この記事を読むのに必要な時間は約 30 分です。

POINT:
・映画『アンネの日記』(1959)はアメリカ合衆国の白黒映画。
・アンネ・フランクの著書『アンネの日記』を原作とし、脚本はフランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット。はじまりは「1942年・・」から始まる日記を読みはじめる。
・関連作:『サウンド・オブ・ミュージック』(1964) 『さよなら子供たち』(1987) 『シンドラーのリスト』(1993) 『戦場のピアニスト』(2002)

映画『アンネの日記』

~あらすじ~
ナチスが徹底的にユダヤ人を迫害する中で、狭い屋根裏部屋にひっそり隠れ住みながら、なお人間の良心を信じ、少女の思春期の様々な思いをみずみずしい感性で書き綴った一人の少女アンネ・フランク。
15歳で短い生涯を閉じた彼女の日記を元に、「ジャイアンツ」の名匠ジョージ・スティーブンスが、彼女の喜びや悲しみをそのまま描き出し、世界中の人々が涙を流した感動名作。
アンネを演じるのは、1万人の候補者の中から選ばれた瞳が美しい長女ミリー・パーキンス。多感な少女の恋の憧れ、大人への疑問、そして同居人ペーターとの間に芽生えた淡い初恋など、アンネの心の軌跡をゆたかな感性と素直な演技でたどってゆく。最後のペーターと別れの口付けを交わすシーンは決して忘れられない悲しい場面である。

出典:Amazon

\映画『アンネの日記』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アンネの日記』予告動画

The Diary of Anne Frank

映画『アンネの日記』配信状況

映画『アンネの日記』配信状況

 

動画配信サービスでは、映画『アンネの日記』は配信されていません(2021年8月10日時点)。

 

宅配レンタルで映画『アンネの日記』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

なお動画配信サービスのTSUTAYA TVで作品の確認ができませんでした。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×1,026円/30日間 ※動画配信「動画見放題」の場合。  TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年8月10日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。
※TSUTAYA DISCAS「定額レンタル8」+TSUTAYA TV「動画見放題」⇒ TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVなら 2,659円(税込)とさらにお得!

 

\映画『アンネの日記』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アンネの日記』監督・キャスト、原作紹介

映画『アンネの日記』基本情報

本作(タイトル)アンネの日記/The Diary of Anne Frank
公開年1959年
上映時間/再生時間2時間30分
監督ジョージ・スティーヴンス
キャストアンネ・フランク・・・ミリー・パーキンス
オットー・フランク・・・ジョセフ・シルドクラウト
ファン・ダーン夫人・・・シェリー・ウィンタース
ファン・ダーン氏・・・ルー・ジャコビ
ピーター・・・リチャード・ベイマー
マルゴット・・・ダイアン・ベイカー
デュッセル・・・エド・ウィン
クラレル・・・ダグラス・スペンサー
音楽
アルフレッド・ニューマン
主な受賞歴第32回アカデミー賞(1960年)助演女優賞、美術賞、撮影賞
制作会社/配給元ジョージ・スティーヴンス(監督)、20世紀フォックス/20世紀フォックス

映画『アンネの日記』原作紹介

脚本:フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット

映画『アンネの日記』関連作品

 

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『サウンド・オブ・ミュージック』(1964)

監督:ロバート・ワイズ
出演:ジュリー・アンドリュース、 クリストファー・プラマー、 エレノア・パーカー、 リチャード・ヘイドン

『サウンド・オブ・ミュージック』(1964)はこちら

 

『さよなら子供たち』(1987)

~解説・あらすじ~
ルイ・マル監督が描く、自伝的色彩が濃厚なナチス占領時代の少年もの。1944年、ナチス占領時代のフランス。パリからカトリック寄宿学校に疎開している12歳の少年ジュリアン・カンタンの学校に、ある日ジャン・ボネという少年が転入してくる。彼は少し変わってはいるが、数学、国語、ピアノなど学業優秀でジュリアンのライバルとなった。初めはどこか打ち解けない2人だったが、次第に連帯感が生まれてきたその頃、ふとしたことからジュリアンは、彼が偽名を使って転入してきたユダヤ人であることを知る……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ルイ・マル
出演:ガスパール・マネス

