スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

POINT:
・『トータル・リコール』は、『ブレードランナー』の原作で知られるフィリップ・K・ディックの小説『追憶売ります』を映画化したもの。
・『トータル・リコール』が公開された頃のシュワルツェネッガーは、ボディビルディングの頂点である「ミスター・オリンピア」の称号を得、ドキュメンタリー映画『鋼鉄の男 ''Pumping Iron''』(1977)のヒットしていた。彼にとっては初のメジャー大作となった。
『トータル・リコール』4Kデジタルリマスター版が、2020年11月27日より全国公開される。

映画『トータル・リコール』

~あらすじ~
2084年。建設労働者のクエイドは、娯楽で記憶を売るリコール社に行くが、うまく記憶を得られない。
その帰り、謎の集団に襲われたクエイドは、自分の記憶が偽物であることを知り、本当の記憶を求めて火星の植民地に向かう…

出典:Amazon

\公開から30年!アーノルド・シュワルツェネッガー出演の
映画『トータル・リコール』を<Amazon>で見る!/

 

映画『トータル・リコール』予告動画

トータル・リコール(1990年) 日本版劇場用予告篇

映画『トータル・リコール』配信状況

映画『トータル・リコール』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『トータル・リコール』が見ることができます。
・Amazonプライム
・TERASA

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『トータル・リコール』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。TSUTAYA TVで作品の確認ができませんでした。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPへ無料登録する
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×500円/31日間dTV
terasaTERASA562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi
huluHulu×933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×790円~/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年11月14日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

 

\公開から30年!アーノルド・シュワルツェネッガー出演の
映画『トータル・リコール』を<Amazon>で見る!/

 

映画『トータル・リコール』監督・キャスト、原作紹介

映画『トータル・リコール』基本情報

本作(タイトル)トータル・リコール/Total Recall
公開年1990年
上映時間/再生時間1時間53分
監督ポール・ヴァーホーヴェン
キャストダグ・クエイド/ハウザー ・・・アーノルド・シュワルツェネッガー
メリーナ ・・・レイチェル・ティコティン
ローリー ・・・シャロン・ストーン
リクター ・・・マイケル・アイアンサイド
コーヘイゲン ・・・ロニー・コックス
ジョージ/クアトー ・・・マーシャル・ベル

 

ほか

音楽
ジェリー・ゴールドスミス
主な受賞歴第63回アカデミー賞特別業績賞
制作会社/配給元バズ・フェイトシャンズ、ロナルド・シャセット/東宝東和

映画『トータル・リコール』原作紹介

『追憶売ります』 フィリップ・K・ディックより。

フィリップ・K・ディックは、映画『ブレードランナー』の原作であるSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』も執筆しています。

 

なお、『トータル・リコール』は、2012年にも監督:レン・ワイズマン、主演:コリン・ファレルによるリメイク作品が公開されました。

映画『トータル・リコール』関連作品

全盛期!80年、90年代のシュワルツェネッガーの作品を、いくつか挙げておきます。

『コナン・ザ・グレート』(1982)

当時のシュワルツェネッガーは、ボディビルディングの頂点である「ミスター・オリンピア」の称号を得ていました(対する競合は、シルヴェスター・スタローン)。

ドキュメンタリー映画『鋼鉄の男 ''Pumping Iron''』(1977)もヒットしていましたが、『コナン・ザ・グレート』は、彼にとって初のメジャー大作となりました。

 

~あらすじ~
両親・部族を皆殺しにされ、さらわれてきた少年・コナン──。絶え間ない労働で鍛えられた体だけが、彼の頼りであった。やがて、大人になった彼は剣闘士として地獄の戦闘を勝ちぬき、ついに自由の身となる。母を殺した強大な妖術使いの首長への復讐を胸に、コナンは厳しく辛い旅に出るのだが──。

出典:Amazon

 

監督 : ジョン・ミリアス
出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー、 マックス・フォン・シドー、 サンダール・バーグマン、 ジェームズ・アール・ジョーン

『ターミネーター』(1984)

監督 : ジェームズ・キャメロン
出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー、 マイケル・ビーン、 リンダ・ハミルトン

『コマンドー』(1985)

~あらすじ~
かつて特殊部隊のリーダーだった男の娘が誘拐された。敵の目的は、彼の殺人能力で某国の首相を暗殺すること。だが男は飛行機から密かに脱出! その事実が敵に発覚する前に、巨大な悪の軍団のアジトを探し出し、たった一人潜入した!

