スポンサーリンク

この記事は約 19 分で読めます。

POINT:
・映画『カサブランカ』は、1941年頃のドイツ支配下にあった、フランス領モロッコのカサブランカを舞台にしたラブ・ロマンス映画であるとともに、プロパガンダ映画とも言われている。
・痺れる名言: Here's looking at you,kid.(「君の瞳に乾杯」)は有名。
主題歌 :"As Time Goes By"(時の過ぎゆくまま)は、今も歌い継がれている名曲。

『カサブランカ』

~あらすじ~
戦火近づく'40年の仏領モロッコ、カサブランカは、自由を求めて渡米しようとする人々で溢れていた。ナイトクラブを経営するリックの元へ、ナチの手を逃れてここまでやって来た抵抗運動の指導者が現れる。

だがその人物の妻は、かつてパリでリックと恋に落ちたイルザだった……。言わずと知れたアメリカ映画の古典的作品で、アカデミーの作品・監督・脚色賞を受賞。

出典:Yahoo!映画

 

『カサブランカ』フランス領モロッコ

 

 

\映画『カサブランカ』を<U-NEXT>で見る!/

『カサブランカ』予告動画

出典:映画『カサブランカ』予告編

『カサブランカ』配信状況

『カサブランカ』配信状況

 

以下の動画配信サービスで『カサブランカ』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタル『カサブランカ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。また、TSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

・Amazonプライム
・dTV

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPへ無料登録する
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV500円/31日間dTV
terasaTERASA×562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi会員獲得プロモーション
huluHulu×933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×790円~/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年10月5日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

 

\映画『カサブランカ』を<U-NEXT>で見る!/

『カサブランカ』監督・キャスト、原作紹介

『カサブランカ』基本情報

本作(タイトル)カサブランカ
公開年1942年
上映時間/再生時間1時間42分
監督マイケル・カーティス
キャストリック・ブレイン・・・ハンフリー・ボガート
イルザ・ラント・・・イングリッド・バーグマン
ヴィクトル・ラズロ・・・ポール・ヘンリード
ルノー署長・・・クロード・レインズ
シュトラッサー少佐・・・コンラート・ファイト
フェラーリ・・・シドニー・グリーンストリート
ほか
音楽/主題歌
マックス・スタイナー/レオ・F・フォーブステイン
主題歌:"As Time Goes By"(時の過ぎゆくまま)
主な受賞歴第16回アカデミー賞(作品賞/監督賞/脚色賞)受賞
制作会社/配給元ワーナー・ブラザース/セントラル

『カサブランカ』原作紹介

ジュリアス・J・エプスタイン /フィリップ・G・エプスタイン/ハワード・コッチ〔脚本・1902年生〕

『カサブランカ』関連作品

『風と共に去りぬ』 (1939)

南北戦争勃発寸前のアメリカ。南部の大富豪の娘にして、絶世の美女スカーレット・オハラは、名家の御曹司アシュレー(レスリー・ハワード)に思いを寄せていた。しかし、彼が別の女性と結婚するといううわさを聞いてしまい、嫉妬からとんでもない行動を取ってしまう。

出典:Yahoo!映画

 

『風と共に去りぬ』は、マーガレット・ミッチェルの長編時代小説。世界的ベストセラーとなり、1937年にピューリッツァー賞(小説部門)受賞。

早くも1939年には映画化。大長編テクニカラー映画ともあって、第12回アカデミー賞では、作品賞監督賞(ヴィクター・フレミング。)主演女優賞(ヴィヴィアン・リー)助演女優賞(ハティ・マクダニエル)脚色賞を始めとした9部門を受賞した。

 

『カサブランカ』口コミ(見どころ・感想)

『カサブランカ』口コミ(見どころ・感想)

見どころは3つ

~見どころ~
私がお勧めする見どころは3つあります。

まず地理的なことですが、1942年第二次世界大戦下のフランス領だったモロッコのカサブランカでの話です。

主な登場人物は、アメリカ人でバーとカジノを経営するリック(ハンフリー・ボガード)元恋人のイルザ(イングリット・バーグマン)、イルザの夫で反ナチス活動家であるラズロ(ポール・ヘンリード)、最後にフランス警察の署長のルノーの人たちです。

