スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

 

以下、1989年(平成元年)以降のアカデミー賞の受賞作を、挙げています。

 

アカデミー賞・第91回~(令和元年~)【一覧】

 

西暦2019年~が、令和時代の米アカデミー賞(作品賞)です。

【ジャンル】下にあるのは、Yahoo映画(5点中)とIMBd(10点中)における評価です。

 

IMBdは、Internet Movie Database(インターネット・ムービー・データベース、略称:IMDb)です。
映画や海外ドラマ、俳優、ビデオゲームに関するオンラインベースとなっています。

参考までに。

 

アカデミー賞・歴代オスカーの受賞作一覧

 

授与年/令和作品賞作品【ジャンル】
Yahoo映画・IMBdの評価
922020/令2パラサイト 半地下の家族
【ドラマ/サスペンス/コメディ】

Y=4.0 I=8.6

912019/令元グリーンブック
【ドラマ/コメディ/エンタメ】

Y=4.5 I=8.2

 

アカデミー賞・第61〜90回(平成元年~30年)【一覧】

 

ここからは、西暦1989年~2018年の「平成30年史・米アカデミー賞(作品賞)」になります。

 

アカデミー賞・第81回~90回(平成21年~30年)【一覧】

 

授与年/平成作品賞作品【ジャンル】
Yahoo映画・IMBdの評価
902018/平30シェイブ・オブ・ウオーター
【ドラマ/スリラー】
Y=3.6 I=7.3
892017/平29ムーンライト
【ドラマ】
Y=3.4 I=7.4
882016/平28スポットライト 世紀のスクープ
【ドラマ/クライム 】
Y=3.9 I=8.1
872015/平27バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
【ドラマ/ロマンス】
Y=3.3 I=7.7
862014/平26それでも夜は明ける
【ドラマ/歴史映画】
Y=3.8 I=7.3
852013/平25アルゴ
【ドラマ/スリラー】
Y=3.9 I=7.7
842012/平24アーティスト
【ドラマ】
Y=3.9 I=7.9
832011/平23英国王のスピーチ
【 ドラマ/歴史フィクション】
Y=3.9 I=8.0
822010/平22ハート・ロッカー【ドラマ/ミステリー】
Y=3.5 I=7.6
812009/平21スラムドッグ$ミリオネア
【ドラマ/クライム】
Y=4.0 I=8.0

 

 

アカデミー賞・第71回~80回(平成11年~20年)【一覧】

 

授与年/平成作品賞作品【ジャンル】
802008/平20ノーカントリー
【ドラマ/ミステリー】
Y=3.7 I=8.1
792007/平19ディパーテッド
【ドラマ/ミステリー 】
Y=3.5 I=8.5
782006/平18クラッシュ
【ドラマ/クライム】
Y=3.9 I=7.8
772005/平17ミリオンダラー・ベイビー
【ドラマ/スポーツ】
Y=3.9 I=8.1
762004/平16ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
【ドラマ/ファンタジー】
Y=4.0 I=8.9
752003/平15シカゴ
【クライム/ミュージカル・コメディ】
Y=3.9 I=7.1
742002/平14ビューティフル・マインド
【ドラマ/ロマンス】
Y=4.0 I=8.1
732001/平13グラディエーター
【ドラマ/アクション】
Y=4.2 I=8.5
722000/平12アメリカン・ビューティー
【アメリカン・ビューティー】
Y=3.7 I=8.3
711999/平11恋におちたシェイクスピア
【ドラマ/ロマンス】
Y=3.6 I=7.1

 

 

 

アカデミー賞・第61回~70回(平成元年~10年)【一覧】

 

授与年/平成作品賞作品【ジャンル】
701998/平10タイタニック
【ドラマ/パニック映画】
Y=4.2 I=7.8
691997/平9イングリッシュ・ペイシェント
【ドラマ/ロマンス】
Y=3.6 I=7.4
681996/平8ブレイブハート
【ドラマ/アクション】
Y=4.0 I=8.3
671995/平7フォレスト・ガンプ/一期一会
【 ドラマ/コメディー・ドラマ】
Y=4.2 I=8.8
661994/平6シンドラーのリスト
【ドラマ】
Y=4.3 I=8.9
651993/平5許されざる者
【ドラマ/西部劇】
Y=4.0 I=7.1
641992/平4羊たちの沈黙
【ドラマ/ミステリー】
Y=4.2 I=8.6
631991/平3ダンス・ウィズ・ウルブズ
【ドラマ/西部劇】
Y=4.1 I=8.0
621990/平2ドライビング Miss デイジー
【ドラマ/コメディ】
Y=4.0 I=7.4
611989/平元レインマン
【ドラマ/メロドラマ】
Y=4.1 I=8.0

 

アカデミー賞の歴史を辿ってみるのも、面白い!

 

アカデミー賞は、いくつかの部門に分かれています。

 

「作品賞」のほかに、監督賞や主演男優賞、主演女優賞、美術賞などがあります。もっとも権威のあるのは「作品賞」ですね。

 

こんな経験はありませんか?

 

「アカデミー賞を取ったから」「アカデミー賞に●部門にノミネート!」とパッケージに書いてあったから、ついつい映画館に行く、DVDをレンタルする方っていますよね。

 

いやいや。私もそのような経験は何度でもあります。

 

やはり作品の話題性だったり、キャッチコピーなど、いろいろ惹かれちゃうんですよね。

でも、闇雲にアカデミー賞を受賞した作品だからといって、必ずしも「良かった!」「感動した」「何度でも見てみたい!」なんてことあったでしょうか?

 

当初の期待とは裏腹に「あれ?」「ぜんぜんじゃないかよ!」ってことが、意外とあるのも事実なのです。

 

そこには例えば、ジャンルの好き・嫌い、作品の趣向の好き・嫌い、俳優・女優の好き嫌い、監督さんの好き・嫌い・・・など、多様な要素があるからですね。

 

アカデミー賞の歴史も長いです。

アカデミー賞の誕生から今日までの歴史的背景(賞の選考方法や選考基準など)の影響も大きいです。

 

「なぜアカデミー賞は誕生したのだろう?」。

 

アカデミー賞の誕生について知り、これまでに表彰やノミネートされてきた作品、俳優や製作者といった人達の立場や心情など、いろいろ知ることで、「アカデミー賞」の面白味が分かってきます。

 

追伸:

「この作品、ノミネートされたのは納得!」

「この作品が良かったし、絶対に受賞するね!」などと思いきや、受賞を逃してしまうってことも、ありました・・・!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

世界にはノミネート作品やその受賞作を予想する新聞・雑誌専門雑誌、そして個人でしている人もいますからね。

 

また1年しましたら、アカデミー賞を追加していきますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事