POINT:
・『アザーズ』(2001)は、アレハンドロ・アメナーバル監督・脚本によるサスペンスホラー映画。
・『アザーズ』では何かの気配と怪現象におびえ緊張に満ちた表情や明暗のコントラストなどを描いている。『シックスセンス』(1999)のような大きな驚愕や感動がある訳ではないが、不可解な心理的恐怖を全面に出しきっている。
・グレース役にニコール・キッドマンが出演。当時の夫トム・クルーズが製作総指揮で参加している。
・関連作:『恐怖』(1961)『ゲーム』(1997)『アイズ ワイド シャット』(1999)『マローボーン家の掟』(2017)

映画『アザーズ』あらすじ・動画

映画『アザーズ』あらすじ

~あらすじ~
1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める……。

出典:TSUTAYA DISCAS

映画『アザーズ』予告動画

The Others (2001) Official Trailer 1 - Nicole Kidman Movie

 

 

\映画『アザーズ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『アザーズ』無料視聴する方法と配信サービス

映画『アザーズ』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『アザーズ』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『アザーズ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・Amazonプライム

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

 

映画『アザーズ』配信サービス状況

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
×1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×ベーシックプラン:1,017円/無しParavi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×3,000円/無しDAZN
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年12月14日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『アザーズ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『アザーズ』監督・キャスト、原作紹介

映画『アザーズ』基本情報

 

本作(タイトル)アザーズ/The Others
公開年2001年
上映時間/再生時間1時間44分
監督アレハンドロ・アメナーバル
キャストグレース・・・ニコール・キッドマン
ミセス・ミルズ・・・フィオヌラ・フラナガン
グレースの夫 チャールズ・・・クリストファー・エクルストン
グレースとチャールズの娘 アン・・・アラキーナ・マン
ミスター・タトル・・・エリック・サイクス
リディア・・・エレイン・キャシディ
老婆・・・ルネ・アシャーソン
マーリッシュ氏・・・キース・アレン
少年 ヴィクター・・・アレクサンダー・ヴィン
音楽
アレハンドロ・アメナーバル
「別れのワルツ」"Vals Opus 69 No.1 (Op. Posth.)" フレデリック・ショパン
主な受賞歴
制作会社/配給元クルーズ/ワグナー・プロダクションズ/ディメンション・フィルムズ、ギャガ

映画『アザーズ』原作紹介

脚本:アレハンドロ・アメナーバル

映画『アザーズ』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『恐怖』(1961)

~あらすじ~
生き別れになっていた父に会うため、父の屋敷にやってきた少女の体験する恐怖を描いた、ミステリー・タッチのスリラー映画。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:セス・ホルト
出演:スーザン・ストラスバーグ、クリストファー・リー、アン・トッド、ロナルド・ルイス、レナード・サックス

 

『ゲーム』(1997)

~あらすじ~
実業家ニコラスは48歳の誕生日に、弟のコンラッドからCRS社主催の“ゲーム”の招待状をプレゼントされる。最初は馬鹿にしていたニコラスだが、「人生が一変するような素晴らしい体験ができる」という謳い文句にひかれてゲームに参加することにする。やがて、ブリーフケースの鍵の紛失、スキャンダルの発覚|RS社のオフィスの消滅と、奇妙な出来事がニコラスの周りで次々に起こり始める。トラブルは次第に加速していき、遂には生命の危機にさらされることになる……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:デビッド・フィンチャー
出演:マイケル・ダグラス、ショーン・ペン

 

『アイズ ワイド シャット』(1999)

監督:スタンリー・キューブリック
出演:トム・クルーズ、ニコール・キッドマン

 

『アイズ ワイド シャット』(1999)はこちらから

 

『マローボーン家の掟』(2017)

~あらすじ~
海にほど近い森の中にひっそりとたたずむ大きな屋敷。そこに暮らすマローボーン家の4人兄妹は、不思議な“掟"に従い、世間の目を逃れるように生きていた。忌まわしい過去を振りきり、この屋敷で再出発を図る彼らの願いは、自由で幸せな人生をつかむこと。しかし心優しい母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、4人の希望に満ちた日々はもろくも崩れ出す。父親の死体を隠して封印した屋根裏部屋から響いてくる不気味な物音、鏡の中にうごめく得体の知れない影。いったいこの屋敷には、いかなる秘密が隠されているのか。やがて平穏を保つための“掟"が次々と破られ、逃げ場なき極限状況に追いつめられた長男ジャックが、最愛の妹と弟たちを守るために下した決断とは……。

出典:Amazon

監督:セルヒオ・G・サンチェス
出演:ジョージ・マッケイ、チャーリー・ヒートン、ミア・ゴス、アニヤ・テイラー=ジョイ

 

映画『アザーズ』口コミ(見どころ・感想)

映画『アザーズ』口コミ(見どころ・感想)

見る者の恐怖を煽っていくので、その恐怖感がじわりじわりとゆっくり伝わってくるが逆に怖く感じました。

~見どころ~
この映画は最後の大どんでん返しがすごいの一言です。

最後のオチで、最初の方に感じたちょっとした違和感などが、一気に頭の中で解決した感じです。

単なるエグい&グロい描写で恐怖を煽る映画とは違って、雰囲気や物語の展開によって、少しづつ見る者の恐怖を煽っていき、最後の最後に、あっと思わせるような結末になり、思わずやられたーという気持ちになりました。

