、映画版は小説版との違いも多い。
・暴力、血、ドラッグ、自己破壊的など滅茶苦茶な要素も含むことから『時計じかけのオレンジ』『トレインスポッティング』に通ずるものがあるのではなかろうか!?
・『ファイト・クラブ』の主題歌は、ピクシーズの「ホエア・イズ・マイ・​マインド」。
・関連作:『タクシードライバー』(1976)『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)『宮本から君へ』(2019)

映画『ファイト・クラブ』あらすじ・動画

映画『ファイト・クラブ』あらすじ

~あらすじ~
不眠症に悩む若きエリートのジャック。彼の空虚な生活は謎の男、タイラーと出会ってから一変する。自宅が火事になり、焼け出されたジャックはタイラーの家へ居候することに。「お互いに殴り合う」というファイトにはまっていく二人のもとに、ファイト目当ての男たちが集いあうようになる。そして秘密組織“ファイト・クラブ”がつくられた!

出典:Amazon

映画『ファイト・クラブ』予告動画

「ファイト・クラブ」 ―映画の言葉―

 

 

\映画『ファイト・クラブ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ファイト・クラブ』無料視聴する方法と配信サービス

映画『ファイト・クラブ』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『ファイト・クラブ』が見ることができます。

・U-NEXT
・Hulu
・ディズニープラス

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ファイト・クラブ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

 

・Amazonプライム
・music.jp
・dTV
・TELASA

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

映画『ファイト・クラブ』配信サービス状況

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×ベーシックプラン:1,017円/無しParavi
huluHulu1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×3,000円/無しDAZN
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2023年1月15日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『ファイト・クラブ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ファイト・クラブ』監督・キャスト、原作紹介

映画『ファイト・クラブ』基本情報

 

本作(タイトル)ファイト・クラブ/Fight Club
公開年1999年
上映時間/再生時間2時間19分
監督デヴィッド・フィンチャー
キャストナレーター・・・エドワード・ノートン
タイラー・ダーデン・・・ブラッド・ピット
マーラ・シンガー・・・ヘレナ・ボナム=カーター
ロバート・ポールセン・・・ミート・ローフ
リチャード・チェスラー・・・ザック・グルニエ
・・・リッチモンド・アークエット
トーマス・・・デヴィッド・アンドリュース
空港の警備警官・・・ボブ・スティーヴンソン
リッキー・・・アイオン・ベイリー
エンジェル・フェイス・・・ジャレッド・レト
音楽
ザ・ダスト・ブラザーズ
挿入曲:"Where Is My Mind?"  ピクシーズ
主な受賞歴
制作会社/配給元アート・リンソン/20世紀フォックス

映画『ファイト・クラブ』原作紹介

原作:「ファイト・クラブ」(早川書房) チャック・パラニューク
脚本:

映画『ファイト・クラブ』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『タクシードライバー』(1976)

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード、ジョディ・フォスター、ピーター・ボイル

 

・第29回カンヌ国際映画祭(1976年)パルム・ドール
・第2回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1976年)作曲賞
・第19回ブルーリボン賞(1977年)外国映画賞

 

『タクシードライバー』(1976)はこちらから

 

『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)

~あらすじ~
1990年夏、大学を優秀な成績で卒業したクリストファー・マッカンドレスは、ハーバードのロースクールへの進学も決まり、将来を有望視された22歳の若者だった。ところがある日、周囲に何も告げることなく全てを捨て、彼は姿をくらました。これがクリスの“真実を探す”壮大な旅の始まりだった。最終目的地は、アラスカ。

出典:Amazon

監督:ショーン・ペン
出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、ブライアン・ダーカー

・第65回ゴールデングローブ賞(2008年)主題歌賞

 

『宮本から君へ』(2019)

~あらすじ~
金なし! コネなし! 勝ち目なし! ・・・でも情熱だけは半端ない。熱血営業マン・宮本浩が“絶対に勝たなきゃいけないケンカ"に挑む!
宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた“極限の人間讃歌エンターテイメント"そして、極限の人間讃歌は、極限の愛の物語へ昇華する——
宮本の熱量を、あなたは受け止められるか? 生身の愛を求めない人、お断り!

