映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・『シチズンフォー スノーデンの暴露』(2014)は、アメリカ・ドイツ合作のドキュメンタリー映画で、第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した。
・『シチズンフォー スノーデンの暴露』はエドワード・スノーデンがアメリカ政府の国民のプライバシー侵害を告発した事件に焦点を当てており、スノーデンがグリーンウォルドと共に香港で会い、NSAの内部文書を提供した過程を描いている。スノーデンは告発後、香港からの脱出を余儀なくされ、映画では彼と記者たちの監視への不安が描かれている。
・『シチズンフォー スノーデンの暴露』は陰謀スリラーの感覚を観客に伝え、『大統領の男たち』や『パララックス・ビュー』との共通点が指摘されている。
・ポイトラス監督は視覚的に静的ながらも効果的なシーンで、スノーデンの議論に焦点を当てている。
・『シチズンフォー スノーデンの暴露』擁護的なドキュメンタリーではなく、特定のイデオロギーを押し進めることなく、政府の濫用可能性とテクノロジーの影響を伝えることに焦点を当てている。
・スノーデンのセキュリティ・リークの困難さやポイトラス監督の国外での映画制作の偉業が強調され、これは憲法修正第1条への賛辞と共に、権力者の行動を暴露できる可能性を示している。
・関連作:『共犯者たち』(2017)『ラッカは静かに虐殺されている』(2017)『コレクティブ 国家の嘘』(2019)
・関連作:『イカロス』(2017)『オリバー・ストーン オン プーチン』(2017)『ナワリヌイ』(2022)
目次

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじ・動画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじ

~あらすじ~
米国政府のスパイ行為を告発した元CIA職員。世界が震撼したスノーデン事件の全記録<ドキュメント> 米国の二大情報機関、CIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)に属した若者が、国家による一般市民の通信データ収集の実態を証拠となる内部資料とともに暴露し、自ら実名で名乗り出るというかつて類を見ない大事件・スノーデン事件。本作は、スノーデンからの接触、香港で密かに行われた独占インタビュー、スクープ記事の公表と反響、そしてスノーデンの脱出まで、一大センセーションを巻き起こした事件のすべての真相をリアルタイムで記録した、驚くべき“時代の生の証言”である。
出典:Amazon

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』予告動画

\映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』無料視聴する方法と配信サービス

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』が見ることができます。

・Amazonプライム
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

・music.jp

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年11月11日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』監督・キャスト、原作紹介

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』基本情報

本作(タイトル)シチズンフォー スノーデンの暴露/CITIZENFOUR
公開年2014年
上映時間/再生時間1時間54分
監督ローラ・ポイトラス
キャストエドワード・スノーデン
グレン・グリーンウォルド
ローラ・ポイトラス
ウィリアム・ビニー
ジェイコブ・アッペルバウム
ユーウェン・マカスキル
ジェレミー・スケイヒル
音楽
主な受賞歴・第87回アカデミー賞(2015年)長編ドキュメンタリー映画賞
・第40回ロサンゼルス映画批評家協会賞(2014年)ドキュメンタリー映画賞
・第30回インディペンデント・スピリット賞(2015年)ドキュメンタリー映画賞
・第68回英国アカデミー賞(2014年)長編ドキュメンタリー映画賞
・第10回オースティン映画批評家協会賞(2014年)ドキュメンタリー映画賞
制作会社/配給元ダーク・ウィルツキー、ローラ・ポイトラス、マチルダ・ボネフォイ/ ギャガ・プラス

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』原作紹介

脚本:ローラ・ポイトラス

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』関連作品①

関連作として、『共犯者たち』(2017)『ラッカは静かに虐殺されている』(2017)『コレクティブ 国家の嘘』(2019)を取り上げます。

これらの映画はすべてドキュメンタリー作品であり、現代社会における政治やメディアの問題を描いています。それぞれの作品の背景や内容について簡単に紹介します。

『共犯者たち』は、韓国の前政権時代におけるメディアへの政治介入と言論弾圧を暴く作品です。監督はMBCの元プロデューサーであり、政権に批判的な報道をしたために解雇されたチェ・スンホです。

彼はその後、市民からの会費で運営される独立メディア「ニュース打破」を立ち上げ、長年にわたって調査報道を続けました。この作品では、彼が撮影した映像やインタビューを通して、政府やメディアの上層部と闘うジャーナリストやプロデューサーたちの姿を追っています。

『ラッカは静かに虐殺されている』は、シリア内戦下で過激派組織「イスラム国」(IS)に支配された街ラッカの惨状を伝える市民ジャーナリスト集団「RBSS」(Raqqa is Being Slaughtered Silently)の活動と危機を描く作品です。監督はメキシコ麻薬戦争を追った「カルテル・ランド」のマシュー・ハイネマン。