演出も素晴らしく見せたかがとても上手いので、最初から目を離すことが出来ず、飽きることなく最後まで一気に見てしまう感じでした。

俳優陣の演技も質が高く、ニコールキッドマンは、その透き通るような白い肌の美しい女性で、こういう役には、ピッタリだなーって思いました。

子供役の子役の子達も演技が上手だったので、映画の少し薄暗く冷たい感じの世界観により引き込まれました。

大どんでん返しの好きな方に特にお勧めの映画です。

~感想~
この映画は最初、聖書物語を読み聞かせる場面から始まり、そこからいきなりグレースが絶叫して目を覚ます場面なります。

この一見、なんの脈絡がないように思える冒頭の部分ですが、最後まで見ると、グレースの異常なまでの聖書信仰の理由も含めて、全ての謎がストレスなく解けるようになっています。

ニコール・キッドマンと言えば、透明感のある白い肌で、どちらかと言えば古典的な顔立ちのとても気品ある美人な女優さんです。

それがこの作品の持つ雰囲気にピッタリ合っていて、この作品の持つ薄暗く何か不穏な感じのする雰囲気をより一層盛り上げています。

彼女が演じるの役は、2人の子供と一緒に戦争に行った夫の帰りを、霧深い孤島の古い屋敷で待つ若い妻グレースです。

彼女は厳格なキリスト教徒で聖書の言葉を頑なに信じて、自分の子供たちにそれを毎日聞かせることを日課にしている、ちょっと普通とは思えない、異常だとも思える女性です。

そんな彼女と子供達がいる屋敷に、3人の召使いが来てから、様々な不可解な出来事が起こるようになって、恐怖は次第に増幅していきます。

この映画は、単なる派手なホラー描写で恐怖を煽る映画とは違って、雰囲気や物語の展開によって、少しずつ見る者の恐怖を煽っていくので、その恐怖感がじわりじわりとゆっくり伝わってくるが逆に怖く感じました。

話の舞台は1945年になっているので、今からおよそ60数年前の時代設定ですが、屋敷や人物の持っている雰囲気が、どちらかというと19世紀的な感じがしました。

もしグレースを演じるのがニコール・キッドマン以外の女優さんで、彼女ほどの美貌を持ち合わせていなかったら、グレースの異常なまでの聖書信仰や神経質ぶりが、見ていてきっとストレスが溜まっていたんじゃないかと思います。

それくらいニコール・キッドマンは、ハマり役だったんじゃないでしょうか。

そして、この悲しくも感動的であり、見た人誰もが驚く衝撃的な結末、見事な演出と完璧な脚本、そして、彼女の美しさがあってこそ、グレースと子供たちに共感できるのだと思いました。

最後の結末を予測できる人はほとんどいないのではないでしょうか、この映画を見た後、しばらく最後の場面が頭から離れなかったです。

ゴシックホラーというあまり見ないジャンルですが、見る人の心理をうまく誘導している秀逸な作品!

~見どころ~
アザーズの見どころは、そのストーリーの秀逸さにあります。

最初は、本当にスローテンポに始まります。こちらが、退屈してしまうほどです。

しかし、段々、恐ろしい空気が漂ってくると、見ている観客はその展開の不気味さに引き込まれていくのです。

きっと、物語の伏線の置き方が素晴らしいからでしょう。 ゴールに辿り着くまでが、本当にうまい!

ゴシックホラーというあまり見ないジャンルですが、見る人の心理をうまく誘導している秀逸な作品と言えます。

そして、ラストに辿り着いたら、ジェットコースターに乗ったような解放感が味わえること間違いなしです。

さらに、物語の中では美しい母親をニコール・キッドマンが演じ、展開を引き立ててくれます。

暗い世界観の中に、主役であるニコール・キッドマンを一凛のバラのように置くというのもいいですね。

しかも、周りの人間が感情を表に出さない中、ニコールは感情を前面に出して物語に抑揚をつけてくれるのです。

それが、今回の作品にマッチしています。製作総指揮に、トム・クルーズが関わっているだけあって、ハリウッドスターの立て方がよくわかっているなって思いました。

~感想~
映画の鉄則として、冒頭15分は観客を引きつけなくてはいけません。これは、人は第一印象が大事と同じことですが、その期待をいい意味で裏切ってくれます。

最初は地味に見えたけど、付き合ってみたら、気配りができるし、話しは面白い異性のような感じです。しかも、妙な色気もあります。

主役の母親グレース(ニコール・キッドマン)以外も、脇役が素晴らしいです。

グレースの娘アンや息子のニコラスは、光に当てたら最悪死んでしまうアレルギーを持っています。

その青白く不健康な肌から放たれる、陰鬱な雰囲気はどこか浮いていて引き付けられます。

よく子役たちは、難しい役を演じきったなと褒めたくなりました。

さらに、グレースに追い打ちをかけるように洋館では怪奇現象が続出します。
そりゃ、どんな母親も感情が不安定になるよねと、同情したくなります。

母親の強さもあるけど、不安定で脆いところとか見ている方も共感できるのが素晴らしいところだと思いますね。

映画『アザーズ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.797.63.63.9
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年12月14日時点のものです。

映画『アザーズ』まとめ

映画『アザーズ』エンタメのまとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『アザーズ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『アザーズ』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事