出典:Amazon

監督:真利子哲也
出演:池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、佐藤二朗

 

映画『ファイト・クラブ』口コミ(見どころ・感想)

映画『ファイト・クラブ』口コミ(見どころ・感想)

どんでん返し映画として有名なので、予備知識なしに見ることえおおすすめします。

~見どころ~
どんでん返し映画として有名なので、予備知識なしに見ることえおおすすめします。

ただ、この主人公で同じような結末を向かえていた映画があったと思うので、個人的に最後の結末は意外なものではありませんでした。

その点は少し残念ですが、結末の解釈は人ぞれぞれ意見が分かれる展開になっていると思います。そういう結末の締め方は好きです。

随所に結末への伏線が隠されているので、回収しながら2回目を見るのも楽しいそうです。

あとは、暴力シーンも多いのでその点も個人的には好みではありません。ファイトクラブなんて広めて何が楽しいんでしょうか。でも、男性には好きな設定なのかもしれないのか・・・。

ただストーリーは面白いですし、狂気なブラピがなかなかカッコよかったと思います。

~感想~
この映画は、平凡なつまらない人生を送る本当の自分とカッコよくて頭のきれる悪である理想の自分という二重人格に主人公が翻弄されてしまうストーリーです。

基本的には本来の自分の目線でストーリーが進みますし、最後まで二重人格であることは語られないので、ここがどんでん返しポイントです。

意見が分かれそうなのは、ラストシーン。

銃口を自分の口に突っ込んで、理想の自分を演じるブラピを殺します。個人的には、なので本来の自分が勝ったということと解釈しているのですが、そのあとのセリフに主人公が「打たれた」と回答しているシーンがあります。という事は、心は理想の自分(ブラピ)なのかなと。

どっちが勝ったのかは明確に語られないので分かりませんが、考えさせられるラストだったと思います。

ピクシーズの「ホエア・イズ・マイ・​マインド」。メロディや歌詞も『ファイト・クラブ』を創造できるぐらいかっこいい曲だと思います。

~見どころ~
この作品の見どころは、心理、感情描写など、そこらへんの描写が上手く、誰1人でもどれかのキャラには感情移入できる作品です。

ただそれだけで終わらなく、ミステリー・伏線回収 青春など個人的に自分がこの作品を観たのが、中学生だったのか、この作品の描写に惹かれ、今でも、変わらず「1番」といってもいいぐらい好きな作品です。

この作品は衝撃的な終わり方をしており、この作品は伏線回収を知った後でも、1回目より、新鮮で見られるのも好きなところではあります。

見どころは男のロマンが一杯詰めこめられ、この作品は暴力描写や後味がすっきりしない暗いキャラが多いので、感情移入が出来ないなど『ファイト・クラブ』を勧めない人が多いのですが、個人的にもかなり世間評価も高い作品なので、人生に1回は見てみることを推奨します。

~感想~
『ファイト・クラブ』の感想としては、やはり衝撃な展開や伏線回収と感情移入できるキャラクター達や色々ありますが、ここら辺のイメージが凄いです。

この作品が元になり色々な作品が出てきましたが、その中でも1,2 (もう一つは海外ドラマ)を争うぐらい好きな作品でした。デヴィッドの最高傑作だと思います。

もう一つは主題歌ですね。ピクシーズの「ホエア・イズ・マイ・​マインド」。

この曲は海外のベスト主題歌賞も取ってるくらいすごく、メロディや歌詞も『ファイト・クラブ』を創造できるぐらいかっこいい曲だと思います。

総括はこの作品は個人的には何処を取っても素晴らしく、欠点は中盤がだれる、人に勧めずらい以外は個人的には完璧な映画だったと思います。

映画『ファイト・クラブ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.398.84.04.0
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年1月15日時点のものです。

映画『ファイト・クラブ』まとめ

映画『ファイト・クラブ』エンタメのまとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ファイト・クラブ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ファイト・クラブ』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事