彼はRBSSのメンバーと接触し、彼らがスマホで撮影した映像やSNSに投稿した情報をもとに、ISの残虐な行為やRBSSの命を狙う暗殺計画などを暴いています。

『コレクティブ 国家の嘘』は、ルーマニアで起きたナイトクラブ火災事故をきっかけに、国家の腐敗と医療不正を暴露していくジャーナリストたちの闘いを描く作品です。監督はルーマニア出身のアレクサンダー・ナナウです。

彼はスポーツ紙「コレクティブ」の記者たちと協力し、火災後に多数の死者が出た病院の衛生状態や感染対策の欠如、政府や医療機関の隠蔽工作などを徹底的に調査しています。

これらの映画は、現実に起きた出来事をもとにしていますが、その映像や証言は私たち観る者に衝撃を与えます。

また、それぞれの監督やジャーナリストたちは、真実を追求するために自らの命や安全を危険にさらしています。彼らは権力や暴力に屈しない勇気と信念を持っています。その姿勢は、私たちにも問いかけを投げかけます。

「私たちはどこまで真実を知りたいのか?」「私たちはどこまで真実を伝えることができるのか?」「私たちはどこまで真実に立ち向かうことができるのか?」・・・・。

これらの映画は、政治やメディアに関心のある人だけでなく、現代社会に生きるすべての人に見てほしい作品です。彼らの言葉は、間違いなく彼らの武器より強いです!

 

下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『共犯者たち』(2017)

~あらすじ~
不屈のジャーナリスト(監督 チェ・スンホ)✕新しい独立メディア(ニュース打破)記者が黙った 国が壊れた—主犯は大統領、共犯者は権力におもねる放送人・李明博と朴槿恵 長期保守政権による言論弾圧の実態。2008年国民の支持を失いかけた李明博政権は、メディアへの露骨な政治介入を始める。狙われたのは共放送局KBS公営放送局MBC。政権に批判的な経営陣と記者たちは追われた。政府発表を報じるだけの「広報機関」となった放送局は〈セウォル号惨事〉で「全員救助」の大誤報を流し、〈崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件〉の隠蔽に加担することに……。不当解雇されたチェ・スンホ監督たちは、独立メディア「ニュース打破」で、調査報道を継続。言論弾圧の「主犯」である大統領と、権力に迎合し韓国の報道を骨抜きにした放送業界内の「共犯者たち」の実態と構造とを明らかにしていく
出典:Amazon

監督 : チェ・スンホ

『ラッカは静かに虐殺されている』(2017)

~解説・あらすじ~
我々が勝つか、殺しにされるかだ。

アカデミー賞ノミネート作品の前作「カルテル・ランド」でドキュメンタリー作家として一躍その名を世界に轟かせたマシュー・ハイネマン監督。彼が次にカメラを向けたのは5年間での死亡者が47万人にものぼるシリア内戦。その内戦で勃発したスマホを武器に戦うニュータイプの戦争に迫る。

監督 : マシュー・ハイネマン

『コレクティブ 国家の嘘』(2019)

~あらすじ~
2015年10月、27名の死者と180名の負傷者を出す大惨事となったルーマニア・ブカレストのライブハウス“コレクティブ”での火災。一命を取り留めたはずの入院患者が複数の病院で次々に死亡、最終的には死者数が64名まで膨れ上がってしまう。事件を不審に思い調査を始めたスポーツ紙「ガゼタ・スポルトゥリロル」の編集長は内部告発者からの情報提供により衝撃の事実に行き着く。その事件の背景には、莫大な利益を手にする製薬会社と、彼らと黒いつながりを持った病院経営者、そして政府関係者との巨大な癒着が隠されていた。一方、報道を目にした市民たちの怒りは頂点に達し、内閣はついに辞職へと追いやられ、正義感あふれる保健省大臣が誕生する。彼は、腐敗にまみれたシステムを変えようと奮闘するが…。
出典:Amazon

監督:アレクサンダー・ナナウ

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』関連作品②

ロシアという国は、世界の政治やスポーツに大きな影響力を持っていますが、その内実は多くの人にとって謎めいたものです。ウクライナ侵攻も長丁場となっています。そんなロシアを描いたドキュメンタリー映画が近年話題を呼んでいます。

ここでは、『イカロス』(2017)『オリバー・ストーン オン プーチン』(2017)『ナワリヌイ』(2022)を取り上げます。

これらの映画はどれもロシアの現状や問題点を浮き彫りにするものですが、それぞれに異なる視点や手法を持っています。これらの映画の共通する点や制作秘話、役者秘話などを紹介します。

