スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

POINT:
・『トレインスポッティング』(Trainspotting)は、電車が好きでたむろする人達のことを。転じて「行くあて無く彷徨う人たち」を言う。レントンの部屋の後ろに電車のポスターが貼ってあるのが分かる。
・レントン役のユアン・マクレガーが写る蛍光オレンジの映画ポスターなども人気で、彼の出世作ともなった。
・関連作: 『時計じかけのオレンジ』 『さらば青春の光』『レクイエム・フォー・ドリーム』

映画『トレインスポッティング』

~あらすじ~
マーク・レントンと彼の仲間はヘロイン中毒。ケンカが趣味のベグビー。気のいい小心者スパッド。女たらしのシック・ボーイ。そしてセックスもドラッグもOKの女子中学生ダイアン。窃盗、詐欺、万引きを繰り返し逮捕されたレントンは更生を決意。ロンドンへ出て就職する。だが強盗で手配されたベグビーとシック・ボーイが押しかけてきて会社はクビ。地元へ戻れば、待ち受けていたのはヤク漬けのまま死んだ友人の葬式だった。圧倒的な絶望感の中、レントンと仲間たちは人生を変える賭けに出る。売人から大量の麻薬を仕入れ、ロンドンでさばけば大儲けだ。大金と新しい人生。彼らはそれを手に入れる事ができるのか?

出典:Amazon

\映画『トレインスポッティング』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『トレインスポッティング』予告動画

『トレインスポッティング』

映画『トレインスポッティング』配信状況

映画『トレインスポッティング』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『トレインスポッティング』が見ることができます。

・Amazonプライム
・Netflix
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『トレインスポッティング』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

・dTV

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV1,026円/30日間 ※動画配信「動画見放題」の場合。  TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年2月16日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『トレインスポッティング』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『トレインスポッティング』監督・キャスト、原作紹介

映画『トレインスポッティング』基本情報

本作(タイトル)トレインスポッティング/Trainspotting
公開年1996年
上映時間/再生時間1時間33分
監督ダニー・ボイル
キャストレントン・・・ユアン・マクレガー
スパッド・・・ユエン・ブレムナー
シック・ボーイ・・・ジョニー・リー・ミラー
トミー・・・ケヴィン・マクキッド
ベグビー・・・ロバート・カーライル
ダイアン・・・ケリー・マクドナルド 

スワニー修道院長・・・ピーター・ミュラン
マイキー・・・アーヴィン・ウェルシュ
レントンの父・・・ジェームズ・コスモ
麻薬ディーラー・・・キース・アレン
ゲイル・・・シャーリー・ヘンダーソン
アンドレアス・・・ケヴィン・アレン

音楽/主題歌
挿入曲:
"Lust For Life" and "Nightclubbing"(ヴィッド・ボウイ)
"Deep Blue Day"(ブライアン・イーノ)
"Atomic" (デボラ・ハリー)
"Nightclubbing"(イギー・ポップ)
"Perfect Day"(ルー・リード)"Hertzlich Tut Mich Verlangen"(ヨハン・セバスチャン・バッハ)
主な受賞歴
制作会社/配給元アンドリュー・マクドナルド/アスミック・エース、パルコ

映画『トレインスポッティング』原作紹介

原作:アーヴィン・ウェルシュ
脚本:ジョン・ホッジ

映画『トレインスポッティング』関連作品

『T2 トレインスポッティング』(2017)

~あらすじ~
かつてレントン(ユアン・マクレガー)は、麻薬の売買でつかんだ大金を仲間たちと山分けせずに逃亡した。彼が20年ぶりに故郷スコットランドのエディンバラの実家に戻ってみるとすでに母親は亡くなっており、父親だけが暮らしていた。そして悪友たちのその後が気になったレントンが、ジャンキーのスパッド(ユエン・ブレムナー)のアパートを訪ねると……。

出典:Yahoo!映画

『トレインスポッティング』(1996)から20余年あまり・・・。

 

映画『トレインスポッティング』関連作品

邦画ではなかなか見かけない。というよりも、絶対に映し出せない。

束の間の幸福、夢見がちで刹那的な生き方、転がり落ちる人生・・・。

そんな映画を紹介します。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『時計じかけのオレンジ』(1971)

~あらすじ~
喧嘩、盗み、歌、タップ・ダンス、暴力。山高帽とエドワード7世風のファッションに身を包んだ、反逆児アレックス(マルコム・マクドウェル)には、独特な楽しみ方がある。それは他人の悲劇を楽しむ方法である。

出典:Amazon

監督・脚本:スタンリー・キューブリック
出演:マルコム・マクダウェル、パトリック・マギー、マイケル・ベイ

『さらば青春の光』(1979)

監督:フランク・ロダム 、出演:フィル・ダニエルズ、レスリー・アッシュ

『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000)

