この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

POINT:
・『リトル・ダンサー』(2000)は、スティーブン・ダルドリーの長編映画第1作目。
・公開時キャッチコピー:「僕がバレエ・ダンサーを夢見てはいけないの?」
・少年ビリーの出演条件に「イギリス北東部の訛りを持つ、ダンスが得意な少年」があり、約2,000人の候補からジェイミー・ベルが選ばれた。
・少年ビリーを演じたジェイミー・ベルは、英国アカデミー賞とロンドン批評家協会賞の主演男優賞を受賞した。
・関連作: 『遠い空の向こうに』(1999) 『フラガール』(2006) 『ビリー・エリオット ミュージカルライブ リトル・ダンサー』(2014) 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』(2018)
・関連作品 ~ミュージカルを観てみる~: 『シカゴ』(2002) 『キンキーブーツ』(2005) 『 マンマ・ミーア!』(2008) 『 レ・ミゼラブル』(2012)

映画『リトル・ダンサー』

~あらすじ~
984年、イギリス北部の炭坑町。11歳のビリーは炭坑労働者のパパと兄トニー、おばあちゃんと暮らしていた。ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移ってきた。ふとしたことからレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚えるのだった。教室の先生であるウィルキンソン夫人もビリーに特別な才能を見出した。それからというものビリーはバレエに夢中になるのだが……。

出典:TSUTAYA DISCAS

\映画『リトル・ダンサー』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『リトル・ダンサー』予告動画

『リトル・ダンサー』予告編

映画『リトル・ダンサー』配信状況

映画『リトル・ダンサー』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『リトル・ダンサー』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『リトル・ダンサー』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

TSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

・Amazonプライム

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV×―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年10月15日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『リトル・ダンサー』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『リトル・ダンサー』監督・キャスト、原作紹介

映画『リトル・ダンサー』基本情報

 

本作(タイトル)リトル・ダンサー/Billy Elliot
公開年2000年
上映時間/再生時間1時間51分
監督スティーヴン・ダルドリー
キャストビリー・・・ジェイミー・ベル
ビリーの父親・・・ゲイリー・ルイス
ウィルキンソン先生・・・ジュリー・ウォルターズ
指導教師・・・イモージェン・クレア
音楽
スティーヴン・ウォーベック
バレエ音楽「白鳥の湖」より ピョートル・チャイコフスキー
主な受賞歴・第54回英国アカデミー賞(2000年)英国作品賞
・第25回日本アカデミー賞(2002年)最優秀外国作品賞
制作会社/配給元BBCフィルムズ、タイガー・アスペクト・ピクチャーズ、スタジオカナル、WT2プロダクションズ/BBCフィルムズ、 角川ヘラルド映画

映画『リトル・ダンサー』原作紹介

脚本:リー・ホール

映画『リトル・ダンサー』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『遠い空の向こうに』(1999)

~解説・あらすじ~
のちにNASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの自伝を基に、「ジュマンジ」のジョー・ジョンストン監督がロケットへの夢に賭けた若者たちの挑戦を描いたドラマ。1957年10月、ソ連が人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した。ウエスト・ヴァージニア州の炭坑の町コールウッドで、その美しい軌跡を見ていた青年ホーマーは、自らの手でロケットを打ち上げたいと思い、級友3人とともに本格的なロケットづくりにとりかかった。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジョー・ジョンストン
出演:ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、クリス・オーウェン、ローラ・ダン

『フラガール』(2006)

監督:李相日
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子

『フラガール』(2006)はこちらから

『ビリー・エリオット ミュージカルライブ リトル・ダンサー』(2014)

~あらすじ~
1984年、ストライキに揺れるイギリスの炭鉱町。11歳の少年ビリー・エリオットは、炭鉱夫の父と兄、そして祖母と4人で暮らしている。生活は決して豊かではない。
まだ母の面影を追う息子に、父は強い人間になって欲しいとボクシング教室に通わせるが、なかなか上達しない。
そんなある日、偶然目にしたクラシック・バレエに興味を持ったビリーは、猛反対する父に内緒でバレエを習うようになる。
彼の素質を見抜いたウィルキンソン先生の指導で、彼はどんどん上達していく。「ロイヤル・バレエ団で踊りたい」…息子の才能と夢を知った父は彼のために一大決心をする―。

出典:Amazon

監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:エリオット・ハンナ、ラシー・ヘンズホール、デカ・ウォームズリー、ザーク・アトキンソン、リアム・ムーア

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』(2018)

~あらすじ~
ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。
レコードショップを営む元バンドマンの父フランクと、将来の夢のためにLAの医大を目指す娘サム。
二人で作った曲を音楽ストリーミングサービス・Spotifyにアップしたことから、思いがけずフランクの夢が膨らむことになるのだが……
やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。

出典:Amazon

監督:ブレット・ヘイリー
出演:ニック・オファーマン、カーシー・クレモンズ、テッド・ダンソン、サッシャ・レイン、ブライス・ダナー

 

映画『リトル・ダンサー』関連作品 ~ミュージカルを観てみる~

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『シカゴ』(2002)

~あらすじ~
1920年代のシカゴ。スターを夢見るロキシーは、キャバレーの専属歌手ヴェルマのステージを羨望の眼差しで見入っていた。そんなロキシーはある日、ショーに売り込むとの約束を守らなかった愛人と諍いを起こし、ついに彼を撃ち殺してしまう。そして逮捕され留置所に送られたロキシーは、驚くことにあのヴェルマと出会った。彼女は不倫した夫と妹を殺した罪に問われていた。しかし、マスコミ操作に長けた辣腕弁護士ビリーのおかげで、巷では一躍スター扱い。ロキシーも同じ手段でヴェルマ以上の注目を浴びようとビリーを雇うのだが…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ロブ・マーシャル
出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

・第75回アカデミー賞(2003年)作品賞/助演女優賞/美術賞音響賞(録音賞)/編集賞/衣装デザイン賞
・第60回ゴールデングローブ賞(2003年)作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)/主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)

『キンキーブーツ』(2005)

~解説・あらすじ~
父親の急死で倒産目前の靴工場を相続した優柔不断な男が、ひょんなことからドラッグクイーンと二人三脚で工場の再生に奮闘する姿を描いた英国産ハートフル・コメディ。田舎町ノーサンプトンの伝統ある靴工場の跡取り息子チャーリー・プライス。優柔不断な彼は、婚約者のロンドン転勤を機に、田舎を飛び出して羽を伸ばそうと考えていた。ところが、ロンドンに到着早々、父親の訃報が届く。あまりにも突然に工場を引き継ぐこととなったチャーリーだったが、工場の実情は倒産寸前と判明、嫌々ながらも従業員の首切りを開始するのだったが…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジュリアン・ジャロルド
出演:ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ポッツ、ジェマイマ・ルーパー

 

『 マンマ・ミーア!』(2008)

監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアーズ・ブロスナン、コリン・ファース

『 マンマ・ミーア!』(2008)はこちらから

『 レ・ミゼラブル』(2012)

~あらすじ~
ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間服役した後、仮出獄するが、生活に行き詰まり、再び盗みを働いてしまう。
その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れた彼は、身も心も生まれ変わろうと決意し、過去を捨て、市長となるまでの人物になった。
そんな折、不思議な運命の糸で結ばれた女性ファンテーヌと出会い、彼女から愛娘コゼットの未来を託されたバルジャンは、ジャベールの追跡をかわしてパリに逃亡。
彼女に限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。
しかし、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。
誰もが激動の波に呑まれていく…

出典:Amazon

監督:トム・フーパー
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン

・第85回アカデミー賞(2013年)
助演女優賞/音響賞(録音賞)/メイク・ヘアスタイリング賞
・第70回ゴールデングローブ賞(2013年)作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)/助演女優賞
・第37回日本アカデミー賞(2014年)最優秀外国作品賞  ほか多数受賞

映画『リトル・ダンサー』口コミ(見どころ・感想)

映画『リトル・ダンサー』口コミ(見どころ・感想)

夢に向かって必死にもがき挑戦したことのある人ならば・・・。

~見どころ~
80年代、炭鉱の町で暮らす少年がバレエに夢中になり、バレエの道へ突き進んでいく青春ストーリーです。バレエに興味を持つ男の子はこの主人公の少年ビリーくらいで、頭の堅そうな父親にはボクシングを習いに行っているように見せて、実はバレエを習いに行くほど、バレエに魅せられていきます。

ビリーはメキメキバレエの才能を発揮し、先生からも期待を受けるようになっていきます。バレエの名門学校を受験することで父親にバレエをしている事実を知られてしまい反対されます。

ですが、ビリーの躍りを目の前で見た父親が息子の才能に感動して心動かされ、応援者に変わり必死に息子のために行動していく姿に、涙が止まらないほどの感動を感じさせられます。

夢に向かって必死にもがき挑戦したことのある人ならば、感じたことのある「共感」を得る物語りになっています。

~感想~
夢中になって頑張れることがあって、夢を持ち、夢中に突き進んでいくほどの情熱を持っている主人公ビリーがとても羨ましかったです。

こんなにもがき苦しみながらも、楽しんでバレエをやっているビリーがキラキラ輝いていました。

昔の価値観を持っているような堅そうな父親に、内緒でバレエを習いにいく姿が健気で観ていて応援したくなります。

ですが、父親にバレエをしていることがバレてしまい、自身が夢中になり情熱を注いでいるバレエに理解を得るために、感情を剥き出しにだした渾身のダンスを披露します。

それを見た瞬間、心から感動し息子の夢を応援する協力者に変わった父親の愛に、大きな感動をもらえました。

ラストの白鳥の湖の舞台のシーンには涙が止まりませんでした。

映画『リトル・ダンサー』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.827.74.24.43
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年10月15日時点のものです。

まとめ

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『リトル・ダンサー』動画が見れるサイトは?

 

\映画『リトル・ダンサー』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事