まず共通する点ですが、ロシア政府と対立する人物や組織と密接に関わっていることです。

『イカロス』では、ロシアの国家ぐるみのドーピング問題を暴露した元反ドーピング機関所長のグリゴリー・ロドチェンコフが主要な登場人物です。彼は監督であるブライアン・フォーゲルと協力してドーピング実験を行い、その過程で自分の危険な立場に気づきます。彼はフォーゲルの助けでアメリカに亡命し、ニューヨークタイムズに内部告発を行いますが、その後も命を狙われる危険にさらされます 。

『オリバー・ストーン オン プーチン』では、ウラジーミル・プーチン大統領自身がインタビューに応じています。監督であるオリバー・ストーンは、約2年にわたってプーチンと何度も会い、彼のプライベートや政治的な考え方を掘り下げていきます。ストーンはアメリカがプーチンを敵視する中で、彼の真意やロシアの立場を理解しようと試みますが、プーチンは自分の言い分を曲げません 。

『ナワリヌイ』では、ロシアの野党指導者であり反汚職活動家であるアレクセイ・ナワリヌイが主役です。彼はプーチン政権に対する批判や抗議運動を続けていますが、そのために投獄されたり暗殺未遂に遭ったりしています。監督であるダニエル・ロアーは、ナワリヌイの活動や人柄を追跡し、彼がロシアの民主化にどのような役割を果たしているかを描き出しています。

次に制作秘話や役者秘話について見ていきましょう。

『イカロス』はもともとフォーゲル自身がドーピングに関する実験映画として企画したものでした。しかし、ロドチェンコフと出会ったことで、彼の内部告発やロシアのドーピング問題に巻き込まれていくことになります。フォーゲルはロドチェンコフと親しくなり、彼の危機を救おうとしますが、同時に彼の行動や発言に疑問や不信感を抱くこともありました。フォーゲルは自分の映画がどうなるか予想できない状況に置かれながらも、真実を追求し続けました 。

『オリバー・ストーン オン プーチン』は、オリバー・ストーンが、プーチン大統領に長時間のインタビューを行い、ドキュメンタリーを制作したものですが、2015年7月から2017年2月にかけてのインタビューを基に制作され、全4回にわたって放送されました。当然ながら、ドキュメンタリーには批判的な意見もあり、プーチン大統領を礼賛する内容として問題視されることもありました。

『ナワリヌイ』では、ナワリヌイ本人が映画製作に協力しています。彼は自分の活動や思想を率直に語り、監督やカメラマンと一緒にロシア各地を回りました。しかし、2020年8月にナワリヌイは毒物で暗殺されそうになりました。彼はドイツで治療を受けて一命を取り留めましたが、その後もロシア政府から様々な嫌がらせや圧力を受けています。

 

下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『イカロス』(2017)

~あらすじ~
ロシア人科学者が暴露した国家ぐるみのドーピング。プーチンにとって最悪の内部告発者となった男の証言に米国人自転車選手が迫り、アカデミー賞を獲得した作品。

監督:ブライアン・フォーゲル
出演:ブライアン・フォーゲル、グリゴリー・ロドチェンコフ

・第90回アカデミー賞(2018年)長編ドキュメンタリー映画賞

『オリバー・ストーン オン プーチン』(2017)

~あらすじ~
ハリウッドを代表するアカデミー賞®受賞映画監督オリバー・ストーンは、約2年以上にわたり、現ロシア連邦第4代大統領ウラジーミル・プーチンに、いくつものインタビューを重ねた。
インタビューには、テーマもリミットもない。プーチンのプライベートな部分、政治家としての部分、共産主義の下で過ごした幼少期から
権力を握るまでにのぼりつめた現在まで。また、彼が築いてきた米大統領との関係性など、様々な事柄について語りつくされている。
ストーンは、アメリカがプーチンを敵視する中、アメリカ人インタビュアーとして、あらゆる出来事に対するロシア及びプーチンの考えの真相を徹底的に追求している。
全4回で構成された“平和と善意”を求める濃密なドキュメンタリー。
出典:Amazon

監督 : オリバー・ストーン
出演 : ウラジーミル・プーチン, オリバー・ストーン, セルゲイ・チュディノフ

『ナワリヌイ』(2022)

~あらすじ~
9年の禁固刑で投獄中、プーチン最大の敵。
2020年8月、シベリアからモスクワへ向かう飛行機が緊急着陸した。乗客の1人、プーチン政権への痛烈な批判で”反体制のカリスマ”として支持を集めるロシア人政治活動家のアレクセイ・ナワリヌイが突然瀕死の状態に陥ったのだ。ナワリヌイはベルリンの病院に避難し奇跡的に一命を取り留めるが、何者かによってロシアの毒物”ノビチョク”が盛られた毒殺未遂事件であったことが発覚する。プーチン大統領は即座に一切の関与を否定するが、ナワリヌイは自身の命を狙う者の正体を暴くべく、チームと命がけの調査を開始。緊迫の調査現場に極秘密着したカメラは、ナワリヌイが切り込む政府の強大な闇を映し出していく…。
出典:Amazon

監督 : ダニエル・ロアー
出演 : アレクセイ・ナワリヌイ, マリア・ペヴチク, クリレオニード・ボルコフスト・グロゼフ

・第95回アカデミー賞(2023年)長編ドキュメンタリー映画賞
・第76回英国アカデミー賞(2023年)長編ドキュメンタリー映画賞

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』口コミ(見どころ・感想)

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』口コミ(見どころ・感想)

男性カラー01

映画『スノーデン』を先に見たので、それで理解することができましたし、この方が現実感があります。

スノーデン本人はリアルです。

プライバシーは自由の一部です。
プライバシーが侵害されるということは、私たちの自由も奪われること。

消極的な管理だけでなく、積極的な管理も攻撃されているのと同じです。便利さが増したからと言って、私たちは不自由になっています。

私のような影響がほとんどない人間にとって、これまで見られたところで影響力はほとんどありませんが、大きな権力に左右されれば、人権や人生が簡単に踏みにじられる可能性も非常に高いです。

この『シチズンフォー スノーデンの暴露』もそんな話がありましたね。

それでも、私はささやかながらも膨大な情報をこれからも流し続け、提供しながら生きていくのでしょう。

今、私が「これ」を書いていることもそうですね。ちょっと怖いですね。

スノーデンが、9月末にロシア国籍を与えられたというニュースがありました。映画が作られた当時と世界情勢は変わっていますね。特にロシアもです。

『シチズンフォー スノーデンの暴露』なんですが、情報が一度にたくさん出てくるので、まあ、ついていくのが難しいです。
だから、詳細部分については理解しきれていないと思います。

字幕が縦と横と同時に表示されることもありますからね。

超大国が国家全体で行った不正行為。これって、盗聴とかのぞきの話しですよね。

何て言うの、ほとんどSFの世界!?みたいです。現実にここまで進んでいるんですね…ICTの発達は本当にすごいですね。
正直なところ、『ターミネーター』のスカイネットのようなものも、そう遠い話ではないような気がします。

自由を標榜する国が自らの信念を侵害することがある。しかも、それを告発した人間を犯罪者として追い詰めるの。
「正義が、何なのか」わからなくなってしまっています。

「アメリカのやることに間違いはない!」という発言をしている日本の閣僚や政治家は、どのように考えているのでしょうかね?

男性カラー04

『シチズンフォー スノーデンの暴露』。
第87回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したほか、さまざまな賞を受賞していますが、その内容を見る限り、受賞に納得することもできます。

私自身は、スノーデンさんが暴露した事実は知っていましたが、詳細についてはあまり詳しく知らず、「大きな組織に反抗して守秘義務を破り、自由の国であるアメリカからロシアに亡命した」という程度の情報しか持っていませんでした。

しかし、このドキュメンタリーを見て、スノーデンさんが内部告発に至った経緯や理由などを知ると、彼が政治的なエゴや自己満足ではなく、熟考の上で自分が直面するリスクを把握しながら決断したことに感銘を受けました。

そして、NSAやCIA、そして我が国も含めた国々が個人のプライバシーを監視しているということに対して、国民や国自体が陥る可能性を考えると、心配になってしまいました。

ちなみに、『シチズンフォー スノーデンの暴露』を見た後にスノーデンさんの経歴や他の事柄を調べると、このような内部告発者が勇気を持って行った行為が、告発者自身が過酷な扱いを受ける一方で、法を無視している国やその役人がまだまだ横行していることを知り、絶望的な気持ちにさえなります。

また、NSAが2006年頃から日本の政府や日本銀行、財務省などの幹部を盗聴しようとしたことに対して、当時の安倍首相や菅内閣官房長官が、ただ「事実なら遺憾」と言うだけで抗議もしなかったことに、私は日本人として不安を感じました。

対テロなどのために情報を得たり、国に協力して情報を提供することが必要ということは、このドキュメンタリーでも否定されていません。

しかし、個人のプライバシー(自由)が失われることへの恐怖を考えると、この作品は優れたものでした。なので、多くの人に見てほしいドキュメンタリーです。

男性カラー03

世界中の政府が合意し、新型コロナウイルスのワクチンを強制接種することやワクチンパスポートの導入、イベルメクチンの隠蔽という事実を知り、スノーデンの『シチズンフォー スノーデンの暴露』に興味を覚えて観てみました。