ブルックリン。孤独な未亡人サラのもとに電話抽選によるTV番組出演の話が舞い込む。
スリムなドレスを着こなそうとダイエットを開始したサラは、医師に処方されたダイエットピルで瞬く間の減量に成功する。
一方、ドラッグ漬けで文無し生活を送っていた一人息子のハリーは仲買人から得たヘロインを不当に捌く密売で、
恋人のマリオンと共に成功者気取りの羽振りの良さを見せるようになっていた。
ドン底の生活から見違えるまでの活気を取り戻した母子は、やがて束の間の再会を喜び合うのだが・・・。

出典:Amazon

監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:エレン・バースティン、ジャレッド・レトー、ジェニファー・コネリー、マーロン・ウェイアンズ

『ノーザン・ソウル』(2014)


監督:エレイン・コンスタンチン
出演:アントニア・トーマス、スティーヴ・クーガン

映画『トレインスポッティング』口コミ(見どころ・感想)

映画『トレインスポッティング』口コミ(見どころ・感想)

普通って一体何なのか。大人と言うものは何なのか。

~見どころ~
ヨーロッパのリアルな若者達を描いており、現代でも共通点をいっぱい見つけることができます。自堕落な生活からの脱却を目指す主人公レントンを含んだ薬物中毒者の心の葛藤や、一見充実した生活をしている様に見えていた親友の不幸な出来事など、諸行無常なとても生々しいストーリーが今の自分を再認識させられます。
とにかくショッキングかつスリリングなストーリー展開が続き、全く飽きさせません。
過去の自分と戦い、今まで非常識だった考え方を改め真人間になろうとするレントン、スパッド、シックボーイの波乱万丈な個々のストーリーは、より一層感情移入する事になるでしょう。
普通って一体何なのか。
大人と言うものは何なのか。
薬物やしがらみから必死に抜け出そうと青年達が走り抜けて行く様は爽快で、どこか優しい不思議な映画になっています。

~感想~
まずは何と言っても、若者の楽観的かつ貪欲な考えを上手く言動と行動で表現できていて、青年時代に見た時はたくさん共感できる部分がありました。

頭を打って初めてわかることがたくさんあって、この映画の主人公であるレントンも更生を目指すことになるのですが、周りの環境に影響されて様々なジレンマを抱えながら必死に生きて行く様は、非常にエネルギッシュで元気付けられます。
キャラクター一人一人が魅力的で、各々信条や悩みを持っていて、全員好きになりました。
中でもキャラが立ってるのはキーマンであるベグビーですね。
主人公レントンの恋の行方や、薬物に対する考え方や友人関係家族関係など、環境に振り回され大きな悩みを抱えながら走るシーンはとても印象的で大好きなシーンでもあります。
『T2 トレインスポッティング』と言うタイトルの続編も出ていますので、そちらも合わせて見ることをオススメします!

社会派映画になってもいいはずが、すごくポップな映画に!

~見どころ~
イギー・ポップの曲が流れる予告篇だけでも、すごくいい映画!と思えるけれど、ほんとはすごく社会派の映画です。
ダニー・ボイル監督と主演ユアン・マクレガーの出世作。
この映画で原作者のアーヴィン・ウェルシュを知ったひとも多いはずです。
製作は96年ですが、ストーリーは住居の不法占拠(スクワット)、失業保険・・・という、ほぼサッチャー政権下の80年代を描いています。
原作を読んで本作未見の人は、「よくあの長編小説をまとめたなあ~」と思うほど、あらゆるエピソードが詰め込まれて衝撃のラストへ。
映像の清々しさ(トイレのシーンなど)やセリフのせいなのか、原作よりもポップで、劇中に流れるイギー・ポップやアンダーワールドの曲も効果的にポップさを強調させています。
社会派映画になってもいいはずが、音楽・ファッションの効果ですごくポップな映画になって、見やすいエンターテイメント作品になっています。

~感想~
公開当時、一緒に観た友人の二人が「アンダーワールドの曲が流れたとき踊りそうになったわ!」(女性)と言い、もうひとりが「レントン役のユアン・マクレガーは、スキンズの設定」(男性)と言ったのが、印象に残っています。

当時、友人の二人が言う意味があまり理解していませんでしたが、今となってはアンダーワールドの”Born Slippy”は踊りそうになる名曲と思うようになりました。

60~90年代までのイギリスのポップカルチャーと政治社会を調べていくと「レントンのファッションってスキンズっぽい」と思うようになりました。

80年代のイギリス映画というと、イギリスの社会同様、暗く重い映画のイメージでしたが、本作でそのようなイメージから大きくイメージを変えられます。

この映画にイギリスの社会問題とその表面に見えないアンダーカルチャーがひしひしと感じられるところがいいです。

映画『トレインスポッティング』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.838.13.83.7
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年2月16日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『トレインスポッティング』動画が見れるサイトは?

 

\映画『トレインスポッティング』を<U-NEXT>で見てみる!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ!