映画『青〜chong〜』動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・『青~chong~』(2001)は、『フラガール』(2006)や『流浪の月』(2022)で知られる李相日監督のデビュー作である。
・『青~chong~』は専門学校「日本映画学校」の卒業制作作品。
・PFFアワード|PFF(ぴあフィルムフェスティバル)2000年でグランプリ等4賞を受賞した。
・『青〜chong〜』関連作品:『Kids Return キッズ・リターン』(1996)『GO』(2001)
・李相日監督作品:『フラガール』(2006)『悪人』(2010)『流浪の月』(2022)
目次

映画『青〜chong〜』あらすじ・動画

映画『青〜chong〜』あらすじ

~解説・あらすじ~
『69 sixty nine』の李相日監督が、日本映画学校の卒業制作として自身の体験に基づき撮り上げた、PFFアワード2000グランプリ受賞作。在日朝鮮人という重くなりがちなテーマを、在日3世の少年の葛藤と成長を通しテンポよく描いた青春ストーリー。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

映画『青〜chong〜』予告動画

青〜chong〜


\映画『青〜chong〜』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『青〜chong〜』無料視聴する方法と配信サービス

映画『青〜chong〜』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『青〜chong〜』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『青〜chong〜』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM DVD/CDレンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

映画『青〜chong〜』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
×600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
×1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
⇒ ⇒
geo-rentalゲオ宅配レンタル×2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年9月13日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\映画『青〜chong〜』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『青〜chong〜』監督・キャスト、原作紹介

映画『青〜chong〜』基本情報

本作(タイトル)青〜chong〜/ao ~chong~
公開年1999年
上映時間/再生時間54分
監督李相日
キャスト楊大成・・・眞島秀和
趙玄基・・・山本隆司
尹奈美・・・竹本志帆
李青福・・・有山尚宏
大成の父・・・湯澤勉
大成の母・・・金東姫
大成の姉・・・清水由佳
鈴木・・・西川方啓
校長・・・小木曽玲一
野球部監督・・・藤原孝哉
クラスの不良A・・・久保和明
クラスの不良B・・・枦山浩司
クラスの不良C・・・小池直道
地下道の不良D・・・徳永亮太
地下道の不良E・・・八代定治
女教師・・・呉星姫
男教師・・・池慶秀
コンビニ店員・・・越川一彦
斉藤さん・・・斉藤麻美
大宮アナ・・・木村郁世
音楽
坂本健
主な受賞歴・第22回ぴあフィルムフェスティバル(2000年)グランプリ/企画賞(TBS賞)/エンターテイメント賞(レントラックジャパン賞)/音楽賞(TOKYO FM賞)
制作会社/配給元ぴあ

映画『青〜chong〜』原作紹介

脚本:李相日

映画『青〜chong〜』関連作品

関連作として『Kids Return キッズ・リターン』(1996)『GO』(2001)を取り上げます。共通点や制作秘話、魅力について紹介します。

青春と成長:
これらの映画は青春期の若者たちの成長と人生の転機を描いています。登場人物たちは夢や目標を追い求め、逆境に立ち向かう姿勢が共通しています。

日本社会の背景:
両作品は日本の社会背景を反映しており、経済的な困難や就職の難しさなど、当時の社会問題が物語に影響を与えています。

登場人物の友情:
友情や連帯感が物語の中心にあり、主人公たちが友達との関係を通じて成長していく過程が描かれます。友情が物語の魅力の一部となっています。

制作秘話:
『Kids Return キッズ・リターン』は、日本の名だたる映画監督、北野武が監督を務め、彼の独自のスタイルとリアルな演出が特徴です。『GO』は、行定勲が監督を務め、彼の独自の感性が作品に表れています。

音楽と映像美:
音楽や映像がストーリーを豊かに補完しており、感情や緊張感を高めています。特に『GO』はサウンドトラックが印象的で、映画の雰囲気を一層引き立てています。

青春のリアルな描写:
これらの映画は青春期の苦悩や喜び、挫折などをリアルに描写しており、私たちに感情的な共感を呼び起こします。登場人物たちの成長と変化が感動的です。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『Kids Return キッズ・リターン』(1996)

監督:北野武
出演:金子賢、安藤政信、森本レオ、丘みつ子、北京ゲンジ

『Kids Return キッズ・リターン』(1996)はこちらから

『GO』(2001)

監督:行定勲
出演:窪塚洋介、柴咲コウ、大竹しのぶ、山崎努

第25回日本アカデミー賞(2002年)最優秀脚本賞/最優秀監督賞

『GO』(2001)はこちらから

映画『青〜chong〜』関連作品 ~李相日監督作品~

李相日監督の作品である『フラガール』(2006)、『悪人』(2010)、『流浪の月』(2022)を取り上げます。こちらも共通点や制作秘話、魅力について紹介します。