なぜなら「m-RNA遺伝子ワクチン」の真実を知ることで、アメリカやイギリスを中心とした国際投資家の影響力が実際に存在することを理解することができたからです。

以前、エドワード・スノーデンが国家の機密を暴露したニュースを聞いた時は、正直あまりピンときませんでした。また、彼がロシアに亡命した理由も疑問でした。

しかし、今では違います。彼には選択肢としてロシアしかなかったのだと思います。
今回のウクライナとロシアの紛争についての真実を知り、そう思いました。

このスノーデンの告発は、現在のコロナ時代に生きる私たちにとっては十分に納得できるものであると感じています。

欧米ではコロナの影響で、国家非常事態時における法律が動き出し、一般市民を監視する社会体制があっという間にでき上がりました。

一方、日本政府は強制力があまり強くありませんでした。これは、日本の憲法によって守られているためです。

しかし、2022年には内閣が非常事態法を改正し、有事の際には独裁的な体制を敷けるようにすることを試みています。この改正について、国会議員が大々的に発言している映像を見つけてみると良いでしょう。

スノーデンの告発ドキュメンタリーでは、NSAやCIAを通じて一般市民を監視・管理する体制が、かなり以前から計画されていたことを知りました。

スノーデンによれば、これは英米だけの問題にとどまらず、世界中の政府と関係しているとのことです。皮肉なことに、陰謀論を揶揄する人々が、実際には陰謀者であることもわかるようになりました。

スノーデンが成功させるためには、誰もを信用せずに冷静に行動する勇気が必要だったことに感動しました。

今回のコロナワクチンの問題でも、アメリカの一般市民は立ち上がり、訴訟を起こして抵抗しています。
そして、製薬会社から情報の開示を勝ち取り、1291の有害事象など、さまざまな事実を明らかにしています。

「グリホサート」。
グリホサートは非常に毒性が強く、かつてベトナム戦争で使われた枯葉剤と同じくらいの薬剤なのですが、雑草を枯らすことができると謳われており、様々な名前に変えられて農薬の形で散布されています。

米国の母親たちが組織を立ち上げ、訴訟を起こし勝訴した結果、米国では使用が禁止されました。

しかし、日本では規制緩和を行い、ホームセンターではグリホサートの専用コーナーまで作られ、販売されています。
つまり、知識がない一般市民や農家も、簡単にグリホサートを米や野菜に使用しているわけです。

日本は現在、農薬の使用率が世界で2番目に高い国となっています。

そういうことを見比べてみると、米国では一般市民の方々が政府を簡単に信用せず、自主独立性の意識を持つことは素晴らしいと思います。

 

日本では米国からワクチンを強制され、強力な言論統制とプロパガンダの下でワクチン接種が進められています。

さらに、幼い子どもまで接種が勧められるようになり、ついには0歳の乳児を対象に治験が開始されることになりました。
乳児の接種対象化は倫理的にも問題があり、常識外れです。

これらの異常な状況を容認する政府、いや日。日本は自滅に向かっていることは明白です。このままでは日本は滅びるでしょう。

米国の市民たちは声を上げ、訴訟を起こし、真実を明るみにする決意を持っています。それは日本人も見習うべき点だと思います。繰り返しますが、訴訟の結果、米国は危険なグリホサートを回避し、製品の表示も厳しくされ、食品の安全を取り戻すことができたからです。

現在、日本の食品には他の国では禁止されているような農薬や添加物が含まれており、規制緩和によって驚くほどの量が使用可能となっており、実質日本で安全な食品を維持することは非常に困難になっていますから。

世界的に政府が結びついていることは真実であり、コロナの影響で社会の真実が見えた上で、この作品を通じてそれを知ることができました。

スノーデンの『シチズンフォー スノーデンの暴露』は、日本人にとっては必見のドキュメンタリーだと思うのです。
なぜなら、日本国民はウィグルや香港の住民のように、なりつつあるからです。

RCEP(地域的な包括的経済連携協定)において、米国が脱退し、代わりに中国が参加したことは非常に重要です。

最近の日本では、中国情勢についてほとんど報道されていなく、わずかに上海の状況が知られていますが、それも人権のない牢獄状態の上海事情くらいしか分からないのではないでしょうか。

また、2022年には日本は、移民に寛大な法律を制定しました。一部の自治体では、移民に選挙権も認められるようになったことで、他国の都合に合う人物が立候補し、当選すれば、合法的に条例が変更される危険性があります。

例えば、宮崎県えびの市の私立高校の諸事情。全校生徒の9割が中国人であり、その地域における中国人の比率は極めて高いと言えます。

同様に、オーストラリアでは中国人が大勢入国し、中国人労働者を使って作物を栽培し、中国に輸出しています。
その結果、オーストラリアの自国利益はほとんどなくなり、豊かな土地が中国に乗っ取られた状態となっているのです。

