スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

POINT:
・『ローマの休日』は、某国の王女(オードリー・ヘプバーン)と、彼女が滞在先から飛び出し一人でローマ市内に出たとき知り合った新聞記者ジョー・ブラドリー(グレゴリー・ペック)との1日の恋を描いている。国内外、ファンが選ぶ作品に選ばれている。
『ローマの休日』に出演したヘプバーンは、第26回アカデミー賞(1954年)で主演女優賞を受賞した。
・2020年、クラウドファウンディング※において、『ローマの休日』全編カラー化プロジェクトが行われている。また『ローマの休日』を題材にした作品は、ミュージカル、演劇、TVドラマ、漫画と多岐に渡る。※群衆(crowd)による資金調達(funding)のこと。

映画『ローマの休日』

~あらすじ~
ヨーロッパ最古の王室の王位継承者、アン王女は、公務に縛られた毎日にうんざりして、親善旅行で訪れたローマの宮殿から脱走を図る。

そんな彼女にたまたま出会ったアメリカ人の新聞記者ジョーは、突如転がり込んだ大スクープのチャンスに俄然興奮。王女と知らないふりをしてローマのガイド役を買って出た彼は、市外観光にはしゃぐアンの姿を同僚のカメラマン、アービングにこっそりと撮影させる。束の間の自由とスリルを満喫するうちにアンとジョーの間に強い恋心が芽生えるが……。

出典:Amazon

 

 

\映画、ドラマ、アニメも多数!!
映画『ローマの休日』を<U-NEXT>で見てみる!/

 

 

 

映画『ローマの休日』予告動画

Roman Holiday

映画『ローマの休日』配信状況

映画『ローマの休日』配信状況

 

以下の動画配信サービスで『ローマの休日』が見ることができます。

・Amazonプライム
・Hulu
・U-NEXT

では、見放題です。  

 

・『ローマの休日』はTSUTAYA DISCASで宅配レンタルできます。「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、見放題対象の作品です。

 

・dTV

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPへ無料登録する
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV500円/31日間dTV
terasaTERASA×562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi
huluHulu933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×790円~/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年11月8日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

\映画、ドラマ、アニメも多数!!
映画『ローマの休日』を<U-NEXT>で見てみる!/

 

 

映画『ローマの休日』監督・キャスト、原作紹介

映画『ローマの休日』基本情報

本作(タイトル)ローマの休日/Roman Holiday
公開年1953年
上映時間/再生時間1時間58分
監督ウィリアム・ワイラー
キャストアン王女(アーニャ・スミス)・・・オードリー・ヘプバーン
ジョー・ブラドリー ・・・グレゴリー・ペック
アービング・ラドビッチ ・・・エディ・アルバート
大使 ・・・ハーコート・ウィリアムスヴィアルバーグ伯爵夫人 ・・・ マーガレット・ローリングス
マリオ・デラーニ(美容師) ・・・ パオロ・カルリーニ
プロブノ将軍 ・・・ トゥリオ・カルミナティ
ヘネシー支局長 ・・・ ハートリー・パワー
タクシー運転手 ・・・ アルフレッド・リゾ
音楽
ジョルジュ・オーリック、ヴィクター・ヤング
主な受賞歴・第26回アカデミー賞(1954年)主演女優賞(オードリー・ヘプバーン)、衣装デザイン賞
・第11回ゴールデングローブ賞(1954年)主演女優賞(オードリー・ヘプバーン)
・英国アカデミー賞 主演女優賞(オードリー・ヘプバーン)ほか
制作会社/配給元ウィリアム・ワイラー、パラマウント・ピクチャーズ/パラマウント・ピクチャーズ

映画『ローマの休日』原作紹介

脚本家ダルトン・トランボが執筆しましたが、当時の社会情勢(赤狩り」と呼ばれるマッカーシズム)により、彼の友人である脚本家イアン・マクレラン・ハンターに、名前を残していました。

その後時間が経って、1993年アカデミー賞選考委員会は、トランボへ改めて「最優秀原案賞」を贈呈しました。

オードリー・ヘプバーン関連作品

ヘプバーン作品にもいくつかありますが、人気な作品をここに挙げておきます。

『シャレード』(1963)

『暗くなるまで待って』(1967)

『マイ・フェア・レディ』(1964)

『ティファニーで朝食を』(1961)

『麗しのサブリナ』(1954)

 

グレゴリー・ペック関連作品

ヘプバーンの身長は170cmあったのですが、対する新聞記者ジョー・ブラドリー を演じたグレゴリー・ペックは190cmもありました。見るからに、バランスがとれているように見えます。

当時は舞台で活躍し、映画では無名だったヘプバーン。そんな彼女の才能をいち早く見抜き、最高の共演者となったのが、グレゴリー・ペックだったのです。

劇作中に「真実の口」のシーンがあります。ペックが手を差し入れた一連の演技は、じつはアドリブで、ヘプバーンは驚きのあまり、本気で叫び声を上げ素のリアクションを見せました。

 

『子鹿物語』(1946)

『アラバマ物語』(1962)

 

子鹿物語では、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 を、アラバマ物語では、アカデミー主演男優賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞しています。

 

映画『ローマの休日』口コミ(見どころ・感想)

映画『ローマの休日』口コミ(見どころ・感想)