人間ドラマ:
李相日監督の作品は、登場人物たちの内面や葛藤に焦点を当てています。どの作品も深い人間ドラマが描かれ、私たちに感情的な共感を呼び起こします。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『フラガール』(2006)

監督:李相日
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子

・第30回日本アカデミー賞(2007年)最優秀作品賞/最優秀脚本賞/最優秀監督賞
・第49回ブルーリボン賞(2007年)作品賞

『フラガール』(2006)
映画は、1960年代に実在した「日本初のフラダンスチーム」をモチーフにしており、主演は蒼井優さんが務めました。映画は、フラダンスチームのメンバーたちが、自分たちの夢を追いかける姿を描いています。映画は、音楽やダンスシーンが豊富であり、観客を魅了しました。
映画は、第30回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞しました。また、興行収入も約20億円を記録し、大ヒットとなりました。

『フラガール』(2006)はこちらから

『悪人』(2010)

~あらすじ~
長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母と暮らす土木作業員の清水祐一と、佐賀の紳士服量販店に勤め、妹と二人で暮らすアパートと職場を往復するだけの退屈な毎日を送る馬込光代。孤独な魂を抱え偶然出会ったふたりは刹那的に愛し合うが、祐一にはある秘密があった。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:李相日
出演:妻夫木 聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林

映画は「悪人」と呼ばれる男たちの物語を描いています。暴力や犯罪などの過激な描写が多く含まれており、観客から賛否両論を呼びました。しかし、その過激な描写が話題となり、興行収入も約10億円を記録しました。第34回日本アカデミー賞で優秀作品賞を受賞しました。

『流浪の月』(2022)

~あらすじ~
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷が寄り添っていて…

『流浪の月』本予告

監督:李相日
出演 ‏ : 広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、内田也哉子、柄本明

映画『青〜chong〜』口コミ(見どころ・感想)

映画『青〜chong〜』口コミ(見どころ・感想)

在日3世の少年の成長を通して、明るい青春物語としてテンポよくみることが出来る作品になっています。

~見どころ~
『スクラップ・ヘブン』や『69 sixty nine』の李相日監督の記念すべきデビュー作品で、時に差別を受けるなどの在日朝鮮人として生きる少年の心の葛藤や苦しみを繊細に描いています。
この作品は、李相日監督が自身の経験から得たものを基に撮影し作り上げており、PFFアワード2000グランプリをみごと受賞しております。
国内における在日朝鮮人の在り方のテーマともすれば暗くなりがちではありますが、山本隆司、眞島秀和、有山尚宏など演技力のある俳優を起用し、主人公の在日3世の少年の成長を通して、明るい青春物語としてテンポよくみることが出来る作品になっています。

 

様々な経験を通して在日朝鮮人としての自分をちゃんと受け止めて、前向きに生きていこうとする主人公の姿に生きる勇気をもらえますよ。

~感想~
デビュー作にして、PFFで史上初となる4冠受賞という快挙をなしとげた李相日監督のデビュー作で、しかもこの作品が自主製作映画として制作されたというのも信じられません。

それくらい凄い作品だと思います。特に大きな出来事が起こるわけではなく、あくまで平凡な生活のなかで、3人の若者たちが変わらぬ日々を、いろいろ悩み葛藤しながら描かれた内容にとてもリアリティを感じました。

そして簡単に青春物語と一言では表現し得ない深いものがあるので、心に響くものがあります。

冒頭の電車に乗ってタイトルが突然出てテーマ曲が流れるシーンも、北野武監督の『キッズリターン』を彷彿とさせるようでとても印象的です。

どちらの映画も、音楽が良いのが共通していると思います。主人公を含む三人の少年役の俳優さんがとても演技が上手くて、完全に在日朝鮮人になりきってるのがより物語のテーマ性をリアルにしています。

この作品を観て感じたことは、在日朝鮮人に対する差別に対する批判や、差別とどう対峙して生きていくのかということではなく、様々な行動をするに当たって、在日であるないなしに、すべては自分の気持ちのもち方、いや気持ちそのものが大切なんだということでした。

人として生きていくことの大切さを何か学べたような気がします。

映画『青〜chong〜』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数5.06.63.53.2
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年9月13日時点のものです。

映画『青〜chong〜』まとめ

映画『青〜chong〜』エンタメのまとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『青〜chong〜』動画が見れるサイトは?

 

\映画『青〜chong〜』を<U-NEXT>で見てみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次