法律が頻繁に変更される現在、市民の権利を守るためには、都道府県の条例が重要な拠り所となっています。
しかし、さえもこの条例も危うい存在となってきています。

海の話しもしなければなりませんね。日本の海域には膨大な海洋資源が存在していることがわかっています。

尖閣諸島、竹島、南鳥島、北方領土、そして茨城県沖には、石油、様々な鉱物、メタンハイドレート天然ガス、レアアース、金などさまざまな資源が存在します。

日本は国土よりも排他的経済水域が広く、海域を含めると世界で6番目に広い国です。

特にメタンハイドレート天然ガスは100年以上の供給量があり、最低でも120兆円の価値があると試算されています。

さらに、早稲田大学と東京大学の合同調査によれば、南鳥島周辺海域には、世界の消費量の数百年分に相当する1,600万トン以上のレアアースが存在することが明らかになりました(2021年時点の情報)。

この地域では、ハイブリッド車に使用されるジスプロシウムは730年分、レーザー用イットリウムは780年分のものを満たす量があります。

また、東シナ海の尖閣諸島には、天然ガスが175兆~210兆立方フィートあり、サウジアラビアの10倍の量です。原油でも1000億バレルの埋蔵量があり、サウジアラビアの40%に相当し、経済的な価値は1,240兆円にもなります。

日本の排他的経済水域には、未知の膨大な量の次世代エネルギーや鉱物、特に石油などが存在しています。このことから「日本は資源エネルギー大国のトップ」と言われています。

(関連する情報は内閣府や環境エネルギー庁、海洋資源に特化した機関、そして各都道府県の組織などから入手することができます。)

2018年に行われた国際発表によれば、日本はプラスマイナスゼロの赤字を抱えていない国であることが発表されています。

しかしながら、なぜメディアや政府自身が日本を借金大国として描き、経済危機の脅威を煽るのか、その理由に疑問が生じます。

財務省は国債の数字をごまかし、国の赤字を改善しようとしている様子が見受けられます。

しかしこの動きが進めば、日本経済は破綻の危険性があると言われています。

この点について、国会議員たちは財務省に追及しています。事実を確認するために、動画を見てみることをおすすめします。
これらの情報は公になっているものであり、大手メディアが報道しないだけです。

では、なぜ政府は日本を経済的破綻に追い込もうとしているのでしょうか?この疑問に迫ると、国際投資家が利益を得ている可能性が浮かび上がってきます。

日本の海域には天然資源が豊富であり、その存在を無視するのは考えにくいことです。
外務省の公式ウェブサイトには、「中国が日本の海域で堂々と採掘し、石油を盗んでいる」との記載があります。

また、沖縄の地元紙には、「中国の侵略が沖縄の米軍基地で取りざたされ、多くの米軍兵が帰国を希望している」とも報じられています。

現在の日本は危機的な状況にあり、米中間の会談や今後の日本の展望について非常に心配されています。
過去の歴史からも分かるように、戦争や侵略はすべてエネルギーの奪い合いに起因しています。

いずれにしても、未知の海底資源が存在し、そのため政府も日本国民も妨害される可能性があるかもしれません。

かつて戦争を経験し、敗戦国となった日本。必ずしも、政府が私たちを守ってくれるとは限りません。

個々人の自立心が重要だと思います。

この危機を乗り越えるためには、市民一人一人が情報を調べ、考え、真実を知る必要がありますし、自身を守るために、市民が団結することもまた、最も重要な道だと思います。

政府の出す政策には常に注視し、マスコミの情報に鵜呑みにせず、国会議員や県知事、県議会や市議会の動向にも注目し、異議を唱えて阻止するしかありません。

男性カラー02

「明日は我々自身の危機が目の前に迫っている」

他国の状況を歴史とし、教訓として、私たちは賢くなる必要があります。

私事ではありますが、最近、大東亜戦争や東京裁判のパル判事のことを知りました。詳しくは述べるつもりはありませんが、日本人は同じ罠に二度とはまらないように、息の根を止められないように、生き抜くためには、賢く立ち回ることが賢明だと思います。

「日本の過去」と「現在のロシア」は、絶望的な状況に追い込まれながらも、自ら戦争に向かい、破滅への道を歩みました。

憲法を変えてまで戦争に挑むことや、愚かな政治家の虚言に騙されることなど、決して許してはいけないと思います。

戦争は暴力行為であり、大量の虐殺を引き起こします。どんな理由があろうとも、戦争を正当化することは絶対にできません。

インドは「非暴力」の手段で自由を勝ち取りましたから!

同じ過ちを繰り返さないためには、感情に流されずに冷静な判断をしなければなりません。これはこれで、非常に困難なことですが、私は日本人の忍耐力と賢明さを信じています。

男性カラー07

「ただ、これは非常に恐ろしい」……。

9.11以降、アメリカが自国を守るためにさまざまな驚くべき行動をとろうとする気持ちはわかりますが、それにしても過度に正当化されることはできません。

自分の人生と命をかけて告発する人がいなかった場合、こんなことは当たり前のように続けられていたでしょう。

告発者や記者は日々恐怖に怯えながら真実を明らかにしようと活動しています。もちろん、彼らには圧力もかかるでしょう。

このような情報が公になることはありがたいことですが、国の「凄い力」が過ぎて、簡単にどうこうできる問題じゃないから、本当に怖い!

