この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

POINT:
・『勝手にしやがれ』(1960)は、ジャン=リュック・ゴダール監督の長編第1作品。
・『勝手にしやがれ』の原題は「À bout de souffle」で、「息せき切って」の意味。
・台詞:"人生で一番の野心は?不老不死になって死ぬこと""女は8日後にすることを8秒後には嫌がる"
・『勝手にしやがれ』は複数の書籍で、映画最高の作品ベストテンにランキング入りしている。
・沢田研二(日本のシンガー)の代表曲『勝手にしやがれ』は、本作のタイトルが元になっている。
・関連作:『女と男のいる舗道』(1962)『はなればなれに』(1964)『気狂いピエロ 』(1965)『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)

映画『勝手にしやがれ』

~あらすじ~
フランス、ヌーヴェル・ヴァーグの決定打と言わしめたジャン=リュック・ゴダール監督の最高傑作。警官を殺してパリに逃げて来た自転車泥棒のミシェルは、アメリカ人の恋人パトリシアとお互い自由で束縛のない関係を楽しんでいた。そんなある日、彼の元に警察の手が及んでくる。パトリシアはミシェルの愛を確かめる為、彼の居場所を警察に密告、そして彼にも同様に警察が追ってきた事を伝えるが……。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

\映画『勝手にしやがれ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『勝手にしやがれ』予告動画

À bout de souffle (Trailer)

映画『勝手にしやがれ』配信状況

映画『勝手にしやがれ』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『勝手にしやがれ』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『勝手にしやがれ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・music.jp

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
× 500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × ベーシックプラン:1,017円/無し Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年8月24日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『勝手にしやがれ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『勝手にしやがれ』監督・キャスト、原作紹介

映画『勝手にしやがれ』基本情報

 

本作(タイトル) 勝手にしやがれ/À bout de souffle
公開年 1960年
上映時間/再生時間 1時間30分
監督 ジャン=リュック・ゴダール
キャスト ミシェル・ポワカール・・・ジャン=ポール・ベルモンド
パトリシア・フランキーニ・・・ジーン・セバーグ
ヴィタル刑事・・・ダニエル・ブーランジェ
パルビュレスコ・・・ジャン=ピエール・メルヴィル
チクる男・・・ジャン=リュック・ゴダール
ジャーナリスト・・・フィリップ・ド・ブロカ
ジャーナリスト・・・ジャン=ルイ・リシャール
音楽
マルシャル・ソラル
主な受賞歴 ・第10回ベルリン国際映画祭(1960年)銀熊賞/最優秀監督賞
・ジャン・ヴィゴ賞(1960年)・フランス批評家連盟批評家賞(1961年)
制作会社/配給元 SNC、インペリア・フィルム、ジョルジュ・ド・ボールガール・プロダクション/SNC、新外映配給

映画『勝手にしやがれ』原作紹介

原作:フランソワ・トリュフォー
脚本:ジャン=リュック・ゴダール

映画『勝手にしやがれ』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『女と男のいる舗道』(1962)

~あらすじ~
12のエピソードからなる娼婦ナナの物語。人生に疲れてしまったナナは娼婦として生活をはじめた。無感動にただ淡々と男の相手をするナナ。そんな彼女の前にある日、一人の男が現れた。ナナは彼に恋し、一筋の希望を見つけて、ヒモのラウールと別れる決心をするのだったが、気持ちの変化を知った彼はナナを他の売春業者に売り払おうとする。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:アンナ・カリーナ、サディ・レボ、ブリス・パラン、アンドレ・S・ラバルト

・第23回ヴェネチア国際映画祭(1962年)審査員特別賞

 

『はなればなれに』(1964)

監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:アンナ・カリーナ、サミー・フレイ、クロード・ブラッスール、ルイーザ・コルペイン

 

『はなればなれに』(1964)はこちらから

『気狂いピエロ 』(1965)

監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ、グラツィエラ・ガルヴァーニ

『気狂いピエロ 』(1965)はこちらから

 

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ジョン・ルーリー、エスター・バリント、リチャード・エドソン、セシリア・スターク

 

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)はこちらから

映画『勝手にしやがれ』口コミ(見どころ・感想)

映画『勝手にしやがれ』口コミ(見どころ・感想)

今観ても変というか、奇抜な映画のハシリというか( ^ω^)・・・

~見どころ~
パリを舞台としたフランス映画。ヌーベルバーグの騎手、ジャン=リュック・ゴダール監督の初の長編映画です。1960年公開の映画なので、今ではあまり見る人も少ないかもしれませんね。でも、当時この映画が世間に与えたインパクトはものスゴイものがありまして(とは言っても、私の生まれる前だから実際には知りませんけどw)、アメリカン・ニューシネマなどに多大な影響を与えたものです。この映画によって評価されたゴダール監督は、その後も長年に亘って多数の作品を製作し、映画界の巨匠としてヌーベルバーグの最頂点を突っ走ります。それから主演はジャン=ポール・ベルモンド。その投げやりというか、退廃的なムードのある演技も魅力的です。

~感想~
唐突なクローズアップとか、即興演出、不自然とも取れるつなぎや、台詞回しなどなど、今観ても変というか、奇抜な映画のハシリというか。

ですが、ジャン=ポール・ベルモンドが魅力的に画面を引っ張ってくれてます。

この人、これ以前まではチョイ役しか出ていませんでしたが、この映画の大ヒットで一躍映画スターの座に押し上がることが出来ました。

ベルモンドは、同時期の二枚目スターであるアラン・ドロンとは比べ物にならないルックスの持ち主(失礼)で、ハンサムとはちょっといいづらいのですが、なんかカッコイイんですよ。

ゴダールも、そういう二枚目半的な魅力を使ってみたかったんでしょうね。

因みに、初期の漫画「コブラ」は、彼をモデルにしているとしか思えませんw。

「勝手にしやがれ」というタイトルは、主人公の男が中盤で口にする台詞の一つで、そこをタイトルに持ってくるのか、となかなかのセンスだなと思いました。

なお、沢田研二の代表曲「勝手にしやがれ」は、この映画がのタイトルの元ネタですが、タイトルだけパクったもので、お話とははちっとも関係ありませんw。

映画『勝手にしやがれ』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 6.38 7.7 3.8 3.5
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年8月24日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『勝手にしやがれ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『勝手にしやがれ』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事