見どころのひとつ目は、リックとイルザがバーで再開するシーンで、有名な曲As time goes by ”JAZZ”のスタンダードでもある曲を、ピアニスト”のサムがイルザからリクエストで弾きはじめるのですが、リックが怒って止めに入ります。そこで2人が久々の再会を果たすところです。
二つ目の見どころは、二度目の再会となる二人のシーンで、元恋人であるイルザがリックの目の前から、なぜ突然消えたかを全て聞かされます。
ここでの二人のやり取りがとても素敵で、二人の盛り上がりはとてもよかったです。彼女の本当の気持ちを理解したリックはイルザを連れて、カサブランカを脱出することをルノー署長に打ち明けます。
そのことを頭において、最後のシーンは空港で飛行に乗りモロッコを脱出する際の意外な展開があります。
リックの粋な計らいやリックのダンディーなトレンチコート姿もあり、その上最後にルノー署長のにっこり微笑むシーンは、見てのお楽しみだと思います。典型的なラブストリーです。
~感想~
大学時代によく2本300円の安い映画館でよく見た映画の1つで、憧れを持ってみた作品です。JAZZが好きなのもあって何度も見ました。

美男美女が出演する映画であり、男のダンディーさが注目された映画でした。憧れだったトレンチコートの着こなし方などはよく勉強したものです。ベルトはウエストで縛り襟は半分ほど立てるなど色々試してみました。

映画の内容で言えば、男の美学が強調されていて、粋なセリフの話し方、ハットの被り方、歩き方等、随分工夫されて映像化されていると思います。

イングリット・バーグマンは美しいし、表情も豊かで、あの潤んだ瞳に涙にはまいってしまいました。

そしてちょっとコミカルに描かれていたのが、ピアニストのサムとルノー署長の二人だったと思います。

名前のルノーはフランスの車メーカーだったし、見た当時からわざとその名前にしているのだなあと思っていました。毎回映画館から出てくる時、ハンフリー・ボガード気取りだったように思います。
制作した時期を考えると反ナチスがあり、劇中で歌うドイツ国家対フランス国家など押し出してはいないが、静かに流れていました。(ちなみにDVD持っています。)

"Here's looking at you, kid."(君の瞳に乾杯)

~見どころ~
第2次世界大戦中のモロッコ・カサブランカで起きた男女の出会いと別れの物語です。
ハンフリー・ボガード演じるリックは、アメリカ人でかつてパリで出会ったイングリット・バーグマン演じるエルザと愛し合っていました。
でもドイツ軍がパリ侵攻と前後してエルサは突然リックの元から去っていきます。失意のリックはカサブランカでバーを経営していました。そこへ突然エルサが現れます。
実はエルサは、パリでリックと出会ったとき既に結婚していたのですが、当時夫が亡くなったと思い込み、リックと恋に落ちたものの、夫が生存していたと知って、リックの元を去ったのでした。

一度は酒場から出て行ったものの、再び戻って来たエルサはリックにある頼みごとをします。リックはエルサの頼みを聞き入れるのか、2人の恋はどうなるのか…というお話です。

~感想~
とにかく主演のイングリット・バーグマンが美しい!

彼女は失礼ながら笑顔よりも少し憂いを秘めたような哀し気な表情と横顔が美しいと私は思っているのですが、この映画ではその美しさが十分堪能できます。
正直に言うと、お話の筋自体はそれほど珍しくなく、色々事情はあるものの不倫が描かれた内容で、驚くようなものではありません。
でもリックの酒場で描かれる、ドイツとフランスが戦争状態にあったとき、フランスを指示する人たちがどう感じていたのかが解ったり、酒場で流れる「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」の旋律がとても美しく。
また最後にハンフリー・ボガードが言うセリフ"Here's looking at you, kid."(君の瞳に乾杯)はあまりにも有名で本当に素敵なので、一度は見ていただきたい映画です。

『カサブランカ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.268.53.84.12
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年10月5日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

 

『カサブランカ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『カサブランカ』を<U-NEXT>で見る!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事