男性カラー05

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』は、アメリカ政府の極秘監視プログラムを告発した元CIA・NSA職員のエドワード・スノーデンに焦点を当てたドキュメンタリーです。

「国家の安全や国民を守る」という言葉の真の意味とは何でしょうか?

『シチズンフォー スノーデンの暴露』は現代版の『大統領の陰謀』であり、見応えのある、示唆に富んだドキュメンタリー作品でした。超監視社会の脅威や民主主義への脅威を感じました。

そして、興味深いのは、アメリカ政府や世界中の国家権力の闇を暴いたこの作品がアカデミー賞を受賞していることです。
映画の歴史的な視点から考えると、権力と闘うことは映画の本来の姿であると言えます。

私たちの最も許せないことの一つは、私的な自由が制限されることです。

英国の政府通信本部(GCHQ)は、世界で最も侵略的な通信網の傍受プログラムを持っています。このプログラムは、世界で初めて通信内容までも傍受できるものであり、通称「TEMPORA」と呼ばれています。
これにより、政府と国民の関係が、当選者と有権者から支配者と被支配者へと変わってしまいました。

かつての自由が、「プライバシー」という言葉に取って代わられたのです。

私たちは、プライバシーがなければ自由は存在しないと考えています。が、国民の自由がない社会を、まだ民主主義と呼ぶことができるでしょうか。

私は、彼エドワード・スノーデンの名前を聞いたことはありましたが、それほど詳しく知識を持っていませんでした。この映画を観て、非常に興味深く集中して見ることができました。

本人が登場し、リアルな映像が提示されることで、緊張感が伝わってきます。
これこそがドキュメンタリーの醍醐味であり、私がこのジャンルに惹かれる理由です。

スパイなどの存在にはいつも何かしらの魅力やスリルがあり、私の普段ののんびりとした生活からは遠い存在ですが、それをドキュメンタリーを通じて身近に感じられる臨場感がありました。

スノーデンがいなくなろうとも、次の「彼」が現れてくるでしょうね。なので、彼らが政府に立ち向かうことは、とても勇敢な行為だと思いました。

あなたへ。

『シチズンフォー スノーデンの暴露』を見ても、自分が他人事のように感じてしまうこととは平和なのか、危険なのか。
考えてみてはいかがでしょうか。

男性カラー09

スノーデンを扱ったドキュメンタリー映画

アメリカの国家安全保障局が一般市民の個人情報を広範に収集していることを、元職員であるスノーデンが暴露した事件は一時期、マスコミを賑わせました。

この映画は、そのスノーデンの行動を追ったドキュメンタリー作品であり、アカデミー賞のドキュメンタリー部門賞を受賞しています。

「シチズンフォー」というタイトルは、元CIA職員エドワード・スノーデンが匿名でジャーナリストに使用した言葉です。

この映画は、スノーデンが香港に逃れて追及を回避しようとした後半になると、緊迫感が高まり、面白くなってきますが、前半は少し退屈です。

作品は基本的にスノーデンを擁護していますが、彼が行ったことを完全に肯定できるかどうかは疑問です。

先進国は、程度の差はあるかもしれませんが、どこでもこのような情報収集を行っていますし、スパイやテロリストは一般市民を装って活動するため、情報収集が一般市民にも及ぶのは避けられないのではないでしょうか。

スパイやテロリストは「私はスパイです」「私はテロリストです」と公言して活動するわけではありませんから。この映画でそれに触れられていない点は少し不十分です。

実際、スノーデンはその後、ロシアに亡命することになりました。

ロシアは民主的な国ではなく、スパイ行為を大々的に行っている抑圧的な国家であり、アメリカと敵対しているので、皮肉を感じる人もいるかもしれません。

ただし、日本もアメリカと友好関係にある一方で、アメリカによる情報収集の対象にもなっていることを十分に意識しておく必要があります。

アメリカを単なる友好国と思い込むのは、純朴すぎる考え方です。

この映画は、最新作『オール・ザ・ビューティー・アンド・ザ・ブラッドシェッド/All The Beauty And The Bloodshed』(2022)がヴェネツィア映画祭で金獅子賞を受賞した、監督ローラ・ポイトラスによる作品です。

スノーデンが暴露した衝撃的な真実の裏側に密着しており、政治サスペンス映画のような作品です。

スノーデンがアメリカ政府のプライバシー侵害を暴露したことにより、彼がいつ狙われるかという緊張感を感じることでドキドキさせられます。

さらに、監督のポイトラス自身も監視の対象になっているという恐怖も描かれています。

『シチズンフォー スノーデンの暴露』は、アメリカとドイツが共同制作した2014年のドキュメンタリー映画です。

この映画は、元アメリカ政府職員のエドワード・スノーデンが、アメリカ政府による国民のプライバシー侵害を告発する事件を取り上げています。映画は第87回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞も受賞しました。

