スポンサーリンク

この記事は約 6 分で読めます。

ゲオ株主優待で新作・準新作を安くレンタル!【限定・期限間近】

 

表題の通り、ゲオ株主優待で新作・準新作を安くレンタルできるのは、できる人が限定的であり、しかも優待内容が受けられる期限が間近かになってきています!

 

なので、ある種の要件を満たしている人には【勧告】を、私の中では【懐古録】になりそうな内容になっています。

 

ゲオ株主優待で新作・準新作を安くレンタル!【限定・期限間近】

 

これまではゲオの株主優待を使って、旧作や新作・準新作を少しでも安くレンタルできたのですが、実質2020年9月末以降の株主優待の内容分から変更されることになりました。 

 

基準日が20203月末で、保有株式数が「100株以上」でかつ保有期間が「6か月以上」である場合に限り、「メディア店優待レンタル半額特典 (1年有効、割引限度額100万円)」とリユース店割引券(2000円分)の株主優待が受けられます。

 

よって、上記の要件を満たす人だけが、2021年までは利用できるようになっています。今要件を満たしている方は、有効的に利用してほしいですね!

 

 なので、今さらゲオの株主優待を購入しても意味をなしません。

なぜなら、

20209月末以降の株主優待の内容を見ると、基準日9月末・3月末において保有株式数が「100株以上」であれば、「リユース店※」の割引券(2000円分)」の優待が受けられるという内容に統一されて・・・。

 

私はリサイクルショップをそうそう利用しないからです・・・。

非常に残念です(´;ω;)

 ※「リユース店」とは、「セカンドストリート」「スーパーセカンドストリート」「セカンドアウトドア」のことです。

  

<ゲオの実店舗レンタル>するために

 

ゲオの株主優待を使って、レンタル料金を安くする方法を伝授しておきます。

 なぜ「動画配信サービスでダメなの!」ってことなのですが、その前に、動画配信サービスの誤解を解いておきましょう。

 

 動画配信サービスでも料金の分類として、「定額」のものか「定額+PPV」があります。「定額+PPV」ですが、PPVとは、PPV(pay-per-view)=個別課金コンテンツのこと。

 個別課金コンテンツとは、概ね「新作」や「準新作」といったものが多いです。オリジナル作品の場合もあり。


現在、「定額」である動画配信サービスは指で数えるほどで、Hulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)しかありません。なので、その他の動画配信サービスは「定額+PPV」であると心得ておきましょう。

 

 さて料金分類が「定額+PPV」の動画配信サービスですが、どこも「新作」や「準新作」の料金は、ゲオやTSUTAYAのような店舗型のレンタル料金と比較しても、高めの設定になっています。

 

 動画配信サービスの場合、新作や準新作は(地域差もありますが)ゲオやTSUTAYAの店舗の1.5倍くらいになります。

 ネットが繋がっていれば、「いつでもどこでも楽しむことができる」「延滞料金も発生しない」など。様々なメリットがありますが、料金でどこか躊躇してしまうこともしばしば・・・。 

 

 ゲオの株主優待を持ち続けた意味は、旧作だけじゃなく、新作・準新作も半額!

とりわけ新作、準新作ではゲオの株主優待を、旧作などは動画配信サービスという感じで、使い分けをしてきました。

 

ゲオのレンタル料金はこちら

  

優待期間中は、DVDやブルーレイ、CD、コミック等をレンタルする際に「半額」になります。

 ゲオの株主優待の有効期限は1年間で、割引限度額は100万円までとなっています。

 なお、この株主優待はオンライン運営の「ゲオオンライン(GEO Online)」には、使用することはできません。

 

まとめにかえて

 

動画配信サービスは、2013年前後ころから日本でも始まったと言われていますが、振り返ってみれば、最近まで店舗型のレンタル店に行っていたのですよね。

 店舗型のレンタル店に足を運べば、「DVDのある棚コーナーに行ってみる」「パッケージ裏を見て、楽しむ」「DVDを借りる楽しみ」「DVDならではの特典も見られる」「ついでに、CDやコミックもレンタルできる」次いでにCDや本も置いていて販売されているお店なら「映画・芸能などエンタメ系の本、CD・DVDも予約・購入できる」・・・。

 

時代の流れではありますが、こうみても思い出すだけのメリット、いろいろありますよ!

 動画配信サービスだけ利用するのもいいですが、それらは動画配信サービスでは、ほぼできない"体験"なんだと思うのです。 

 ただただ、残念でしかないゲオの株主優待内容の変更。

 

ゲオのレンタル商品であるDVD、ブルーレイ、CD、コミックは、新作、旧作問わず「レンタルが半額」って大きいです!

アプリなど他の割引サービスと併用可能も可能だったから、いかにゲオの株主優待が強力だったかが分ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
GEOの関連記事

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事