出典:Amazon

監督 : ジェームズ・キャメロン
出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー, ジェイミー・リー・カーティス, トム・アーノルド, アート・マリック, チャールトン・ヘストン

『プレデター』(1987)

~あらすじ~
捕虜となった政府要人を救出するため、南米のジャングルに派遣されたシェイファー率いるコマンド部隊。捕虜奪取に成功した彼らに突如何物かが襲いかかる。その手口は残虐非道で胴体は消え、血痕もなく、内臓だけが残された。シェイファーが見た敵の正体は宇宙から来た凶悪肉食獣=プレデターだった!

出典:Amazon

監督:ジョン・マクティアナン
アーノルド・シュワルツェネッガー、カール・ウェザ、ェシー・ベンチュラ、ビル・デューク

『ターミネーター2』(1991)

監督 : ジェームズ・キャメロン
出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング、 ロバート・パトリック、ジョー・モートン

 

『トゥルーライズ』(1994)

~あらすじ~
原子力物理学の博士号を習得し、あらゆるハイテク武器の扱いを身に付けている超エリート諜報員ハリー・タスカー。表向きはコンピュータのセールスマンと偽り、家では不器用でうまく立ち回れないダメ亭主、年頃の娘も言うことを聞いてくれない。そんなハリーが立ち向かう敵は核ミサイル4基を武装した恐怖のテロ集団。地球と家族を救うべく自らの生身の肉体を酷使して、究極ギリギリ壮絶なる戦いを繰り広げることになったハリーだが!

出典:Amazon

監督・脚本・制作:ジェームズ・キャメロン
アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイミー・リー・カーティス、トム・アーノルド、アート・マリック、チャールトン・ヘストン、エリザ・ドゥシュク

映画『トータル・リコール』口コミ(見どころ・感想)

映画『トータル・リコール』口コミ(見どころ・感想)

シュワちゃん全盛期の勢いのある映画!

~見どころ~
P.K.ディックの短編小説「追憶売ります」を基に作られた、SFアクション映画。
監督はポール・バーホーベン、出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、シャロン・ストーン。
建設作業員のダニエルは、毎晩同じ火星の夢を見るので、リコール社に行って、火星で情報部員として活躍する記憶を移植してもらいます。
移植作業の途中で、なぜか彼が暴れだしたので、リコール社は彼の記憶を消してタクシーに乗せ帰らせます。
しかし彼に謎の男たちが襲い掛かり、さらには妻のローリーも攻撃してきて「自分は本当は妻ではなく、あなたの監視役」と言います。
ダニエルはこれまでの自分の記憶が偽物だったと気づき、地球を脱出して火星に向かいます。
何とか火星に着きますが、そこではエネルギー資源を採掘する企業が支配していて、反乱分子との小競り合いが続いていました。

~感想~
当時はVFXもほとんどデジタル化されていませんでした。

それでも様々な特撮で上手く作っていたので、却っていろいろと痛そうな感じや面白さが伝わってくる映像になっていました。

さらに異星人が作った装置など、何かと秀逸なデザインが使われている映画です。
途中で医師から「今の君の見ているのはすべて夢だ」と言われ、夢から覚めるかどうかを選択するシーンがあります。
どこから偽の記憶でどこが本当の記憶か解らないという作りになっていて、結構哲学的な要素もある映画でした。
30年たった今でも古さを感じさせないのは、そのような要素があるからでしょう。
オランダからハリウッドに移ったポール・バーホーベン監督や、シュワちゃん全盛期の勢いのある映画!です。

映画『トータル・リコール』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.527.53.63.7
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年11月14日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『トータル・リコール』動画が見れるサイトは?

 

\公開から30年!アーノルド・シュワルツェネッガー出演の
映画『トータル・リコール』を<Amazon>で見る!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事