この映画では、アメリカ政府の監視プログラムの広がりが明らかにされています。

映画の中で、スノーデンはホテルの一室で自身の軌跡を語るために記者を信頼して訪ねてきます。
彼は常に緊張し、予期せぬ音が鳴るたびに自分が逮捕される準備が整っているかのような錯覚を受けます。

このシーンは、数え切れないほどのスリラー映画で見たことのあるようなものですが、ドキュメンタリー映画『シチズンフォー』では、これが実際に起こった時の様子を私たちに見せてくれます。

エドワード・スノーデンはNSAの内部告発者であり、彼の告発に焦点を当てたこの映画は、現実世界でどのように進行したのかを詳細に描いています。

彼はアメリカ政府による国民の監視を告発し、その監視がプライバシーの侵害であることを証明します。

スノーデンは、政府が国民の権利を踏みにじって監視しているのは事実だと主張し、それを支持する証拠を提供します。

この映画は、アメリカ政府による国民の監視に関する物議を醸し出しました。この監視は、「自由の国」であるアメリカでも行われていることを示しています。

この事実に驚くと同時に、私たちは日本政府の監視についてどう思うべきか考えさせられます。

しかしながら、この映画を通じてわかるように、「どこまで信じるか」は私たち自身の判断に委ねられています。

男性カラー10

映画の冒頭では、ポイトラスは、アメリカ政府が前代未聞の規模でアメリカ市民や外国の人々をスパイしているという証拠を持っていると主張する匿名の人物からの電子メールを読みます。

彼らは暗号化されたメッセージを交換し、最終的には記者のグレン・グリーンウォルドと香港のホテルの一室で会います。

1週間かけて、スノーデンはNSAでの仕事からコピーした多くの文書に慣れ親しんでいきます。

しかし、グリーンウォルドの記事が公になり始めると、スノーデンは香港から脱出する方法を見つけなければなりませんでした。

同時に、ポイトラス、グリーンウォルド、そして他の記者たちは、彼ら自身の監視がますます深刻になることを感じていました。

この映画『シチズンフォー』の最大の特徴は、1970年代の素晴らしい陰謀スリラー映画(例えば『パララックス・ビュー』や『コンドルの3日間』など)と同じような緊張感を私たち観客に与えることです。

しかし、この映画が特に共有しているのは『大統領の男たち』という映画です。

実際、アラン・J・パクラのウォーターゲート事件を描いたドラマから巧妙に引用していますから・・・。

最初の30分間、スノーデンを知る前に、ポイトラス監督は映画的な感覚でシーンを撮影しています。

これは典型的な手持ちの映像ではなく、少し中心からずれた構図とトレント・レズナーによる不安を煽るスコアとともに、観客に強烈な不安感を与え続けます。

この設定は非常に効果的で、ホテルの部屋で長時間を過ごす場面では映像が視覚的に静的であるという苦労も少なくありませんが、そのようなシーンでは議論に心を奪われますし、スノーデン自身も説得力のある人物です。

彼は冷静かつ毅然としており、まだ緊張しているという一面もあります。彼は理性的であり、自らを公にすることには興味がないように見えます。

スノーデンはアメリカの監視戦術や、電話会社やインターネット・プロバイダーが政府機関と共有している記録について、公開討論を行う必要性を主張しています。

彼は、この問題を広く一般の人々に伝えるため、映画『市民フォー』が重要な役割を果たすと考えています。

この映画は、マイケル・ムーアの成功に触発されたものですが、ポイトラス監督は政治的なイデオロギーを押し付けるのではなく、非常に政治的な題材を取り上げています。

彼は、現代のテクノロジーが政府の濫用の可能性を報道することを困難にしている現状を明らかにしたいと考えています。デジタル通信や銀行取引などによって、私たちは容易に追跡される可能性があるためです。

このドキュメンタリーは、勇敢な調査報道ジャーナリストたちへの賛辞としても機能しています。パラノイア的な要素があるにもかかわらず、映画には楽観的な側面もあります。

最終的に、スノーデンは困難な状況に直面しましたが、セキュリティリークを成功させました。

また、ドイツ在住のアメリカ人であるポイトラスは、母国でこの映画を製作し公開することを実現しました。

この偉業は、アメリカの憲法修正第1条に敬意を表すと同時に、政府が私たちの行動にどれほど知っているかに関わらず、権力者が真実を隠そうとすることは可能ではないことを証明しています。

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.08.03.73.7
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
v・Yahoo!運営

本作品の配信情報は2023年11月11日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』まとめ

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』エンタメのまとめ

・書籍はこちら

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』動画が見れるサイトは?

 

\映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』を<U-NEXT>で見てみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次