女王のスクープをものにしようとする新聞記者。彼女に惚れていく彼の気持ちが変わって行く心情も見どころ。

~見どころ~
見どころは、ローマを表敬訪問したある国の王女であるオードリー・ヘップバーンの素晴らしい美しさです。
どこから見ても、爽やかで、華麗で、尊貴の念を抱かせる美しさなのです。
その彼女が、あまりの忙しさにヒステリー状態になり、ローマ市内に飛び出します。ここら辺の設定は、王女物語でも昔からある話なのですが、この映画ではごく自然に描かれています。
新聞記者のグレゴリー・ペックも本当の二枚目で、色気もあって、ヘップバーンと恋するところは本当にキュンキュンします。
ローマの市内をこの二人がベスパに乗って回るところは、とても優雅で、惚れ惚れします。グレゴリー・ペックは最初、女王のスクープをものにしようと思いますが、彼女に惚れていくうちに、だんだんと気持ちが変わって行くその心情も見どころでしょう。
~感想~
この映画のオードリー・ヘップバーンは当時新人でした。
当初はエリザベス・ティラーがその役をやる予定でしたが、変更されて彼女に白羽の矢が立ったと聞いたのは、観終わった後のことでした。今ならはっきり言えますが、この役はヘップバーンしかできない役です。
映画の神様はちゃんとそう決めて出してくれたのでしょう。
ストーリーは結構危ないことがたくさんあり、冷や冷やします。鎮静剤をうたれて、街で寝ていて新聞記者に助けられるわけですが、これが女好きの悪党だったら、どうなっていたでしょうか。
ローマの美しい風景を背景に、ヘップバーンが動きますが、小娘ではなく、ちゃんと女王の風格もあるから凄いです。
ラストのシーン、常識的には仕方のないことだけれども、ちょっぴり辛くて泣けました。まさに、映画の王道を行く作品です。

ローマの有名観光地を回ることになり・・・。二人のやりとりがとても微笑ましい。

~見どころ~
ヨーロッパ最古の王位継承者であるアン王女は、日々行われる厳しい規則の行事に、ストレスを感じていました。そのストレスが溜りに溜まってしまい、精神的に追い詰められることになってしまいました。

このことを心配した周囲関係者が医者を呼び、精神安定剤で注射を受けることになりました。

注射を受けた途端、逆にお酒を飲んで酔ったような状態になってしまい、王女としては許されない、一人で夜のローマの町に出歩く行動をとってしまったのです。

眠くなってきたアン王女は、ベンチで眠り込んでしまうことになりました。

そのベンチをたまたま通りかかったアメリカ人新聞記者のジョーは、王女とは知らない若い女性が一人でベンチで眠ってしまっていることを心配し、自宅のアパートで休ませてあげることとなりました。

ジョーが王女とは知らない間の、アンへの接し方、反対に王女と知ってからのアンへの接し方と状況の変化、こういったところが『ローマの休日』の見どころです。

 

~感想~
アン王女が最初に精神安定剤の注射を受けて、お酒を飲んで酔ってしまったかの様な状態に陥ったのを見て心配しました。

ですが、新聞記者のジョーの優しさによって守られたところを見て、安心しました。

酔ってしまったような状態で、王女としての発言やしぐさなどが無意識に出てしまうアン王女に対して、王女とは知らない素面で優しいジョーのアパートでのやりとりに、面白みを感じました。

 

また、アンのことを本当に王女だということを知ってからの新聞記者ジョーは、大スクープのチャンスを成功させるべく、ローマの町に一緒に出歩くことを目指しました。

そしてそれに成功し、ローマの有名観光地を回ることとなるのですが、その際の二人のやりとりが、とても微笑ましいものでした。

 

特に、有名な「真実の口」で、ジョーがアンを驚かせるシーンは、見ている私も驚き、引き込まれましたΣ(゜ロ゜;)!!

「王女」であり、その一方で「街で活き活きと楽しむ女の子」というふたつの顔を見せる必要がある難役がすごい!

~見どころ~
オードリー・ヘプバーン主演の中でも、不朽の名作のひとつです。
やはりこの作品の見どころと言えば、スペイン広場でジェラートを食べるシーンですよね。
このシーンは余りに有名で、真似をする観光客も多かったとか。少し気になって調べてみたら、2019年からスペイン広場での飲食は禁止になったそうです。あのシーンを体験できなくなったのは、残念ですね。
ジェラートのシーンも好きなのですが、私が一番好きなのはラストシーン。
ヨーロッパ各国を訪問していたアン王女が「印象に残った土地は?」と記者に問われるところです。
お付きの人は、どの土地もよかったと答えるように耳打ちしますが、アン王女はそうは答えませんでした。
「ローマが良かった」とあの"出奔"が無かったかのように王女としての威厳を見せながら答えます。
その反面、万感のこもった答え方で物語の終わりを告げるのにふさわしいシーンです。

~感想~
モノクロですが、鮮やかなローマの空が見えるような作品です。とにかくオードリーが美しい、の一言に限る作品です。

この役どころは「王女」であり、その一方で「街で活き活きと楽しむ女の子」というふたつの顔を見せる必要がある難役。
オードリーの役の難しさを観ている側に感じさせない、自然な演技がすごいと思いました。設定も女の子なら憧れてしまうシチュエーション。
ロマンチックですよね。
ローマの様々な名所も見れて、一度は行ってみたいなぁと思いました。
スペイン広場でのジェラートは残念ですが……。
ラストの記者団の取材で、アン王女と時を過ごした新聞記者のジョーが、彼女が去ったあともその場に残るところも好きです。
アンなりの彼への思いが伝わったんだろうなぁ、と感じさせるシーンです。
古い作品ではありますが、今も色褪せぬ名作ですね。

映画『ローマの休日』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数8.438.04.14.51
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年11月8日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ローマの休日』動画が見れるサイトは?

 

 

\映画、ドラマ、アニメも多数!!
映画『ローマの休日』を<U-NEXT>で見てみる!/

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事