 

『シンドラーのリスト』(1993)

~あらすじ・解説~
ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが……。スピルバーグが長年あたためていたT・キニーリーの原作を遂に映画化。念願のアカデミー賞(作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・作曲)に輝いた作品。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:リーアム・ニーソン、 ベン・キングズレー、 レイフ・ファインズ

 

『戦場のピアニスト』(2002)

監督:ロマン・ポランスキー
出演:エイドリアン・ブロディ、 トーマス・クレッチマン、 フランク・フィンレイ

 

『戦場のピアニスト』(2002)はこちら

映画『アンネの日記』口コミ(見どころ・感想)

映画『アンネの日記』口コミ(見どころ・感想)

たまにはこうした真面目で、自分の生活を振り返るような映画も良いと思いました。

~見どころ~
主人公のアンネが戦時中、ナチス占領下のドイツでどのような生活をしていたかということを描いた有名な作品です。見どころは2つあります。

一つ目は幼いアンネという少女を通じて、世界がどのように映っていたかということが描かれているところです。

「子どもにとって戦争がどのような影響を与えるのか」、「戦争とは何か?」戦争の悲劇など普段は考えないようなことにも、目を向けられると思います。

現代社会は割と平和ですが、こうしたことをたまには考えるのも良いと思います。

もうひとつの見どころは、映像が本格的なこともあるので、歴史的な勉強にもなると思います。

ナチスの話は聞いたこともあっても、実際の人々の生活がどのようなものだったと想像することがないので、この映画はその点も考えさせられます。

~感想~
映画を見終わったときは、しばらく考えさせられてしまいました。

日本は平和だと言われているので戦争について、考えることはありませんでしたが、アンネという少女がどのような世界を生きていて、それが戦争により引き起こされたという事実に目を向けました。

映画は面白いものやスッキリ系のものも好きですが、たまにはこうした真面目で、自分の生活を振り返るような映画も良いと思いました。

アンネの住んでいた世界に比べれば、今の世界は違う意味で大変ですが、平和であることには感謝しなければなあと思いました。

特に映画で印象的だったのは、大人でさえ、大変な状況を少女の視点で描かれているので、見ていて余計に悲しいなと思うことが多かったです。

日記風にかかれているところもまた現実感を強めていたと思います。

アンネの家族との絆や恋の話も入っていて、人間模様も気持ちをどのように切り替えていたのかな勉強になったことが多々ありました。

~見どころ~
この映画の見どころは、ユダヤ人狩りを逃れるための隠れ家生活がどのようなものだったかというところです。オランダがドイツに占領されていた時代で、教科書にも出てくるユダヤ人迫害がどのようなものだったかも知ることができます。

ユダヤ人のアンネという少女が隠れ家生活の出来事や自分のことを日記に書いて残していました。その日記を元に作られた映画なのです。

時々隠れ家付近で見回りがあり、物音も立てられないくらい息をひそめなければならない場面もあり、見ている側もとてもハラハラします。

そんな緊迫した空気の中、隠れ家に住む8人のユダヤ人がどのように気晴らしをし、どのように乗り越えようとしたか、生きようとしたかが、お子さんにも分かりやすく描かれているので、親子そろって鑑賞するのも良いかなと思います。

~感想~
主人公がアンネという少女なので非常にわかりやすい内容となっていて、教科書ではほんの数行でまとめられている歴史をしっかり学んだという感覚でした。

歴史的な難しい話はそれほどなく、誰が見てもこの作品の深さがわかると思います。

ユダヤ人迫害がどの様なものだったのか、それから逃れるためのユダヤ人の生活がどんなに厳しいものだったかが伝わりました。

それだけでなくアンネの家族との絆や恋の話も入っていて、人間模様も気持ちをどのように切り替えていたのかな勉強になったことが多々ありました。

アンネの日記がよく残されていて映画になって良かったと思います。

少女が書いた日記がたくさんの人にメッセージを贈り、歴史にも残り、今後も語り継がれていってほしい作品です。

映画『アンネの日記』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.587.43.63.73
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年8月10日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『アンネの日記』動画が見れるサイトは?

 

\映画『アンネの日記』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事